スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『音読』は本当に『学力の基礎』!!…のようです。

去年の年末、日本のお友達から、素敵なプレゼントをいただきました↓

徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年 (教育技術MOOK)徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年 (教育技術MOOK)
(2004/07)
陰山 英男

商品詳細を見る


それとこちらと、↓
徹底反復プレ百ます計算―百ます計算をはじめる前にとりくむ本! (教育技術MOOK 陰山メソッド)徹底反復プレ百ます計算―百ます計算をはじめる前にとりくむ本! (教育技術MOOK 陰山メソッド)
(2005/03)
陰山 英男

商品詳細を見る


こちら。↓
<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」
(2002/12/14)
陰山 英男

商品詳細を見る



このプレゼントが届いてから、毎日、(時々は、さぼってますが)
この『徹底反復 音読プリント』の、
「口のトレーニング」部分である「五十音・北原白秋」を
一日2回、7歳児ゴン太に読ませて早、2週間ちかく経ったでしょうか。



いままでは母との会話は、ほぼ、『母=日本語、ゴン太=英語』という図式で、

母が何度、「日本語で聞かれたら日本語で返事をするように」とお願いしようが、
注意をしようが、まったく日本語で返事をする気さらさらナシ!
だったゴン太でありましたが、


近頃、ほんの少しではありますが、変化が見られてくるようになりました。


何が大きく変わったかというと、
何と言っても、

○音読を毎日続けていることで、いままでのような「つたない」日本語から、
多少「スムーズ」な日本語に変わりつつあること、

(日本語のリズムがちょっと分かりつつある?)

○本人が、日本語を話すことを「苦」と思わなくなってきている(?)ように感じられること、
(舌&口の筋肉の使い方が、英語と日本語では違うため、口の動きを訓練することで
よりスムーズに発声でき、日本語でも「楽」だと感じられるようになってきつつある?)


○毎日日本語を音読して聞いているので、日本語で『聞く』ことも「苦」でなくなりつつあること、
(いままでは英語のほうが飲み込みが早く、日本語でいうと、「英語で言って!」と文句を言われること多々あった)

○文法的にも音的にも美しい日本語を音読しているので、日本語の文法面(主語+述語の並び)が以前よりも正しくなりつつあること、

の4点ではないかと思われます。


今までも、絵本の音読や「いちねんせいのよみもの」といった本で
音読を試みてはいましたが、

なんせ、「にほんごぎらい」になりつつあったゴン太相手に
こくごの教科書を家で1ページ読ませるのも大変だったのですが、

この「音読プリント」は、
『本でなく、ペラペラのプリント1枚だけ読めばいい』のと、
『1ページで完結する!』という、きりの良さが、

(実際はプリント1まいだけでも、教科書1ページよりも長いんだけど。爆!!)

本人にとっては、とてもうれしかったようで、

毎日、文句も言わずに音読しております♪


読む文字数よりも、「1まいだけ」と、見た目で判断するところなんか、
2年生といっても、まだまだ可愛いもんです。



上にあげた4番目の「文法的に正しく」というのは、
英語でも一緒で、

ゴン太がインターでOxford Reading Treeの音読を始めてから、
一気に「文法的に正しい」英語で話す&書くことがうまくなってきたのを
感じたこともあり、

ただやみくもに、なんでも音読する、というのでは
この4番目の「文法的、音的に美しく正しい」言語は習得するのが
難しい・・・ということを
今回の「音読プリント」でも実感いたしました。。。


「美しい文章は、声にだして読んでこそ、価値がある」、

たぶんそんなところなんだと思います。


特に、この「音読プリント」では、
「梅の実落ちても見もしまい」を、
「うめのみお、ちてもみもしまい」と読んでいるぐらいですから、
現時点で内容は分かってはいないし、

「本文の全容」までなどにいたっては、
現時点では、とうてい理解不能な状態なんじゃないかと思います。


でも、いまこうやって「美しい日本語たるもの」をインプットしておけば、
ある時、(いつになるかは分からないけれど)とつぜん、
日常の中でふとその内容とリンクされる日がくる(はず)、ということが、
母にもうっすらながら、理解出来るようになってきました。

内容の理解は、大きくなってからすればいい。

とりあえず今は、音読して、頭を鍛えて、
脳のなかに「日本語の小部屋」が作れるように。

ついでに、正しい日本語の文法も自然と身につけば万々歳だわ、というノリで、
今日も明日も、こりずに
音読プリントを音読させております。


今年は年初めから、思いがけず、順調路線を行っている我が家の日本語学習でありました。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
Rieちゃん&Lotusちゃんママ、ありがとう~!!
音読プリントはこちらでゴンがお世話になっている日本語教室の
他の方にも見てもらえるように貸出中です。是非お試しください!

スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

できることには、時期がある

今回、ゴン太とショウ太の2人を連れて
ニッポンに1週間滞在し、
2人のこどもたちの、普段とは違った面を
垣間見ることができたように思います。


ゴン太の日本語は、まだ七田式プリントCレベルがやっと一人でこなせる程度。

日本語で話すとなると、まだまだ「えっと~、うんと~・・・」と、
話している時間よりも言葉をやっとこさ探し出すための時間のほうが
長い(!)場合も多々あります。



英語に関しては、
いちおうマングリッシュ風ではあっても
英語メインのインター通いなので、

つたない日本語よりは
「意思疎通の手段」としてみればまだ、レベルが高い方。
(文法面・語彙力面ではまだまだ「バイリンガル」と呼べるレベルではないのだけれど。)



そんな状態のゴン太ですが、
ニッポン到着2日目の夜、
母がお風呂に入っている間に
こんなものを自力で書いておりました。
↓ ↓
Gon Japanese

あ、関係ないけど、ポストイットがめちゃくちゃ古いものでしたね(笑)。ちょっとタイムリー?
実家の引き出しを片づけていたらどこかから出てきたもの。


ウチのばあばは、英語で書いても話しても分からないので
ゴン太なりに気を使って、日本語で書いていたようです。


なんだかね、ニコニコ笑顔でうれしそう~♪に作文しているゴン太が
1年前、2年前と比べたら
グンっと成長したように思えました。


1年ほど前に一時帰国した時は、「I don't know what to say to ばあば~」と、
関空着直後に心細そうにすり寄ってきていたのに。

他人に気を使うなんてことも、いままで無かったもんなぁ。


2年前(5歳ごろ)といえば、ちょうど日本からマレーシアに戻って、
ABCもあいうえおも、123もかけず読めず、エンピツも握れず、
マレーシアではごく一般的な、「お勉強色の強い幼稚園」から
入園拒否までされて、
「この先、マレーシアでやっていけるんだろうか~・・」と
お先真っ暗状態でしたが、

1年後にはESL無しで、一応インターに入れてもらえるだけの英語力は
なんとか身に付き、

そして7歳直前の今は、

「日本語で話すべき相手に対しては日本語で話す努力をし、
英語で話してもよい場合は英語に切り替える」
という、

状況把握スキルとでもいうようなものも、
(ほんのちょっとだけど)身についてきだした様に思えます。

まあ、良く言えば「状況把握スキル」、悪く言えば、「気ぃ使いぃ~な小心者」とも
とれなくもないんだけど(笑)。


言葉ってのは、「使ってナンボ」のものだと思うし、
こどもたち2人には、「言語で飯を食う」ような職よりは、もっと
広い意味での技術や知識を備えていてほしいと思っているので、
「何歳で何ヶ国語が話せる!」云々というのには、
実はあんまり興味がない。。。というのが本音。




ちょっと(かなり?)話がそれるけれど、
キッザニアにいった日のこと。

4歳児ぐらいの男の子連れのパパ&ママがいて、
そのパパはその男の子に対して、めちゃくちゃ腹を立てている場面に
出くわしました。

その男の子は、こどもだけしか入れない「お仕事体験ブース」に一人で入るのが
もう、こわくてこわくて仕方がなく、「ママもいっしょ~(号泣)!」と、
ママの手を放そうとせず、
入場後すでに2時間程度たった時点でもまだ一つも「お仕事体験」ができていない
状況だった様子でした。

同い年ぐらいのショウ太が、みなさんに迷惑をおかけしながらも
一人で電車の運転士さんの格好をしているのを見たそのパパは、

「ほらっ、このおにいちゃん(たぶんショウ太のほうが年下だとおもう・・)だって、
ちゃんと一人で『お仕事』してるやないかっ!!」
と、一喝。

そう言われた号泣中の男の子は、さらに大泣きしちゃってました。


こどもが「お仕事たいけん」しなかった場合、
入場料の3,700円は無駄になっちゃうわけだし、
親にとっちゃ~、イタイわけです。

めっちゃ、わかるよ~、その気持ち!

