スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛のお引っ越し&その前後。

いや~、嵐のような「お引っ越し週間」の1週間が過ぎ、

気がつけばKL市内のホテルに来ておりました。


家の中の家具ほぼ全部を別の場所(しかも2箇所)に移動するのと
海外引っ越しが同時に行われたため

引越し業者のおっちゃんたちが混乱し、いちいち説明する母(私)も混乱し、
(一度言ったら覚えてくれっ!!というより、私が前もってタグを貼っておくべきだった。のか?)

友人に譲ろうとおもっていたグッズは知らぬ間に箱につめられるわ、
旦那は「あれも足らない、これも買っておかな!」と最後の買い物に
出ちまうわで、

さすがにつかれました。。。。


以下は母専用の記録ナリ;


親友Yちゃんからの贈り物。手作り♪素敵♪

Gift


お引っ越しの最中にわざわざ家まで来てくれたMちゃん、素敵なプレゼントを
本当にありがとう~♪
お写真とる間もなく荷物の箱に入ってしまったわ。



マンダリン・オリエンタル・ホテル
Lai Po Heenでのディナー・メニュー

Mandarin Oriental Dinner
ここのお得意様になると「金飾りつきのパーソナル箸」が自動的にご用意されるらしい。
我が家には縁遠いお話しだわ。



「家ディナー」なのに印刷メニューつき・・・
Dinner menu
・・・これまた我が家には縁遠いお話だわ。





ショウタの大親友Tくんのお誕生日ディナーの日

T's BD dinner
どうしても「やさしいTくんへ ショウタより」と自分で書きたがるショウタ。
母のお手本をみながら一発本番。(れんしゅうはキライなんです・・・)


T s bd dinner

午前中はバハサクラスに出席し、その後4時までスクール・バス友Zくんの
お誕生日会にお呼ばれしていたゴン、

夕方に合流してお誕生日会の連チャン。

T's bd dinner





翌日はさらにゴンのクラスメートBくんのお誕生会@Galactic Laser, Midvalley

お祭り大好き人間のゴンには「まるで天国♪」な週末。


毎年、年度末にお誕生会を開いてくれるので
すっかり「年度末クラス・パーティー」化しつつあったりして。

BD party @ Galactic Laser, Midvalley megamall





学年末が近づくにつれて
さらに落ちつきをなくす長男ゴン、
バス運転手さんから2度目の注意SMSをいただきました(・・・)。

そんな調子なもんで
ヤツの連絡帳も、こんな具合。

communication notebook Gon




月曜日はゴンの学校にて学年末ミュージカル(?)。
今年はペンギン物語。

(独り言:この学校ってば毎回『動物モノ』なんだが、先生の趣味なのか?)


「年にたったの2~3回しか着ない(けど必ず買わされる)
ブレザーが活用される」という数少ない貴重な一日。

Eddie the Penguin Saves the World
クワイヤー軍団。



木曜日は次男の幼稚園 最終登園日。
副園長先生と。

SWCH last day Sho2011
(前に「どうやって幼稚園見学だけでその園の善し悪しを見分ければよいか?」みたいな事を
質問されたことがあったんだけど、
私の場合の基準は
先生の英語力と清潔さに加えて、
「子供に読んでおいてもらいたい『良書と呼ばれる絵本』が
園内に揃っていること」、だったのを、この写真のバックに写っている
絵本棚をみてさっき思い出した)



一方の長男ゴンは学校にて『学年末・昼食会』。

「年に2,3回しか着ないのに必ず所有を義務付けられているブレザー」を着れる、
もうひとつの『貴重な日』。

やっぱクドい~?
そうおもうそこのアナタっ!・・・のために、表現を変えてみたわ~。hohoho~

Speech day2011
(のび太&出来杉くん&怪物くんトリオ)



Speech day2011

あ~今年も1年間、楽しかったんだなぁ~♪、と思わせる笑顔の面々。

しかし人数が増えれば増えるほど
よい写真が撮れなくなる面々でもある。・・・って、

単に私の撮影技術の問題だったか?



**************


いや~、思えば、母もたのしい1年間を送らせてもらった♪

近所に気軽に行き来できる「茶のみトモダチ」も出来たし、老後もこれで一安心よっ♪


みなさんまた会う日まで、お元気で~♪

・・・ブログはまだまだつづく・・・のか?

行ってみてからのお楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール 子育て

学年末!3年生Get-Together Afternoon

終業式を来週に控えたゴンの在籍する3年生クラスでは、
金曜日の放課後、
クラスの有志による『3年生で集う会』が開催されました。
(Venue: バングサ・ビレッジⅡ内にある室内遊技場Kidz Sports)



***************



ゴンが今通っている学校は
以前通っていた学校よりも格段に都会に位置するためもあってか、
『キアス~(教育ママゴン)』な保護者率もさらに高いようで、

いままで、なかなか「放課後に3年生みんな(親子そろって)で集まる」ことが
ありませんでした。
(というより「日々塾&習い事でスケジュールが
埋め尽くされているキッズが多すぎて
集まりたくても集まれなかった・・・」と言うべきか?)



が、今回はクラスメート25人中ゴン含む5名が転勤・帰国などで
一気に転校することになったため、

クラスでいつもお世話係等を買って出てくれるママさんが
(どうやら自分の子どもたちの習い事を蹴ってまで)
日時を設定してくれたおかげで、
2年越しでやっと「クラスで放課後集まる会」が開催されるはこびと
なったわけでありました。。。。


集まったのは、
母もひそかに「塾よりなにより、人間関係重視型だろうな」、と踏んでいた
メンバー総勢8名とそのキッズたち。

ほかにも
参加したかったけど子供が体調不良で、とか、おばあちゃんが入院中なので・・・
という方もいたらしかったのだけれど


この、家事や子育て、日々のお付き合い等で
忙しい中で、

しかも夕方の渋滞をかき分けて

こうやって実際に会える方々とは
なにかしらの縁と、お互いに同じような価値観をもっているからかもしれないなぁ、

な~んてふと思ったりもして。


ただ単に「おしゃべりが好き」なだけ、とも言えるかもしれないけれど(苦笑)。




・・・・・・・・・



ここだけの話(って、めちゃ公開してんねんけど・・・)、

今のゴンの学校のママさんたちとは、そ~んなに親しくはお付き合いを
していなかったので、
(あいさつや立ち話ぐらいはもちろんするが)


ゴン本人も今のクラスメートには「なかよし」君はいるけれど
「一番のベスト・フレンド!!!」といえるほど離れがたい親友が
いなかったのもあって、

金曜日の「集う会」には当初、いかなくってもいいかもなぁ~・・・、とも思ってました。

週末にはまたクラスのお友達のお誕生会があるのでその時に会えるだろうし
本人も「べつにいいや~、アイキドーの方が行きたいよぅ~」と言っていたので。



でもね、
せっかく自分も忙しい中を予定をキャンセルして、
学校のお迎え時にいろんな人に声かけて、
日時まで調整してくれて、
それからクラスのみんなにメールして、
前日・当日にもわざわざリマインダーの携帯メールをみんなに送ってくれるまで
してくれたママさんのことを考えたら

やっぱ行かないわけにはいきませんでした。

このママさんだけには何としても会って今、直接「ありがとう」を伝えておかなきゃ~!、
・・・みたいな使命感に駆られたというかなんというか・・・。


まあ、人間関係ってのは、そういうもんなんでしょう。


私自身は「来るものは拒まず、去るものは追わず」なスタンスなので
あ~んまり自分に無理がかかるお付き合いは苦手なんだけど、

(超出不精・無愛想・面倒くさがり)

「人を動かす力」のある人のバイタリティってのは、こういうことをいうのだな、とも
思いました。






転勤直前なのでパパの職場関係での夫婦同伴送別ディナーが立て続けにあり、
営業スマイル&当たり障りのない世間話に結構つかれていた母にとっては
久しぶりにほっこりできた夕方でもありました。

ありがと~Cさ~ん♪♪



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

We are Writers!~インターの自費出版本2011年版

ゴンタの通うインターで、今年も全校生徒による自費出版本「We are Writers!」が
出版(ていうの?)されました。



We are writers! 2011 Scholastic

版元はいちおう大手のスコラスティック社で、
学校ごとに自費出版できるサービスがあるんだそうです。


日本でいえば学校で印刷された「文集」みたいなもんなんだろうけれど、

こちらは一応、大手出版社のロゴ入りなので

生徒たちに『まるで自分の作文が全世界に出版された?!』かのような
錯覚に陥らせて、

子供たちの作文意欲をあげさせ、さらには
成績向上につなげよう!・・・というのが学校側のもくろみなのだそう。





去年は申し込みをすっかり忘れていたので購入し忘れたんだけど、
今年はゴン自身が、
申込用紙を手に「こんどはぜ~~~~~~~~~ったい買ってよ!」と
念押ししてきたため、
2冊も購入させられてしまいました。


今年1年間に授業で書いた作文すべてから、
先生がたが一押し!!する作品を
全校生徒分選りすぐって集められております。





ゴンの作品(画面右側の「Year3」の方)

We are writers 2011


今年2学期にイソップ物語を学習していたので、
作品も寓話風。



ゴンの作品の概略:

『ヘビとサソリが連れだって出かけたら
ヘビが網に捕らえられてしまった。
サソリは友達のヘビを置き去りにしてにげてしまい、
ヘビは仕方なく、自力で縄を切って逃げたとさ。

モラル:困難にぶち当たった際に、本当の友人が誰だかわかる。』


う~~~~~~~~~~~~ん・・・・・・

なんつーか、起承転結なく、ブチ切れてる?