ゴン太だって、4歳直前当時は、ディズニーランドへ行っても
乗り物に乗ること自体が怖くて仕方がなくて、
ひたすらパレードとショーだけを見てたもの。

当時は、「年間パスポート買ってるのに、乗らなきゃ損やん!」と
腹も立てたもんです。

こどもが何か物事を出来るようになるのは、
その時はとても長い期間かかるように思えるけれど、
あとで振り返ると、「あら、たったの1年で?」と
驚くほど成長が早いものなのだということを、
今回しみじみ実感しました。

号泣していた男の子の3,700円も、いつか元を取れる日が
きっと来るよ、な~んて思いながら、昔のゴン太を思い出したりしてました。


こどもたちが自分の力で、
本当に出来るようになる日がくるまでは、

いろんなことを見たり聞いたり、体験し、
ひたすらPractice(練習)あるのみ!ってところでしょうか。


3歩進んで2歩下がる、歩みの遅い亀一家ではありますが、
時期がくるまで下積みしながら待つことも、大切だなぁ、と
思わされたニッポン滞在でありました。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

とらぬタヌキの皮算用

今週は、パパがずっと出張中なので
毎朝、毎夕、ゴン太の通うNスクールまで、
片道三十数キロを母が2往復しております。

計算しやすく30Kmとして × 4回=120キロメートル。

おお~、なかなか走っております!!

おかげでブログを更新する暇もなく、文字通り「走り回って」いる状態。

ちなみに、いつもは朝に超渋滞する、魔のラウンドアバウト地点ですが
現在はマレーシアのローカルスクールのほとんどがスクールホリデー中で
お休みなので、

もう、ス~イスイ。

スクール・ホリディが一般の学校と違うってのは、こういうメリット面もあったんだわ。


とまあ、前置きは置いておいて、

最近のゴン太の日本語学習、珍しく、かなり調子よさげです。

5月中旬ぐらいから、
自宅での日本語教材に「七田式プリントC」の「もじ」プリントを
毎日2ページするようにしたところ、

本人でさえ、
「これ、たのしい~!」
などと笑顔まで作って、毎日ほとんど欠かさず必ず2ページ終えております。

(実はこれ、確か対象は、幼稚園児ぐらいだったはずなんだけど。どうりで「たのしい」はずだわ。)

ちょうど、5月初めには日本からのお友達のピカちゃんと、
終日、日本語で会話(ゴン太はもっぱら聞き役だったが)していたことも
あったので、

「このプリントをしようね♪」と持ちだしたら、「ホイホイ♪」と乗ってきた、というわけでした。

毎日2ページだけ。
それも、絵がほとんど、
書くところも数行だけ、
よむところも、問題文と、ほんの数行だけ。

これなら、あのゴン太でも、続けられます。

本当は、このプリントには「ちえ」、「もじ」、「かず」の3種類があって、
一日各プリントを1枚、計3枚ずつする、ということらしいけれど、
ウチでは、いちばん苦手な「もじ」(日本語)だけをとりあえず使うことにしました。

本当は「かず」も「ちえ」も、全部できればいいんだけど。
ゴン太の、「ボクゥ、これ、もう、わかるよぅ~」が聞こえてきそうだったので、
とりあえず「もじ」だけ。

まあ、6歳児に4歳児~5歳児ぐらい向けのプリントをやらせているのですから、
別にスゴくもなんともないんですが、

このプリントの構成が、またゴン太にはうってつけ。

「難しくなってきつつある」ということを、ぜったいに、
プリントをしている本人には気付かせないようなつくり。

これってゴン太のようなトコトンお勉強嫌い系には、かなりポイント高いです。

これが4歳児ぐらいで出来てたら、
「真の優等生」になれてるんだろうなぁ~(遠い目)・・・・・


(我が家には「優等生」という言葉とは、縁がない。)



毎日2ページやっているので、5月中旬から始めたのに、
もう2冊目後半に行ってしまったことに先日ふと気が付き、

「あと何日、何か月でプリントが全部おわるだろう?」とふと、
計算してしまったのでした。

するとなんと!

あと3.5か月もすれば、このプリントCの「もじ」が終わってしまう~!!ってことは、今年中じゃない?!え~!マジ?←(よろこび)

9月以降の教材、また探さなきゃいけない?もしかして~???←(めんどう)
  ↑
(注:このプリントCは昔のバージョンなので、合計8冊までしかない。ニューバージョンは10冊あるようです。しかもオールカラーらしい)


・・・・


な~んて、すっかり「とらぬタヌキの皮算用」までしてしまっているではないですか。


ちなみに、家でこれまた4月中旬ごろから始めたこちらも↓
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)
(2003/05)
Gail TuchmanLisa Trumbauer

商品詳細を見る


毎日2ページだけ、じぶんで読ませて解答させてますが、
ついでにこの残りページも概算してみたら、
これまた
9月には終わっちゃうじゃない~!