ていうか・・・

はしょり過ぎやで、キミ。みたいな(汗)。


キャラクターの選択もまだまだ甘いっ!!!



・・・・・な~んて思ってしまった母だったんだけど、


自分の作品が載っている本をうれっしそ~♪に読んでいる本人を見たら
何も言えなくなってしまった母だった。

(ただの親バカか、それともただのバカなのか。。。。
そりゃ、両方でしょう、という声が聞こえてきそう。)



これだけで作文大好き人間になれるわけでは
もちろんないのだろうけれど、

他のお友達の作品なんかも読んで多少は刺激を受けるのも
良かろう。

母はひきつづき「ゴンの読書&作文大作戦」案を練ることにいたしましょう。。。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

イギリス全国一斉共通テスト(SATS)・ウィーク・・・母は頭痛で寝込んだっちゅーねん!

長男ゴンタの通うインターでは、
今週一週間はSATS(イギリスでの全国一斉共通試験)テストが行われます。

この学校で、大きな(まともな)試験といえば、
この『SATS 学年末全国一斉共通試験』
たった1回っきりです。

普段の評価は日々の宿題、学校内で提出した課題の出来栄え、
ほぼ毎週行われる単語小テストに計算テストなど全般を
総合して判断されるのだけれど、

このSATS試験では、イギリス全土で行われた結果を
ご丁寧にも棒線グラフなんかにして示してくれて、

4~5段階評価で
『自学年よりも飛びぬけて上をいく (飛び級できるぐらいです) 、
学年よりも多少進んでいる (学年全体で上位でっせ) 、
学年平均ど真ん中あたり (その他大勢と大してかわりまへんで~) 、
学年平均より多少劣っている (ちょっとヤバイんちゃう?もうちょっとがんばらな~!) 
学年平均を大幅にしたまわる (危険信号!!!ブッブー!) 』と、

「イギリス全土における、お宅のお子さんの立ち位置ですよ」というものを
示してくれるテストでもあるわけです。





このSATS試験は小学校2年生から始まるので、
昨年も受けたわけですが

言わずもがな、ゴンのことなので
さんすう以外はもれなく「その他大勢」レベルの枠にかろうじて
入っている(特にリテラシー。ヤバイっ!!)という状態でございました(・・・汗)


そんなSATS全国一斉共通試験前の週末、
たまたまゴンの連絡帳を確認してみたら・・・・


SATS week 2011



「月曜日:SATS週間、月曜、休み (イェーィ)」 ←(スルタン誕生日の振り替え休日)

「火曜日:8:30さんすう試験
     10:30 スペリング  (ホレーィ)」

「水曜日:8:30読解テスト
     10:30 暗算   (ヤッピィー)」

「木曜日:8:30長作文テスト
     10:30短作文テスト (ヤヒィ~)」

「金曜日:さんすうテストB
     Sauares only (What?なに?)」



と、まるでショウタが書いたんじゃないかと一瞬目を疑うような
上にいったり下にさがったり、どこで単語が切れるのかさえも
わからんような字体で、
うかれ気分満載のマンガまでついているというありさま。



しかし何度読んでも、どうしても読解できない単語が一つあり、

SATS week2011
辞書まで引っ張り出してひいてしまった母(私)でしたが
それでも分からなかったので

「金曜日の『Sauares』って、いったい何?


・・・と本人に確認してみたところ、

「ママァ~、That's "Squares", you see,
our maths top group's name~。
I'm in Squares, told you before~! (えらっそー!)
We need to take extra exam.
But how come you can't read English?!  My goodness!!!」
↑ ↑
(ママァ~、これは「スクエア~ズ」だってば~。英語読めないの?もう
まいっちゃうよなぁ)



・・・・・・・・・・・・
って、

こっちのほうが

SATS week 2011
WHAT?!!!

と言わせていただきたいのだ!



これはもう、レベルだの試験の答えがどうのこうの、、、という以前の問題だっ!


まともな文字で
他人に間違いなく理解される文字をまず書けっちゅーの!






大きな試験はこれ一回ぽっきりだというのに。
しかももうすぐ4年生になるというのに。
本当に分かっているんだろうか。とても不安だ。


・・・・・


ああ、やはり母の心配は
子どもがいくつになっても絶えないのかもしれない・・・・



苦難はつづくよ、いつまでも?!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
おちゃらけゴン、今日は学校が休みなので、スクールホリディ中のショウタとともに
おばあちゃんの家で同じくスクールホリディ中のいとこのシン君とあそび呆けている
ありさまです。
とにかくまともな「読める」文字からまず、書いてくれっ!!

(その後、長々と説教をした母に対し、
ゴン「もぅ~、ママの話しは同じこと、Infinity(無限大)も聞いたも~ん、
ちゃんとわかってるってば~」と言ってその場を去って行ったのだった。。。。

男子ちゅーのは、こんなもんなんだろうか?
もっときっちりしっかり、まじめに取り組めんのだろうか・・・。もしかして
こんなにひどい字&態度はヤツだけか???)

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

水泳大会2011~カメを地でいく長男

金曜日、小雨の降る中
ゴンの通う学校で水泳大会が開催されました。


***************

朝から雨降りだったので
てっきり水泳大会はキャンセルされているんじゃないかと
学校事務所へ電話で確認したところ、

事務のお姉さんにあっさり「もう、やってますよ♪」と言われてしまった
根っからのナマケモノ母、
少し遅れて学校に到着いたしましたら
すでに前半戦の真っただ中でありました。



今年は生徒数も去年から倍ほど増加したため、
8時~10時過ぎまではキーステージ1(1~2年生)の大会、
10半~1時までがキーステージ2(3~6年生)の大会と、
時間をくぎっての開催です。




赤ハウスに所属するゴン&同じヒートで戦う他チームのツワモノたち

Swimming gala 2011


去年まったく泳げなかった子どもたちが
今年はすでに上級者グループで競い合っております!!

さらに去年はプール内の各コースごとの折り返し地点に
コーチや先生が水につかって(万一の場合の為に)待機していましたが、

今年のKS2大会ではプール内でコーチが待機する必要さえないほど
皆、水泳技術が上達した様子。



体力なし・根性なしのゴンなので、
この1年間の水泳ではあまり際立った上達は見られなかったようにも
見えましたが、

今年は
ちゃんとコースをまっすぐ泳げる!!!ようになっていました(爆!)

程度が低くてスミマセン。
でもヤツにとっちゃ~、たいした進歩です(笑)。



母が到着する前にすでにゴンが出場する1ヒート目はおわっており、
結果は今一つだった様子。

次の出番で
なんとかまっすぐ泳げた自由形は5人中4人目。



こちらは平泳ぎのヒート中

Swimming gala 2011 Breaststroke

4人中の4位でスタートし、その順位のままでゴール。



ゴンの出番すべてが「ブービー賞もの」だったので
今年はメダルなさそうね、と思っていましたら。





なんとビックリ、

Swimming gala2011

「どう見ても4位中4位じゃん!!」という状態でゴールした
平泳ぎでお初の金メダルもらっておりました。


本人いわく、
「平泳ぎのヒート前にコーチから注意事項があって、
『ゴールするときは必ず両手を壁に同時につけること』と言われていたんだけれど、
ほかの3人はみんな片手だけでタッチしたので
Disqualified(失格)になっちゃったんだ~♪」だと。


いやぁ~、「うさぎとカメ」のカメさんを思いっきり地でいく長男です(爆爆!!)。




しかしまあ、小学生の水泳大会でさえ
「国際競技基準を厳密に順守する!!」ところなんか、
いかにもこの学校らしい。
(他のちゃんとした学校もそうなのかもしれませんが。
Nスクールだったらまずそんなことはあり得ない。。。)




今回の平泳ぎで失格になってしまった生徒たちは
平泳ぎでは必ず両手でゴールしなければならないことを
一生忘れないんじゃないだろうか。
(というより、平泳ぎで片手ゴールするほうが難しいんじゃないか?と
一瞬頭をひねってしまった元水泳部の母だったが。)




今回の大会で失格になってしまった生徒さんたちも
この体験がいつか大きな大会で
活かせられる日がくることを願ってます。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
「たなぼた」ゴンタ、来年は本当の実力で金メダルを取れるように、
体力増強に向けて頑張ろう~♪

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

ブック・ウィーク2011~心やさしい兄を演じる長男。

ゴンタの通う学校で、今年もBook Week(ブック・ウィーク)が開催されました。

(ブック・ウィークといっても正確には3日間だけなんですが。)


その3日間は、学校指定の出版社や書店が学内で子ども向けの本を販売してくれます。


学校自体が狭いので←(まだ仮校舎です)
そう何社も書店が入って大がかりにするわけではないのだけれど、

しかも学校自体がとても狭いので、←(くどいっ!)
保護者も授業中などは好きに出入りできないことも手伝ってか、


この3日間はこどもたちが
「自分でお金を使って(親の意見に惑わされずに)好きな本を買える」ため、
ゴンタも例にもれず、何気にワクワク気分で
自分の貯金箱からお金を出してきて
学校に財布持参で登校して行きました。

そして。

なんと今年は、

ゴン、2・3日目ともに
「ショウちゃんの分~♪」といって
弟の分までわざわざ購入して来てくれるほどの「太っ腹・兄貴」に
なって帰ってきたではありませんか!!


普段は弟の分まで買うなんていう事はこれっぽっちも気づかない兄ですが、

どうした風の吹き廻しか?!
やっと兄としての自覚が出てきたか?!・・・と驚いて陰から観察していたところ、


どうやら

『ボクゥが買ったお気に入りのポケモン・ブックスを読んでる間に
弟からの「みせて~みせて~!」攻撃を受けて貸さずに母に怒られるという
悪循環に陥らないための秘策』


・・・・だったようです。




ああ、ぬかよろこび。



知恵がついた、と言えば言えなくもないが。



そしてそんな悪知恵(下心ともいう?)なんてものをまったく理解しない
いまだ純真な心をもつ弟は、

幸いにも
「(あの)おに~ちゃんが、ボクにかってくれたぁ~♪」と有頂天になり、

暇さえあればその本を眺めております。


今朝などは
幼稚園カゴにまで入っておった・・・。

Bookweek2011

そうね、この年頃の下の子って、
おともだちやせんせいにも「おにーちゃんがかってくれた~♪」と
見せびらかしたい年頃なのよ・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そしてブック・ウィーク最終日は恒例の、親が悩む日 仮装大会でもあります。

「最終日はそう言えば仮装だったんだ!」と
前日に気付いてしまった物忘れ激しすぎる母。

一人あたふたしながらゴンに何にしたらいいか聞いてみましたら、
返事はいつも通り「何でもいい~♪」だと。

(以前通っていたNスクールであまりにも頻繁に仮装がありすぎたためか、
2年生からは一気に仮装熱が冷めてしまったようです。
多すぎるのもちょっと考えものかも。)



結局今年はショウタの「パイレーツ♪」3点セット(帽子・フック・ベスト)を拝借して
『キャプテン・フックもどき』になってみましたが、

お迎えにいった時はこんな感じで

bookweek2011

「で、何のつもり?」「え?カウボーイじゃないの?」みたいな、

いまひとつよく分からない「プチ。仮装」にダウングレードされておりました。

そうか、カウボーイっつー手もあったな。
来年に使えそうだ。。。。



そんなこんなで、今年も無事に
ブック・ウィークを乗りきることが出来た(?)母(&ゴン)でありました。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
明日は義弟の教会挙式。ページ・ボーイズ&フラワーガールのリハも無事終えて、
のこるは本番のみ♪晴れますように♪

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

都合のいい耳をもつ男。 (と、バドミントン復活)

長男ゴン、3学期の学校でのクラブ活動にて
バドミントン、復活しました。

badminton


***************




3学期が始まってすぐ、母はゴンタに言いました;


「ゴン、3学期のクラブ選択は、
火曜日の無料サッカークラブを選んだら、
水曜はコンピューターだろうが体操クラブだろうが、
なにを選んでもかまいません。

ただし、絶対はずしてはいけない条件は、
『火曜日はサッカーを選ぶこと』。


火曜日の無料サッカーには希望者が大勢いるはずなので、
クラブ参加の用紙をもらったら
その場で希望クラブを記入して、
バスに乗る前に(用紙はたいていその日の最後に配られる)
受付のお姉さんのところに提出してから帰ってくること。」

・・・と念押ししておいたのでした。


事実、火曜日のサッカークラブは無料で行われるのと人数制限があるので、
サッカークラブを希望する子供たちは
毎学期、用紙をもらったあとその場でお迎えに来ている保護者に
記入してもらって当日中に受付に出さなければ
なぜか上手い子以外は)なかなか入れない状態です。
  ↑
(それならいっそのこと入部テストを設けたらいいのに・・・と思う母)


ゴン自身は、わざわざ無理してまで(?)
学校の無料サッカークラブに入らなくてもいいじゃん、という気もあるのか、
火曜日のサッカークラブに入ることはあまり乗り気ではない様なのだけれど


母の意図する内容がわかったのかわからないのか、
「オッケー♪」と、その時は調子よく返事しておりました。


それから数日後。


学校から帰ってきたゴンの第一声は・・・

「ママ~っ!きょう~、クラブの用紙書いて、だしたぁ~♪

このタームはぁ、ボードゲームとぉ~、コンピューターとぉ~、バドミントン~♪」



・・・・・もしもし?・・・・

なんか抜けてますけど?

もう一度聞いてみたらやっぱり
「火曜はボードゲーム、水曜はコンピューター、木曜はバドミント~ン♪」だと。


・・・・・外しまくりです(汗)・・・



しかも母がお願いした後半部分の、
「用紙をもらったらその場で記入し、
バスに乗る前に受付に出してくること」
だけは
忠実に守っているという・・・。




まったくもって、都合のいい耳をもった長男であります。




そしてまた、バドミントン。
  ↑
(余談:バドミントンにはこれまた色々と訳ありで、長い話を短くすれば、
保護者の多くがバドミントン・コーチの指導方法が気に入らず、
どんどん生徒が減って行ったために
先学期はとうとう「人数不足」を理由にコーチのほうから
クラブ開催をドタ・キャンしてきたのだが、
結局、今学期からは元のサヤに戻った・・・といういきさつあり。

特にマレーシアン・マダムはすぐに成果が出ないところには
『一銭たりとも出さない』現金な面があるようで。)



・・・ということで、
結局、また同じコーチにお世話になることになり、
母の運転手としての仕事がまた増えることとなり・・・。


まあいいか。

バドミントンのあまりの人気のなさに、
今学期の生徒数はたったの6人。←(1人増えて7人になった。)
それに対してコーチは2人。

今度こそ目が行き届いて、いいんじゃない?


マレーシアのお家芸「バドミントン」でがんばってくれっ、長男!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
常にな~んも分かってないように見えるゴンですが、不文律というのか、雰囲気には
とても敏感。つい最近、何かの折に「ボクぅがよく泣くのは、フューチャー(未来)が分かるぐらいスマート(頭いい)だからなんだもんっ!プンっ!」と怒り泣きしてました(爆!)
ま、見かけによらず繊細ですから。
よっぽど火曜日無料サッカーは避けたい事情があるんでしょう、ということで。

低血圧・低体温生物の母、また熱だしてます。10日の間に2回も熱が出るとは!雪がふる?!

(関係ないんですけど、と突っ込まれそう。)

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

バス運転手解雇事件とシークレット・ミーティング

先週の夕方、
ちょうどゴンタがスクールバスで帰宅した後のことです。

ゴンタの学校のスクールバス担当の事務の方から、
翌日からバス運転手が代わる旨の電話連絡と、

「本日のバスでの事件と運転手解雇について」との
メール連絡が送られてきました。


メールには

「今朝ほど起こった事件はきわめて遺憾で、
生徒および保護者のみなさんにはご迷惑をおかけしました。

バス運営会社と学校側との話し合いの結果、
(ゴンが使っている)該当するルートのバス運転手は即日解雇とし、
当面はバス運営会社のJ氏が臨時運転手として送迎にあたることとなりました」

と書いてありました。


ちょうど帰ってきたところのゴンに、
いったい『今朝ほど』にはなにがあったのか???!!!と
聞いてみたところ、

どうやら
バス・モニターさんが運転手さんに話しかけたとたん、

いきなり運転手さんがえらい剣幕で怒り始めた・・・・
ということだったのです。


***********


ゴンが使っているバス・ルートは、(以前も書きましたが)
あまりインターへ通わせるような外国人駐在員が住むエリアではありません。

しかもバスでいろいろなエリアを廻ってから学校へ到着するため、

1番に乗る5年生のMちゃんと
そのとなりの地域にいる我が家のゴンタ、
そしてその後5~10分程度離れた街中近くに位置する
5年生のOちゃんの3人をピックアップした後は、

およそ20~30分ほど、たった3人の生徒しかバスには乗っていない状態なのだそう。

運悪く、雨の早朝。
渋滞もひどく、けっきょく学校へはゴンいわく「すごく遅れた~!」のだそうだけど、

まだ3人しか生徒が乗っていない状態で、
バスの運転手さんがいきなり
すごい剣幕でバス・モニターさんに怒鳴りつけ始め、
バスの中はとても緊迫した空気がただよっていた・・・ということらしい。



ケンカの内容は、(バハサだったこともあり・・)
3年生でいつもおちゃらけ、空気読まないゴンには
イマイチよく理解できていなかったようなのだけれど、

5年生で成績優秀なOちゃんとMちゃんには、少なからず
ケンカの内容も理解出来ていたようで、

「すごく遅れて」学校についたあと、
リーダー格のOちゃんは、

頭脳明晰なMちゃんといつもよく分かっていないゴンを
休み時間に図書室に呼び出し、

3人で「シークレット・ミーティング」を行うことになったのだそう。


子供たち3人による「シークレット・ミーティング」では、
けっきょく、
『今朝おこったよく分からない出来事は、オトナの人に言っても
余計に事態を悪化させるおそれがあるので、
先生や親には言わないほうがよいだろう』という結論にいたったのだそうで、

「イマイチわかっていないゴン」は、そこまでのいきさつは話してくれましたが、
結局どんなことでバス・モニターさんと運転手さんがケンカにいたったのかなどの
詳細は
「ボクぅは上手くいえないから、いわない~」と、

あくまでも3人の子どもたちで決めた方針にしたがう姿勢をくずさず、
今日にいたっております(・・・汗・・・)。



そして
子供たち自身の決定とは裏腹に、

バスモニターさんは運転手さんが怒り狂いながら朝のお迎えを終えて即、
バス運営会社の上司に事の次第を通達し、

バス会社と学校側が協議した結果、
その「怒り狂いながら暴言を吐いていた(らしい)」運転手さんは
即、解雇されることとなったのでした。。。




まあ、どんな学校でも、いろいろあります。



子供たちはこどもたちなりに自分たちで集まって対策を練っているあたり、
親としては
『しっかりした上級生たちと同じルートで良かった・・・』と
安堵すると同時に、

万が一、一人ぼっちの場合に何かあった際、
MちゃんやOちゃんのように
機転を利かせられるように教育しておくのも
親の役目だったなぁ~、、、と思った次第です。

もしかしたら
怒りにまかせて学校でない場所に連れて行かれる危険性も、
ないわけではないですし。

本当に気をつけねば。

スクールバスを使うと、こんなこともあるんだねぇ、ということで・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪

Nスクール時代のママ友さんが
「まったく知らない他人のバスを信用するぐらいなら
自分で送迎したほうがよっぽど安全よっ!!」と
力説していた意味が、今回、よく分かりました。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

バハサ土曜日開催問題とバス運転手解雇事件・・・

ゴンタが現在通っているインターでは、今年度から
マレーシア人生徒には必修科目である「バハサ・マレーシア(マレー語)」の授業が
学校の平日授業ではない、土曜日の朝に行われる事になりました。
(くわしくはこちら)


当初は校長先生によるいきなりの「土曜日バハサ開講」メール通達に、
多くのマレーシア国籍を持つ子供の保護者が戸惑ったものの、

いままでの学校運営面でさして大きな問題点も見られなかったため、
ほぼすべてのマレーシア人保護者が
学校の決定にしたがうことになったわけです。

そして実際に土曜日マレー語必修クラスが開始されて
数カ月後、

ある金曜日の午後に、いきなり
「翌朝おこなわれる予定だったマレー語必修クラスはキャンセル」という、
マレー語クラスを指導してくださる学校の正規教員の先生から、
マレーシア人生徒全員にメールが送られてきたのでした。


マレー語クラスが急きょキャンセルになった一番の理由は、

その正規職員の先生が病気になってしまい、
他のマレー語講師は正規職員でないパート教員のため、学校の鍵の開け閉めを
責任もってしてもらえない、

ということだったのですが、

その出来事があった翌週から、

一気に数多くの「一言物申したい」マレーシア人保護者からの
相談、ご意見、話し合い等の連絡メールがCCで届くようになりました。

土曜日の学校はセキュリティも万全ではないので心配だとか、
マレー語の教授法が今一つ満足いくものでないが学校側はどう考えているのか、とか、
保護者のみなさんは現状に満足されているのか、
返事のない保護者は、みなが土曜日マレー語開催および
先生の質に、満足されているから返事をしないのか・・・などなど。




中には、マレーシア教育省の副大臣と
個人的に仲が良い(!)という保護者の方までいらっしゃって、
あくまで個人的にですが、その副大臣と
「土曜日に学校の必修科目のクラスを開催することは教育省的には可か不可か」
といった話し合いの内容まで飛び出すこととなり、

一時は
第三者を巻き込んで大ごと(!!!)になってしまいそうな様相を呈していましたが、

結局、2か月間ほどの保護者同士の話し合いや、
学校対保護者グループとの話し合いが行われた結果、

新校舎に移転するまでの現仮校舎にいる今年度末までは
事務職員1人が必ず土曜日に登校し、
セキュリティ・スタッフも必ず常時させること、
万一、正規職員のマレー語の先生が病気の場合でも
他のマレー語パート講師による授業を行う事、

新校舎へ移転したあと(すなわち来年度から)は、
放課後クラブ活動と同様に、
マレー語必修クラスも平日の午後、一般の授業終了後に
時間をもうけて授業を行う、

・・・ということに決まりました。


いやはや。

保護者グループの意見提示の内容も恐ろしく理路整然としており、
理にかなった内容でしたが、

学校側の対応も、ゆるぎない。。。


何年たってもマレー語がカタツムリ状態の母は、
先生の教授法がうんぬん、とエラそうに言う実力もないので、
成り行きを見守っているだけでしたが

問題に対する交渉方法というのか、
成功する交渉術のお手本みたいなものを見せてもらったような気もしました。

まあ、これも、交渉する相手側である学校が
『しっかりとした対応をしてくれる組織である』、ということが大前提ではありますが。。。


******************



ブログでマレーシアのインターのことなども書いているので
時々、インターへの入学をご希望される日本人の保護者の方から
ご相談をいただくこともあるのだけれど、

どの学校が良いとか、ここはこういう点でよくない、とか
実際に通ったことのある学校ならば言えなくもないのだけれど、

お子さんたちの性格や以前の経験なども私にはわからないので、

是非、お子さん連れでいろいろな学校を観て回られることをお勧めしたいと思います。

実際に生徒たちがどんな表情で授業を受けているのか、
休み時間中の態度はどんな感じなのか、
学校が目指す目標は何なのか、
校長先生と自分の子どもの相性はどうか、
この集団の中にわが子が入って、はたしてまったく埋もれてしまうのか、
それとも、子供のまだ眠っている能力を引き出してもらえそうな環境にあるのか、
好きなことを思う存分できる環境か、それとも型にはめられてしまいそうと感じるか。。。

そんな事を考えながら、多くの学校を回って実際に見てみることで
『この点はAがいいけど、こちらの点ではBが合いそうなのでBがよさそう』などと
いう自分の好みも子供の好みもだんだんわかってくるかと思います。

お子さんに合った学校が見つかりますように!


長くなってしまったので、バス運転手解雇事件についてはまた今度。。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪

「Nスクールだけでなく、今の学校でもいろいろあるよ」、という意味で
問題も解決方向にむかったので記録しておくことにしました。
学校選びの考慮点のご参考になれば。。。

先日コメントいただいたY様へ、
ソフトバンクのメルアドに%が入っていて(文字化けかもしれません)
メールが送れませんでした。もしよろしければもう一度アドレスを
教えてください。よろしくお願いします。



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

ボルネオ旅行記2011~帰宅編

長男ゴンタ、おかげさまで4泊5日の学校からのボルネオ旅行から
無事帰宅いたしました。

予定時刻から約1時間半遅れで解散場所である学校に到着。

Borneo2011


キャンプ・サイト滞在中にゴンタが撮った写真は初日の5枚だけ。

写真をとっている暇もない程、アクティビティが盛りだくさんだったようです。



滞在先のロング・ハウス

Borneo Longhouse


夜になると

Borneo Longhouse @ night
こんな具合に、蚊帳の中。


ゴンタが持って帰ってきた荷物の中に、
こんなものもありました!

Best Dishwasher
(皿洗い最優秀賞)

本人いわく、
他の人がだれもしないからボクがやることになった、のだそう。

そうか。だれもやらなくても一人で出来たのか。

ほんのちょっとだけ大人になったのかも。


そして本人いわく、「日記ではなく、『記録』」

Journal
Wimpy Kids風を目指したのだとか。


ああ、これまたすごい文章とつづりだったりする。


3日目にはもう早、1ページほどで力尽き、
4日目の記録はもちろん、無し(爆)!

Journal


それでも、みんなが無事で楽しく過ごせたこと、
連絡網を廻してくれたお母さんたち、
すべて仕切ってくださった先生方と学校に
本当に感謝!!!です。



にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

ブックマーク
プロフィール

Molly

Author:Molly
子育ても家事もほどほどに、ナマケモノ街道を一直線。いい加減な性格なわりには、時折、いったん公言したら実行しないと気がすまない頑固一徹オヤジキャラに変身することも。
働いていないと不安を感じる、一般小市民。
マレーシアでの常夏生活から一気に北の国の首都モスクワで節約主婦生活を送ることになりました。

登場人物
ゴン太:旧ソ連邦のウズベキスタンで胎児時代を過ごし、マレーシアで生まれる。2~5歳直前まで日本で生活。5~8歳までマレーシアで過ごし、2011年7月から再度ロシア語圏に逆戻り。母の頑固キャラを受け継いだ、インターナショナルスクールの5年生。
近い将来の夢は、アメリカ・サンディエゴ湾にいって「くじら」を観ること。遠い将来の夢は、「ホテル王」&「スシ・キングのオーナー」になることと、「教授」になって偉そうにすること(爆!)。


ショウ太:ニッポン生まれ。ぜんそく持ちだけど強くてたくましい5歳児。兄の「こどもちゃれんじ」しまじろうDVDと、「ウルトラマン・タロウ」←(いつの時代?!)ををこよなく愛するいやしい系電車オトコ。「ポケモンのサトシ」を気どる2年生。

最近の記事
最近のコメント
コメントいつもありがとう♪ URLもご記入いただける設定に変更しましたのでURLもぜひご記入ください。
ただ今読書中(長男ゴンG5)

★G6になった長男ゴンの語彙力補強用。巻末に出て来た単語のグロッサリーがついていて、意味と例文も載っているので辞書要らずで読み進められます。
Word Smart Junior II, 2nd Edition (Smart Juniors Guide for Grades 6 to 8)

★G6までの夏休み中にまたハマってます。。
The Return of the King (Lord of the Rings 3 Collectors)

★ニッポンの学校に通っている小6夏休みの間に、マブダチGくんたちが修学旅行で「ヒロシマ」に行ったことを聞いたゴン、この本の中にも「ヒロシマ」が出て来るので非常に興味深かったようです。泣きながら読んでました。しかし出だしに「ニッポンが戦争をはじめたから」というくだりを読んで、ニッポンって悪かったの?とやっぱり聞いて来た。お互いに国益を守ろうとした結果、最後の手段として戦ったのであって、世界中にトモダチがいるようなキミらは大人になったら偉くなって今後どこかで戦いになる前に『防ぐ使命』を担っている、と言っておいたけれども。分かってんのかな〜・・・
So Far from the Bamboo Grove