・・・って、もう1年生も3学期なので、この100WordsのGrade1は、出来て当たり前、9月までに終わらせなきゃ~いけないと、もっとアセるべきだったのか?・・・・なんて思ったりもしながら、

それでも
「毎日2ページだけ」なのに、こ~んなにいろいろ出来ちゃうんだなぁ~♪

と、まだ終わってもいないのに、すっかり感慨にひたってしまった、タヌキを数える母。


教訓: 「数えるのは、タヌキをとったあとにしましょう。」


3学期は7月中旬で終わってしまうんだし、
その後は世にも恐ろしい、「夏休み~」が来てしまうことですし・・・

なにが起こるか予想もつかないのが、子育て。
それもまた、見方をかえれば、
たのしいのかもしれないのだけど。

それでもやっぱり、「とらぬタヌキ」じゃなくって、
着実に、 「とれるタヌキ」にできるようになったら、いいなぁ・・・

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪

今朝は、ゴン太を送ったついでに5年生のステージ発表も観てきちゃいました♪
詩の朗読、打楽器演奏、ラインダンスなど、「技」を見せつけてくれました~!
さすがに5年生、めちゃくちゃしっかりしてましたねっ!
4年生のママ友さんいわく、
「担任によっても、違うのよ~・・・」だって。
(担任はゴン太の担任のダンナ様で、これまたキッチリ系。)
そうね、やっぱり学校は、先生ひとりで良くも悪くもなるものなのよ。。。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

やっぱり辞書が好き。

実を言うと、私は辞書が好きなんです。

幼稚園児のころは、

親が持っていた英和辞典なんかが妙に格好よく思えて、

どこかでかじり聞いた、「読んだページは記憶するために、食べてしまう」(注:ドラえもんの暗記パンじゃないです)という誰か忘れたけれどその誰かが行っていたという行為が、やけに大人びて格好よい行為に思えてしまい、

さすがに食べはしなかったけれど、

親の辞書を勝手にびりびり破いて、 

(もちろん覚えてなんかいないし、読めもしなかったのだが)


くちゃくちゃにして捨てて(?!)しまっていたことさえあります。

(ただのアホ。)



たぶん、今考えてみたら、
幼稚園児にとって、
なにやらよくわからない
難しい文言がつづられている分厚い本が、
とてもとても格好よく見えたために、
一種の「あこがれ」的な思いがあったからなのかもしれません。


親には、「アナタ (あれっ?ワタシですかい?) がページをいっぱい破いてしまったから、辞書が全くつかいものにならないじゃないのっ!」とクレームをつけられ、

『でも、普段つかってないんじゃなかったっけ?』・・・な~んて屁理屈は、当時は恐れ多くて口には出せず、ただひたすら「あはははは~」と笑ってごまかしていたような記憶があります。


ところで、そんな幼少時代を送ったワタクシですが、

いまだに「辞書」やら「辞典」という言葉にはとても弱く、

本屋に立ち寄ったら、ついつい「辞書」をみてしまうのですが、


そういえば子供用の日本語辞典では、
三省堂こどもことば絵じてんを御餞別で頂いたほかは、

小学生でも使えるような
よいものを持っていなかった!と思い立ち、

ちょうどGW中に日本から我が家に遊びに来てくれたピカちゃん一家に(毎度のごとく)お願いして、国語辞典を持ってきていただいたのでありました♪(重いのに、スミマセン&ありがとうございました。)

それがこちら↓
くもんの学習国語辞典くもんの学習国語辞典
(2002/02/01)
村石 昭三

商品詳細を見る


これ、いまのゴン太(小学校1年生)には、かなり使いやすい。


三省堂の絵辞典のほうは、すべてが絵で表現されているので、
絵を見ればすぐにわかる仕組みなのと、
反対ことばもでてきたり、例文も書いてあっていいことはいいのだけれど、

語彙数が小学1年生にはちょっと少ない。
 ↑
(補足: 3歳児ショウ太が絵を見てことばを認識していく分には、充分すぎるぐらい充実しております。)


語彙力が底辺あたりで這いつくばっているようなレベルのゴン太なので、二言目には、「それ、なんていういみ~?」といちいち聞いてくる。

そういうときに、この「学習国語辞典」だと、
かなりの確率でその単語が載っているではありませんか!!
まあ、辞書なんだから、調べたい単語が載ってなきゃ、使えない、とも言えるんだけど。