★ロードオブザリング2巻目。こちらのペーパーバック版は小ぶりで持ち運びには良いのだけれども、コレクターズバージョンのハードカバーほど文字が大きくないのと巻末にしか縮小版の地図が載っていないので、小中学生にはやっぱり高くて重くても巻頭&巻末に地図が見やすく載っていて文字が多少大きめのコレクターズバージョンの方がおすすめです。2013年度のサンタさんがルビャンカのビブリオ・グローブスに買いに行った際にはコレクターズが3巻とも揃ってたのに常に現金を持ちあるかないサンタさんがケチって1巻しか買わなかったのが、今になって悔やまれます。。。コレクターズ、有ったらまた買っちゃいそう。
The Two Towers - The Lord of the Rings Part2


★ゴン、LOTRに再チャレンジです。今回はハマりました。やはり3巻分が一冊になっているコンプリート版よりも一巻ずつのコレクターズバージョンに替えて正解でした。文字もほんの少しだけど大きめで、『読み進めている』と実感できる厚さなのが読む気を倍増させるみたいです。「宝島」よりも文法的に理解しやすかったので、ガンガン読んでます。たまに、薄めでほんの少しだけ難しめの本を間に挟むのも、気分が変わっていいのかも。
The Fellowship of the Ring (Lord of the Rings 1 Collectors)


★39クルーズの3巻目、舞台はニッポンへ。ヒデヨシという名の人物や、王(Oh)さんの手紙など、東洋系の名前が随所に出てくる巻でした。
The Sword Thief (39 Clues)


★GLEEのカート役の男の子が書いたファンタジー。こっちは「宝島」とは打って変わってずんずん読み進めております(汗)。 The Land of Stories: The Wishing Spell


★2013年のサンタさんからの贈り物。スチーブンソンの「宝島」。でもこれ、古文なのでゴンにはロードオブザリング(LOTR)よりも難しかった様です。「しゃべり方がマスター・ヨーダ(Star Wars)みたい」だと。(例:”・・・”said he.とか。)パソコンで単語引きながら読んでます。
Treasure Island


★G5(5年生)今学期のトピック”Peace & Conflict"の一環で読んでいる本。1942年のポーランド、ワルシャワが舞台。学校の先生をしていた3人の子供を持つ父親のジョセフは、ナチスにより教室にヒトラーの肖像画を掲げるよう命じられますが、ある日その肖像画を伏せていたことが通報され、刑務所に連れ去られます。運良く刑務所を逃げ出せた父ジョセフですが、ワルシャワに戻ると妻は連れ去られた後、子供達は行方不明で、妻と約束していたスイスに亡命することに。その後、3人の子供達は父がスイスに向かったことを知り、父の後を追ってスイスへ長旅を始めます。学校から借りて来たのは”Escape from Warsaw”ですが、原題は下記の”The Silver Sword"。登場人物や地名は仮名になっている箇所もありますが、実際にあったお話だそうです。
Escape from Warsaw


The Silver Sword

★長男ゴンお気に入り作家、ブランドン・ムルのビヨンダーズ・シリーズ第2巻。
Seeds of Rebellion (Beyonders)

★『シリーズを読破しカードを入手し、オンラインゲームに参戦したら10万ドル以上の賞品(賞金?)が!』とのうたい文句に惹かれて読み始めた39クルーズ。しかし、図書館の本にはヒントとなるカードはついていないのだった。相変わらずどこかヌケてる長男ゴン。(爆!)イージーリーディング系の本でした。
The Maze of Bones (39 Clues)


★やっとクラシックに着手、といっても、子供向けGreat Illustrated Classicsシリーズの簡素化されたものなので、あくまでも子供向けで端折りすぎ?といった感あり。クラシック手始めの小学生(低学年)にはいいのかも。大人むけではなかったです。
Swiss Family Robinson (Great Illustrated Classics)

★またブランドン・ムルのシリーズものを借りてる(涙)。懇談会で「クラシックまたはノンフィクション」を読ませるようにあれほどお願いしたにもかかわらず。エレメンタリーとハイスクール、図書館が2つに分かれているので、エレメンタリー図書室はヤングアダルト向けイージー・リーディングな本ばかり取り揃えてあるってのも問題かも。次の懇談会で言っておこう。←(え?モンスターペアレントみたいって?!)
BEYONDERS


★ハンガーゲーム最終巻。カトニス憎しのキャピトルによって出身地ディストリクト12は破壊され、地下に潜伏する反対勢力があつまるディストリクト13の存在が明らかになり・・・。やっぱり結末が知りたくて途中でやめられないゴンだった。
Mockingjay (Hunger Games Trilogy)


★パーシー・ジャクソンシリーズ、同年代の子が本屋で買っているのをみて買ってみたくなったゴン。半神半人demigodの男の子が主人公。
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief - Book One



★Hunger Gamesの続編、第2巻。先のハンガーゲームで生き残ったカトニス&ピータがまたもや戦いに!実際にこんな戦いしたらダメだよと言ったら、ゴン、「するわけないじゃ〜ん♩痛いも〜ん♩」と、お気楽な返事が返って来ました。。
Catching Fire (Hunger Games Trilogy)


★The Companion's Quartetシリーズ4巻目。和書の題名は「キメラの呪い」。3巻目よりさきに間違えて4巻目を読んでしまったらしいですが話はちょっと飛ぶけど理解できないほどでもなかったようです。
The Chimera's Curse: Bk. 4: The Companions Quartet


★Julia Golding のTheCompanions Quartetシリーズ3巻目。
Mines of the Minotaur: Bk. 3: The Companions Quartet


★Fablehaven5巻目。KLの紀伊国屋、MPH、Times、Bordersを探しまわってSACC(シャーアラム・コンベンション・センター・モール)までわざわざ出向いて買って来ました(汗)。シリーズ最終巻。
Keys to the Demon Prison (Fablehaven)


★Fablehaven4巻目。ドラゴンサンクチュアリに迷路にと冒険盛りだくさん。
Secrets of the Dragon Sanctuary (Fablehaven)


★Secret of the Sirens(The Companions Quartet/コニー・ライオンハート・シリーズ) からの続き物、ブック2。またまたファンタジー。
The Gorgon's Gaze (Companions Quartet)


★Fablehaven3巻目。夏休み中に全巻読破すべく学校の図書室から全巻借りてきてしまった。旅行中、持ち歩くのが大変な分厚さですが中身は10歳児程度対象の文なので2、3日で読み切れてしまうという。。。すでに2、3巻目は読み終えたものの、図書館に返さないといけないのでどこまでも持ち歩き続けなければならない羽目に(涙!)
Grip of the Shadow Plague (Fablehaven)


★Fablehavenシリーズの2巻目。
Rise of the Evening Star (Fablehaven)


★家にあるファンタジーものがこれしか残ってなかったのでついに着手しました,LOTR!! 義弟が読んでた古いバージョンですが3エピソード全部入って、本文だけで1,069ページ・・・視力低下しないか心配してしまうほど字が小さい。やっぱ全エピーソード入りよりも新しい3冊セットを買ったほうが良いかもと思い始めた今日この頃...。
The Lord of the Rings



★学校でのグレード4終盤の勉強系イベント、Battle of Booksでグループで3位になったご褒美に先生から貰った本。12世紀の韓国が舞台。英語版は主人公の名前がTree-earとなってますが、日本語版は「モギ 小さな焼き物師」となるらしい。橋の下で暮らしていた孤児の木耳、大事な磁器を割ってしまった弁償として陶磁器作りのマスターに弟子入りして人生が変わって行くというお話。筆者は39cluesシリーズのうちの一人でした。ゴン大変お気に入り。
A Single Shard


★フェイブルヘイブンに住むケンドラ&セス兄弟のマジック・ファンタジーもの。ちょっと怖めの表紙が取っ付きにくいですが、内容も多少怖めな箇所あり。ハリポタ・シリーズが読めるお子さん向け。

Fablehaven


★ゴンまた続き物ファンタジーにハマってます。今度は動物と会話が出来る子が主人公なんだそうで。4、5年生向けなので2〜3日で一冊読み切れそう。
Secret of the Sirens: Bk. 1: The Companions Quartet


★これまた旅先で購入してきたFive Ancestorsシリーズに逆戻り。6巻目はその名も「小さい鼠」(ShaoSu)君の活躍。
関係ないけど、次は「読みたい本が読みたいときすぐ(適正価格で)手に入る国」に住みたいんダーっ!←いまだにペーパーレスになれないワタシタチ。
The Five Ancestors Book 6: Mouse


★Five Ancestors シリーズと同時進行中。ディケンズの「二都物語」を読ませてみようとしたら「書き方が回りくどくてはっきりしないからいや」なんだそうで、「スッキリ・はっきり・分かりやすい♩」こちらになりました。まだまだ古典を読めるだけの読解力は身に付いていない様子(涙)。
The Hunger Games


★エラゴン・シリーズ最終章。ついに悪の帝王ガルバトリクスと対決の日が!これまた途中でなんて止められない。全編にてアクション全開に長男ゴン、大喜びで食いついて離れません(涙)。母も無理矢理読まされてます。トホホ(追記:長男ゴン、やっと全シリーズ読破。最終章では”It"s soooo sad〜(うえ〜んっ泣!!!!)”と、泣きながら読んでました。なにやらエラく可哀想なエンディングの様です。
Inheritance (The Inheritance Cycle)


★G4(四年生)のクリスマスプレゼントとしてサンタさんから貰った(ということになっている)エラゴン・シリーズ第三弾。先の戦いから命からがら助かったエラゴンと竜のサフィラ、今度はエラゴンのいとこのガールフレンドが人質にとられてしまったため救助に向かう!んだそうで。母もう追いつけません。毎日ゴンから「まだ読んでないのっ?!」と叱咤激励?される日々。なるほど、こうやって小学生時代から読書スピードを上げていたから大学ぐらいには膨大な量の書籍を読まされても次の日さらっとエッセイが提出できるというわけか。留学時代に知り合った友達(インターもしくは英語圏出身)はみんな読むのが恐ろしく早かったはずだわと今更ながら納得。
Brisingr (The Inheritance Cycle)


★Eragonに続く第二巻。ドラゴン・ライダーとして更なる戦いに挑むため、エルフの国エレスメラへと修行の旅へ。なんだか「スター・ウォーズ」みたいな展開?!と思っていたら、アマゾンのレビューにも同じ様なコメントが載っていました。このシリーズも見事にツボを押えられてしまっていて、ハマってしまう人(=長男。涙・・・)などにとっては、読み終えるまで抜け出せない。まだ2冊もあるんだよなぁ。。。ノン・フィクションも読んでくれー・・・(母の心の声)。
Eldest (The Inheritance Cycle)


★旅先でWHSmith(英語の本屋)があったので喜び勇んで入ったが、お気に入りFive Ancestorsシリーズの続きはみつからず。結局またファンタジー冒険モノになってしまいましたが、この作者、15歳でこのシリーズを書き始めたらしい(参照:Amazon.co.uk)!ハリポタや指輪物語に比べると話の展開がたま~にすっ飛ばしちゃっている感アリですが、ティーンエイジャーでここまで書けたらスゴイ!の一言です。
Eragon (Inheritance, Book 1)


★The Five AncestorsシリーズのEagle(鷹)。さらにアクション爆進中。キーパーはYingなのか?プロローグから引っ張るために、途中でなんて止めれない(涙)。
The Five Ancestors Book 5: Eagle


★Snakeから続いてThe Five Ancestorsシリーズ4巻目のCrane(鶴)。またまたアクション全開です(涙)。今度は女の子が主人公。果てしなく続くカンフー物?!
Crane (Five Ancestors)

★Year4から心機一転Grade4となったゴンがハマったのはやっぱり「アクション」もの(涙)。 舞台が中国なのもあって西洋モノよりも馴染みやすかったのもハマってしまった理由の一つかも。 この本読んで学校で「プロジェクト発表」するんだと・・・(汗)。どんなプロジェクトになることやら。。 Snake


★ハリポタ7巻目を理解するには欠かせない?!マグル(人間)界でいうところの「マザーグース」と「イソップ物語」の魔法界版。7巻目の途中から『ビードル・ザ・バード』を読まずにはいられなくなってしまったゴン・・・。(唯一の救いはこの本がめちゃ薄いことでした)
The Tales of Beedle the Bard (UK) Standard Edition


★ルーシー&スティーブン・ホーキング親子による、子供向け宇宙入門フィクション物語。主人公ジョージの隣家のおじさんがある日突然姿を消したという話から徐々にミステリアスな話になっていく導入の仕方が上手いです。 ゴンの音読用に使ってます。
George's Secret Key to the Universe


★ついに最終巻の7巻目。スネイプは果たして善人なのか、悪人なのか?ハリーはいつヴォルデモードと直接対決するのか?もう気になって気になって仕方がない(涙涙)。ハリポタって結構「アクション・ヒーローもの」の系統も入っていたんだなあと今頃気づいた母でした。←そりゃ、止められないわね。。
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult


★ハリ・ポタ6巻目。Half blood princeが一体誰なのか、そして今までの巻で出てきた数々の伏線が一気につながり始める6巻目なので、「読むな」と言っても止まらない(涙)。ゴンのレベルではまだまだ話の筋だけを追っている感がアリアリなので、ハリ・ポタ・シリーズが終わったら次は『もう少し短め&中身充実』の本を精読させたいです。。
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)


★ハリ・ポタ5巻目途中まで来ました。ウチでは唯一のハリ・ポタUS版(US版のほうが当時安かったんだと思う)、UK版よりも多く挿絵がはいっていたので大喜びで飛びついてしまった。これでまた宿題する時間がなくなっちゃうよぅ(涙)と、複雑な気分の母でした。
Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)


★ハリポタにハマったゴン、一気に4巻目に突入です。「ボクゥ、死ぬ時は寝ている間がいいな~♪だって、痛くなさそう。」だと。シリーズの中でも特に『生と死』について、『孤独』や『誤解』といった、小学生が普段の生活では考えることのあまり無い側面にも触れている作品かと思われます。(ちなみにゴンが読んでいるのはUK版。US版は表紙がイマイチ内容にそぐわないような気がするのは私だけ??)★
Harry Potter and the Goblet of Fire (US4)

◎ 我が家のレゴ大好きキッズ、LEGO.comの無料オンライン・ゲームにも参戦中・・・
LEGO.com Harry Potter Games
注:英語での文章を読みながら進めていくゲームにつき、ハリ・ポタ原書が読めるレベルのお子さん向けです。


★ネコ目線で描かれたキリスト誕生物語。一味違ったクリスマス用絵本に♪★
Cat in the Manger


★前の学校のクラス1の優等生Tちゃんが読んでいたのを見て「買って、買って~♪」とおねだりして買わされたわりには、読み始めるまでにずいぶん期間がかかりました(汗)。。。はたして読破できるのでしょうか???こうご期待★
The Voyage of the Dawn Treader (Narnia)

★Captain Underpantsシリーズ。マンガ部分に「子供が書いた風」にわざと誤字脱字を多用しているのがネックでいままで出しませんでしたが、このレベルでの誤字脱字はゴン本人がしなくなってきたので解禁してみたところ大ウケ!1チャプターがめちゃ短いので「なんかボク、めちゃ早く読めてる?!」と錯覚させてどんどん読み進められる点も、読書ギライ・キッズにはお薦めです(注:誤字・脱字が減ったころから読ませた方がいいかも・・・)★
The Adventures of Captain Underpants


★ゴン、8歳にしてやっとHarry Potterシリーズに着手しました。5歳児ショウタには就寝前に読み聞かせ。我が家にあるのはイギリス英語・バージョンの"Philosopher's stone"。1日1チャプターという遅めの進度ですが、文法的にはHarry Potter シリーズのほうがNarnia(CJルイス)シリーズよりもかなり簡単だったことが判明♪倒置法やら仮定法なんてものもほとんど無いストレート・直球文章なので小学校低学年にもお勧めです★
Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US)


Magic Tree Houseの本編シリーズと関連した各1トピックごとのリサーチ・ガイド・シリーズ。内容も幼児~小学生低学年向けにやさしく書かれているので音読で一人立ちしたビギナーにもお薦めです♪MTH本編と合わせて読むと、本編の物語がさらに理解しやすくなります★
Magic Tree House Fact Tracker


★エリック・カール版のイソップ物語集♪一話につき文章1ページ&絵1ページと、読み聞かせ(ショウタ用)するにも音読(ゴンタ用)させるにも使いやすい量なのが◎!動物を擬人化させたエリック・カールの絵がイソップ物語の奥深さを物語っているようです★
The Rabbit And The Turtle: Aesop's Fables
リンク
ブログ内検索
Visitors
free counters



あわせて読みたいブログパーツ
RSSフィード
ブログカテゴリー
インター&家で読んでいる本(ショウG2)

★マンガ大好き次男の最近のお気に入りWimpy Kidシリーズ。ケラケラ笑いながら読んでますけど、親的にはキャプテンアンダーパンツシリーズ同様、おすすめすべきかオススメしないべきか、正直なところ、多少悩んじゃったりする分野かも。
Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Book 2)


★A to Z Mysteries(邦題「ぼくらのミステリータウン」)シリーズの12巻目。シリーズものですが、スティルトンやマジックツリーハウス同様、一巻完結ストーリーなので順番に読まなくても話が分かるのが良い所。英語版のA to ZシリーズはタイトルもAlliteration(頭韻法:単語の頭文字を同じアルファベットに統一してある)が使われている所も注目です。
A to Z Mysteries: The Lucky Lottery (A Stepping Stone Book(TM))


★A to Zシリーズ、おなじみのディンク、ジョシュ、ルースローズが登場する20巻目。
A to Z Mysteries: The Talking T. Rex (A Stepping Stone Book(TM))

ジェロニモ・スティルトン・シリーズキャプテン・アンダーパンツ・シリーズ、ORTのツリートップ・シリーズ(Oxford Reading Tree, Treetops)以上が一人で読み切れるお子さんだったらこちらもおすすめ。2014年新春アイスショーで観た前後だったので余計に読みやすかったのかも。
The Wonderful Wizard of Oz (Dover Children's Evergreen Classics)


★ねずみの編集長、ジェロー二モ・スティルトン・シリーズ。挿絵が多くてカラフル、文字フォントが変化に富んでいるので、マジックツリーハウス系のストーリーブックが読めるぐらいのお子さんが一人読みするにもお手頃レベル。会話文が多いので英作文強化用というよりは口語文インプット向けです。内容的にも2年生(G2またはY3)にちょうどいいです。が、一日で読み切れてしまうので何冊も揃えないといけなくなるのが金銭的には・・・かも。
Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)


★"Who was(Is)"シリーズ、夏休み中にレゴランドマレーシアでアインシュタインの顔を見ていたので選んだ本もこちらのアインシュタイン。
Who Was Albert Einstein? (Who Was...?)