「学習」っていう言葉が辞書の名前の中に入っているだけあって、本当に学習するための辞書なんだなぁ、と実感しました。


たとえば、
最近やけに世界について興味を持ちだしたゴン太に、と思って、
辞書と一緒に日本から持ってきてもらった、この本↓

10才までに知っておきたい 世の中まるごとガイドブック基礎編 (きっずジャポニカ・セレクション)10才までに知っておきたい 世の中まるごとガイドブック基礎編 (きっずジャポニカ・セレクション)
(2007/03/10)
池上 彰

商品詳細を見る


の中にのっていた、「しょくみんち(植民地・Colony)」という言葉も、
『ある国の領土にされて、その国に治められている地域』などと説明がされていました。

まあ、「治める」という単語も分からず、
さらに引いているようなゴン太なので、
母がさらに噛み砕いて説明をして、やっと
わかったような、わからないような感じなので、

この学習国語辞典の説明だけで完璧なまでの理解は、まだ出来ないし、こども向けに簡素化して説明されているのもあって、親が補足して具体例を上げてあげないといけない、というのはあるけれど、とりあえずは「辞書の入門書」としての機能としてみれば上出来だと思いました。

(ちなみに、「しょくみんち」についての説明をするのに、地球儀持ち出してきて、約30分間いろんな国について具体例をあげさせられました。親って、大変だわっ!予習しとかなきゃ。)

中国語の宿題をする時は「図画辞典」を自分で引いて漢字を書いていますが、漢字の画数で引かずにあいうえお順で引く「国語辞典」というのは、まだ慣れていない様子。

国語辞典をひくことで、あいうえおの順序も、もっとしっかり覚えられることでしょう。。。

目安は、3年生ぐらいまでに自分で引いて読んで理解できるようになれば、上出来かな?

「長期的目標」として掲げてみました。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
最近なにかと忙しくて、書きたいことはいっぱいなのに、書く暇がない。とにかく6月一週目が早くおわってくれ~!という感じです。


テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア 海外で日本語

アニメで日本語インプット

ここ最近ゴン太の日本語学習はあまり
はかどっておりません。

理由は、
くもんの宿題が、やっと「ひきざん」になってから、
くもんの宿題だけで手一杯な日が多かったり、

早くできないから、「いやだ~!うえ~ん!ぎゃお~ん!」とおお泣きし、一日分をやるだけで30分プラス泣いている時間約30分、の、計1時間かかる場合さえある。。。


学校の宿題がちょっとずつ難しくなってきていることや、

ちょうどいい程度の日本語教材が手元になかったりする、というのが主なのですが、

(*「論理エンジン」の読解編は、難しすぎて読むだけでダウンしてしまった!ので、一年の総まとめとして来年ぐらいには登場できる・・・かも?という状態)

とにかく、
日々ちょっとでも日本語に触れておかなくては、と思う割に、日本語率が落ちている状態の4月だったので、

ここらでちょっと、作戦をかえてみることにしました。


もともと机に向ってお勉強するなんて、とんでもない!というようなゴン太だし、「読めても、中身がまるっきり分かってない!」ようなひどい有様なので、

もうすこしインプットを増やしたいなぁ、と思っていたところに、
たまたまYou Tubeでいろいろ見ていたら、
「銀河鉄道999(テレビ)」の最終回にぶち当たり、

「おっ、なつかしいじゃん!ぜひ見てみよう~」と、母が見ているところへ

いやしい系電車オトコのショウ太が来て、もう、画面に釘付け!



ショウ太が何度も「銀河鉄道999」の最終回を見たがるようになったので、ちょうど日本からもうすぐ来てくれるピカちゃん一家に頼んで買ってきてもらおうかしら?なんてパパに言っていたら、

週末、パパがDVDショップからこんなモノを入手してきてくれました↓
銀河鉄道物語 DVD-BOX銀河鉄道物語 DVD-BOX
(2005/12/22)
矢薙直樹井上和彦

商品詳細を見る



こんな物語があったなんて、今の今までしらんかった。

(マレーシアでも日本語版で売ってました)


なんだか、「宇宙戦艦ヤマト」ばりの美男美女が登場する、「999」みたいな、でも全然「999」とはまったく別なので(母はちょっとガッカリ)999を知らなくても話が理解できる、という宇宙を飛ぶ列車たちの管理&ポリス・ストーリー的なお話。

たまたまゴン太がお昼寝中だったので、電車好きショウ太に見せていたところに
ゴン太も起きてきて、一緒にアニメ観賞していたら、

「ボクゥ~、このお話、すきぃ~!もっと見るぅ~!」と、
ショウ太よりもゴン太のほうが夢中で見始めた!