★ショウお気に入りMagic Tree Houseの8巻目、ジャックとアニーが月に行っちゃうお話。
Magic Tree House #8: Midnight on the Moon (A Stepping Stone Book(TM))


★次男ショウの読書記録すっかり忘れてましたが気づけばMTHシリーズとFact Tracker同時進行。やっぱりフォニックスがしっかり身に付いた後だとチャプターブックへの移行が早いです。
Magic Tree House Volumes 1-4 Boxed Set


★新1年生のショウタ、リーダー系の本はRigbyシリーズとORTを併用中。




自宅でやってます
★訳あってSSATを受験せねばならぬ状況になってしまった長男ゴン@G5。モスクワの英語の本屋をはしごしても見つからず、結局学校の図書館に一冊だけ残っていたのを借りてきました。現在のPYP(IBスクールのプライマリー・イヤーズ・プログラム)って、受験対策から相当離れた道をマイペースで行く様子なので、この状況、かなりヤバいかも!!と、アメリカンスクールでの「野放し状態」を一瞬悔いたけれども。結局は本人の実力次第ってことでしょうか。大学受験直前に焦るよりは早めに試練があって、かえって良かったような気もします。今から心を入れ替えて、頑張れゴンっ!
【追記】Kaplanのこのワークブック、所々に誤植、間違い等が数カ所見られました。独学用参考書なのに、特に算数セクション、答え&解説間違えてどうする?!みたいな。。。本格的にSSATに取り組まれる方にはCracking the SSAT & ISEE, 2014 Edition (Private Test Preparation) のほうが確実かも。

KAPLAN SSAT & ISEE


★語彙力増強にはこのシリーズが一番(我が家では)実践的で使いやすい。普段の会話やエッセイにもこの中の単語が使いこなせるようになってもらいたいものです。あくまでも目安ですが、グレード4、5程度で英検準1級ぐらいかな?
240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 5

★イギリスのセカンダリーお受験対策、「イレブン・プラス」の練習問題集。このシリーズ、10分間だけの短期集中クイズ式なので、どこらへんの理解が弱いのかがすぐに分かってうちの長男みたいな「分かってる」つもりの子向けにはとてもお勧め♩こちらも旅先のホテル宛にAmazon.co.ukからまとめ買いしてきました。悲しいかな、将来の次男用にと思って買っておいた9〜10歳用が長男にちょうどよいレベルでした(汗)SATS対策にも使える優れもの。
Bond 10 Minute Tests English 9-10 Years


Bond 10 Minute Tests Maths 9-10 Years


言葉を使った、推測・論理的思考を試す問題。アルファベットが並んでいる例題のシークエンスを読み解いて、次にくるアルファベットを推測するとか、4文字単語2つから別の単語を作り出すなど、右脳問題に近いものの言語バージョンが訓練出来ます。勘を鍛えたり(?)、問題理解のスピードアップを図りたい場合にも使えそう。
Bond More Fourth Papers in Verbal Reasoning 10-11+ Years (Bond Assessment Papers)


★自宅での英語補強用。我が家の定番スコラスティックのワークブック集の一つです。これ一冊でその学年に必要な同意語・反意語・複合語・同音異義語・内容語・複数形・多言語からの英語化・接頭辞・接尾辞など240語が使いこなせるようにつくられています。この240Vocabularyシリーズは100wordsシリーズよりも内容的に比較的高度ですが、知っていて絶対に損しない単語ばかりなので100シリーズで物足りないと感じるお子さんやボキャブラリー不足を感じるお子様には是非お薦め!!★
240 Vocabulary Words Kids Need to Know(Grade4)


★240Vocabシリーズ終了後に。今まで年1回しかテストらしいテストを受けたことがなかったゴンの語彙&内容理解定着用に使ってます。思い込み&読み違えている箇所が把握できてお薦めです★
Scholastic Success With Reading Tests, Grade 3


★通知簿に「1」が並ぶトンデモ・ショウタ(涙)のための「めざせ!底辺脱出!」ドリル。ここ数年スカラスティック@マレーシアでもアマゾンUS,UKでもアマゾンJPNでも入手不可状態でしたが、やっと再度入手できました♪以前使う前にコピーとっときゃよかった。トホホ。兄ゴンタも1,2年生の間はこちらの100Wordsと100Maths を使ってました。英語超初級からOK♪
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)


2年生用に上がりました。三人称単数だとSがいるとか、動詞、形容詞、主語といった超初級英文法もちょこっとだけ出てくるようになります。
100 Words Kids Need to Read by 2nd Grade (100 Words Workbook)


★次男ショウ、G1終了しました。スコラスティックのテスト問題集は他のと比べると多少簡単すぎる様な感がなきにしもあらず。3択問題多いし。ライティング&グラマー補充に使うにはG1だとちょっと物足りないです。ウチの次男にはちょうど良さげですが。トホホ。(G1は)英語超初級者むけ。
Scholastic Success With Tests: Reading - Grade 1


★トンデモ次男用。かけ算九九はやっぱり日本式のほうが覚えが早いです。。。 2年生のかけ算(九九) (くもんの小学ドリル 算数 計算 5)
母のお気に入り

★ついにやってくれました!弊ブログ記事にコメント下さったこともある(一回だけだけど;P)翔くんの本がデタッ!(感涙!)これからも頑張って♪
ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

★海外駐在経験のあるお子さんをお持ちの保護者の方向け。
サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち (クロスカルチャーライブラリー)

Help Your Kids With Maths

Diagramだ axisだ、denominatorだなんだと、良くわからない英語での算数用語が多発してきだしたグレード4からの、我が家の必需品。英語で算数用語を理解するための参考書です。1年生次男には難しすぎますが、4年生長男はこの参考書で大助かりです。

Life of Pi

邦題「パイの物語」、映画化もされましたがやはり原作のほうがインパクト大。肝心の一番「えげつない」場面は映画ではカットされていたので、子供向けにはいいのかも。 インドからカナダへと動物園の動物ともども移住する途中のパイ少年一家が乗っていた船が遭難、 パイ少年と弱肉強食を絵に描いたような生存をかけた動物たちとの駆け引き、(目が見えない状態での言葉だけでの駆け引きなど)←原作のみ、「生きる」ことについて改めて考えさせられるような一冊。ところどころにえげつない状況も出てきますが淡々とした表現が余計にパイ少年の心情を的確に表しているようにも感じられました。英語自体は簡単ですが、内容的には小学生高学年以上からのほうがよさそうです。

★邦題「戦火の馬」の原作War Horse )。著者は『イギリスの小・中学生ならば一度は必ず読んだ事がある(?)』Michael Morpurgo氏。「吾輩ハ猫デアル」的な視点で非常に巧く描けている作品。映画もいいけど原作のほうが断然お薦めです♪


★年齢別のお勧め絵本が一目瞭然! 0歳~12歳以上までの英語圏での「読んでおきたい本」が分かります♪我が家の保存版
1001 Children's Books: You Must Read Before You Grow Up

アメリカ版ハードカバーはこちら
1001 Children's Books You Must Read Before You Grow Up

★ORT(Oxford Reading Tree)から新たにJulia DonaldsonのSongbirdsシリーズが出ました♪ フォニックスの音の決まりが身につき始めた英語初級キッズのフォニックス定着用にお薦めです♪ Julia Donaldson's Oxford Reading Tree Songbirds: My Cat and Other Stories


フォニックス定着用にはこちらもお薦め♪
Oxford Reading Tree Stage 1+ Songbirds


★子どもたちの「ナゼ?」に簡単かつ的を得た回答が出来る、お勧め「I Wonder Why 」シリーズ♪英語初級から。


★「指輪物語」の前篇、ホビット物語。今年度6年生クラスの課題図書としても使われていました。出だしから冒険の香りがプンプン漂う、読むほどに想像力をかき立てられる名作♪ハリポタ・シリーズを読み終えられるお子さんなら読破できるレベルです。本編「指輪物語」に挑戦する前の腕慣らしにもお薦め♪
The Hobbit : The Enchanting Prelude to The Lord of the Rings


★支配者層と被支配者層で構成される近未来のアメリカ。1から12の居住区で労働を強いられる被支配者層からは毎年各居住区から少年少女が2名ずつが選出されて生き残れるのはたった一人という「ハンガー・ゲーム」が行われます。英語自体は難しくないけれどこの話の趣旨を本当に理解できるのは10~13歳以降でしょうか。映画は主人公カトニス役の女の子の巧みな演技力で相当救われた感あり?かも。
The Hunger Games


★スピルバーグ監督の映画「タンタンの冒険」を気に行ったお子様にはこちらもお薦め♪
タンタンの冒険 COLLECTION 1 - [DVD]


★上同様、「タンタン」ワールドにハマったお子様むけ。マンガなので英語初級者でもOK♪(注:言葉づかいに気を付けられているお宅の場合は小学生以上になってから解禁されたほうが良いかも??口語なので英単語増強・文法強化用としては不向きです。)
The Adventures of Tintin: Volume 1 (3 Original Classics in 1)




お気に入りCD&DVD
★堂々のラジー賞ノミネート万歳っ!って、この映画、見るべし!面白いのと同時に、非常に考えさせられたりもする映画でした。常に自分たちの側から「見た」(「見せたい」?)モノだけに「正義!ジャスティス!!」と声高に叫ぶ、典型的なアメ○カ人の本性(&黒い歴史を彷彿とさせる描写?)がここまで露骨に描かれているからでしょうか、アカデミー賞会員の総スカンをくらっちゃったのかも知れませんね〜。かぶり物の多いジョニデですが、彼の演技力(存在感?)のおかげで「姿形だけが端正でイマイチ『演技力』ナッシング?!」のアーミー・ハマーが相手役でもかろうじてどうにかなった!←(ハマー・ファンごめんなさい。)というのが我が家での見解でした。
ローン・レンジャー MovieNEX [Blu-ray]


★全編通してミュージカル舞台そのまんまのレ・ミゼ映画バージョン。舞台よりも生々しく、ハンカチ無しでは観られません!ヒュー・ジャックマン&アン・ハザウェイの演技も歌もアカデミー賞もの。ロンドンでミュージカル版もまた観たくなること間違い無し。
Les Miserables


★南部ミシシッピでの黒人家政婦達の苦悩と、白人上流社会に生きる「本音でなんて暮らせない奥様方」←(まるでどこぞの『妻たち』?!)の裏表ありまくりな人間関係とが非常に上手く表現されている作品。これ観た後に爽快感を覚える人とは気が合いそうです。
ヘルプ



★ミッション"Successful failure"となったアポロ13の実話を元にした映画。遠い昔、勤めていた会社の研修で観た記憶が・・。トム・ハンクス若っ!万一のために「計算機で計算する」なんてこと考えちゃダメよ、とか、「危機の時こそ冷静に!」といった教訓??が、子どもでもすんなり理解できるぐらいに分かりやすい場面が山盛り。
アポロ13 [Blu-ray]


★ゴン&ショウの最近一番のお気に入り♪
ブルー 初めての空へ
「Rio←(原題)にいつ行く~?」と冬休み中何度も聞かれてしまった(汗。。本気で行く気??)。ブラジルが舞台の、飛べない青い鳥ブルーのお話です。ノリのよさ&映像のカラフルさ、テンポの良さで冬の寒さを吹き飛ばせ~♪


★とてつもない頭脳が集まる場所ハーバード大学が舞台の、今やパソコン使用キッズ必需品(?)「facebook」の誕生物語&若者たちの憎愛織り交ぜストーリー。9歳児facebook大好きゴンは興味深々でフェイスブックの成り立ちを追ってましたが、5歳児ショウには複雑でテンポの速い構成がちょっと分かりにくかったかも?
ソーシャル・ネットワーク [DVD]


★ホグワーツ魔法学校にあこがれる長男ゴン、出てくる魔法の呪文を練習するのに必死です(爆)。
ハリー・ポッター 第1章~第7章 [Blu-ray]


★自宅の有線TVチャンネルTV1000で朝から放送していたのを観てしまったゴン&ショウ、学校行きのバスの時間に遅れそうになっちゃいましたが他の子どもたちも観ていたらしく遅れて出てきたのでバスが待っててくれました(ホッ)。トールキンの名作「指輪物語」の1作目。フロドの友、サムのセリフがいいですねぇ♪ ロード・オブ・ザ・リング (1) [DVD]


★次男お気に入りのキンダー・ジョイ・チョコレートのオマケがスパイダー・マンだったので、これまた「みる~、みる~♪」とおねだり。
スパイダーマン™3 [Blu-ray]


★BBC制作、ディスカバリーチャンネルでも放送されていたこの『Planet Earth』 、動物好き・嫌いにかかわらず超高画質画像に子供たちもくぎ付けになること間違いなし!!!もともとは軍隊用に開発された超ハイスピード・カメラでの撮影が文句なく、すばらしい。ナレーションにはBBCのデビッド・アッテンボロー氏、我が家のゴン(8歳)ぐらいの年齢なら問題なく理解出来る内容なのでお子様にも是非!!!(注:4歳児ショウタは、若いゾウが砂嵐で群れから離れてしまい迷子になっている場面や、サメが飛びあがってエサを食べてしまう場面などで涙がポロポロ、「ママ、あとで(たすけに)来てくれないの(涙)?」と自然の厳しさに涙しておりました。小さいお子さんの場合はママ&パパとしっかり手をつないでおひざの上で見せてあげてください)


★『トイ・ストーリー3 』観て、ラストで親2人とも泣いてしまいました!←(親バカ?)ああ、Andyがこんなに大きく立派になるなんて。感無量です。ウッディと仲間たちの団結力をぜひ映画館でどうぞ♪(劇場へはハンカチ&ティッシュをお忘れなく!!!)また1,2も観なくっちゃ~♪


★ゴン9歳のお誕生日会用ミュージックは以下2CDに決定~♪『GLEEK』なゴンらしい選曲です(笑)。
Glee: Season 2 Vol.6 the Music


Glee: The Music presents The Warblers


★ショウタのお気に入り。電車オトコ・キッズなら食いつきの良さではピカ1です♪
Chuggington DVD


★ゴン太のお気にいり。10回以上観てます(汗)。世代を超えても支持されるSW!!こども世代にはこちらのクローン・ウォーズから導入したほうが分かりやすいかも。
Star Wars: The Clone Wars - A Galaxy Divided [DVD] [Import]

カートゥーン・ネットワークでは連続モノもまだまだ続く・・(涙)。
Clone wars

★ヒストリーチャンネルで見た「スター・ウォーズ特集」で、すっかり「SW」のトリコとなってしまった4歳児ショウ太。いまや、「C3PO」、「R2D2」の文字を読む(?)のに夢中です。
スター・ウォーズ


★テレビ・アニメ「Sid the Science Kid 」は実験・サイエンス好きキッズにお薦め♪幼稚園児対象ですが、内容は小学校低学年程度までなら充分楽しめます。


★ゴンのお気に入り♪夜中までドレミソングを歌って、超ご近所迷惑(・・・)。一方のショウ太は修道女のシーンで怖がって大泣き(・・・)。兄弟でも好みは正反対なのが困りもの。オーストリア、行きたいよう~♪
サウンド・オブ・ミュージック


★こちらもゴンのお気に入り。ショウ太は「こわい~!こわい~!」の連続。。。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT


★こども向けとはいえ、カメ(ウーグェイ)のセリフがなかなか感動させられる作品。ショウ太の最近のお気に入り♪↓
カンフー・パンダ

ゴン、3年生時にハウスポイント500ポイント達成のご褒美でクラスのみんなと授業中に観に行かせてもらってました。こちらもなかなかセリフが奥深い♪
カンフー・パンダ2


Billy Elliot (リトル・ダンサー)は母のお気に入り。淡々とした映像が無性に泣けますっ!とくにゴン太がビリーと同じぐらいの年齢になってきてからは、さらに泣けちゃう。親バカ?!英語は中部(北部?)訛りがきつくて、リスニング常に満点の母でも聞き取るのが一苦労。聞き流し教材には不向きかも。↓


★地球上にはこういう場所もある。ハッと気づかされる映画です。最後はボリウッド調のノリの良さ♪
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

★ゴン太、歌詞カードなしで覚えてしまった。(歌詞カードを読む方がヤツにとっては苦難かも!?)映画「マンマ・ミーア! 」のDVDを観てからABBA漬け♪


お気に入り
★普段は英語モノしか観たがらないゴンが今一番ハマっている日本語アニメ。数十年ぶりにマンガの大人買いしてしまった・・・「兄とはっ!」のくだりとか、ホシカさんじゃないけど、熱くて心躍るセリフが満載!!(しかしロシアの季節は「寒い冬」と「寒くない冬」だけじゃありません。ちゃんと夏もあります。)
宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


★映画「ポーラー・エクスプレス」の元になった絵本。落ち着いた絵が感動的。クリスマスには是非!
The Polar Express


★ショウ太のお気に入り♪絵本シリーズは子供むけながらにして簡単な科学用語のお勉強用にも活用可の優れもの♪


★こちらは24,35,48ピース入りのパズル。5歳前のショウタでも48ピースを完成できるようになってました。面白いね~、子どもって♪
ステップアップジグソーパズル はたらく乗り物


★5歳前のショウタ、一人で色つき&色なしパズルを完成できるようになっていました♪(県名は全部は覚えてませんが・・)子ども一人でできるように、本体にもミゾがはいっているので形で認識できてGOOD !ひらがなシールは、ちょっと大きすぎて貼れない県もあり、貼ってもはがれてしまうのでうちでは使ってません。
くもんの日本地図パズル


★1~20まではガイドボードつき、そのあとは説明書に形と使用ピースのガイドがついているので図を見ながらピースを置いていけるという2段階になっているので、歳が離れた兄弟でもそれぞれに合った使い方ができてお薦め♪ガイドボードが厚紙なので小さい子供だと折れちゃうところが玉に傷ですが、図形がどんどん得意になる楽しいパズルです♪
NEW たんぐらむ


★自分だけのおうちが欲しい長男ゴン向けに2011年のサンタさんからのプレゼントは「なんちゃってマイホーム」。いつか自分で本物を設計してね♪
レゴ クリエイター マイホーム 5891


★思いっきり「学研の科学」世代の母の趣味(汗)。配列を替えるだけでラジオになったりうそ発見機になったりするところが科学の摩訶不思議。マイクの感度がイマイチなところが残念でしたが、大人でも遊べます♪ 冊子の後ろから読むマンガはめちゃオヤジ趣味?!な内容でしたが、いつも「なんでなんで?」と聞いてくる長男などにはいいのかも?
大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini)


★レゴのスター・ウォーズ・キャラクター大百科事典。6歳児次男ショウの今一番のお気に入り。自力で全部は読めないぐらいキャラクター数も説明文も多いのですが、眺めているだけでも幸せ気分に浸れる次男。。。(というより、読んでくれっ!)メダルをもらったルークのレゴ付き♪
Lego Star Wars: The Visual Dictionary


★メダルつきハン・ソロのレゴ・キャラ付きなのでルークとお揃いにしたくてついでに買ってしまった(汗)。上の大百科事典よりも多少小振りで、レゴ・キャラが1ページ毎一体ずつ載っているので6歳児にはこちらのほうが読ませやすいです。が・・・SWのストーリーよりもレゴキャラの説明のほうが詳しく載っていたりして。
LEGO Star Wars Character Encyclopedia


自宅で日本語
カメのような歩みでかろうじて続けています・・・。
提出期限に追われることなく、日本の学校に通った事もなく教科書を全く見たことが無くてもても続けていけるという点で我が家ではこのシリーズを使っています。
Tree-Arcive
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。