どうやら、「電車しか興味ない」3歳児には、ストーリーがややこしすぎたみたい。

もうちょっと前後関係の把握ができる6歳児には、楽しめた様子でした。


怖がりなゴン太は、実は「ウルトラマン」(←今は「ウルトラマン・ダイナ」をやっている)でさえも怖がって見ようとしないのだけど、この「物語」ではあまりグロテスクな怪獣たちが出てこないので、安心して見ているようです。


そういえば、うちのケロッグのオマケDVDで出てくる宇宙飛行士の山崎さんも、インタビューで「子供のころ、宇宙戦艦ヤマトとか銀河鉄道999が好きでよく見ていた」と言っていた!

同年代の母も好きで、よく見たさ~。

もしや、このまま「宇宙モノ」を見続けさせれば、
末は「宇宙飛行士」か?!!

・・・
な~んて、またもや、オバカな発想をしてしまいましたが、

良く考えてみれば、同じ「宇宙モノ」を見て育った同年代でも、

一方は宇宙に羽ばたく「宇宙飛行士」、

もう一方は、ただの主婦・・・

どこでどう道を誤ったんだろう???



ま、宇宙アニメを見ているだけでは、「宇宙飛行士」にはなれませんぞ!
という良い例が
こ~んな身近にありました。


ということで、とりあえず「宇宙飛行士」という夢は置いておき、
ただ単に「日本語をいっぱい聞く!」という目的のみに使うことにしておきました。

日本語の教材は、ひきつづき「読み物」の音読と読み聞かせ、

それに、

実は!数年前にヤフーのオークション(一時期、ハマってました・・)で購入したグッズのオマケに「七田チャイルドアカデミー」の「プリントC」のデータをいただいていたのを発掘したので、

ここらでプリントC程度からやっていこうじゃないか?ということになりそうです。

(「なりそうです」というのは、まだデータをプリントアウトできていない状況だからです。プリンターの電源コードがなくなって、家では印刷できない我が家・・・)

出来ない時は、基本に戻ろう・・

簡単なところから、ちょっとずつでも理解できるようになっていけば、まあ、いいよね?
(自分に言い聞かせてます。)

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪


テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア 日本語アニメ

日本の教科書、1年生

今日からゴン太の通うNスクールはイースターホリデーでお休みです。

朝からずーーーーーっと、「次は何する~?」とうるさいゴン太・・

近所のプールに泳ぎにいく?と聞くと、

「あそこは水がVery Coooold!だから、いやだぁ~。」と文句をいう。

たしかに、この真夏の国でさえ、めずらしく水が冷たすぎるんだけど。


ショウ太の幼稚園お迎えとお昼ごはんが済んだあとも、

「つぎ、なにしてあそぶぅ~?」とうるさくするので、

在マレーシア日本大使館(KL)に出向いて

ゴン太の新一年生用教科書の受け取りに行ってまいりました♪

(教科書受領にはは昨年9月ごろの申込が必要です。)



たまたま大使館に行ったら、

ゴン太も参加している日本語教室の親子Eさんにばったり出会って、

順番がくるまで、いろいろ立ち話。

そこでいろんなお話を伺えました。

MM2Hのお話やら、その他、我が家でも気になっている事柄などなど、

いろいろ経験豊富な方で、ちょっとの時間だったけれど、本当にいろんな事を
教えていただけました。ありがとう、Eさん!

立ち話中に、教科書の話にもなり、

「小学生の間は、前期と後期の2回(一年間で2冊)、教科書の配布が行われる」ということを、その場で始めて知った母!!

前期の教科書受領とともに、後期分の申込もしておいたらいいですよ~♪と
教えてもらって、

さっそく前期半年分の教科書受領の際に、後期分の申込書をいただいて申し込みしてきました。

そうかぁ。最近の教科書は、半年ごとに替わるのね。勉強になった。


さて、受け取った教科書は、

こくご、さんすう、書写、おんがく、せいかつ、ずがこうさく の6冊。

半年分だから、本当に薄い。

昔は、ランドセルがパンパンになるぐらい、教科書にノートに、たて笛に体操服に、
詰め込んでいたような気がしたけれど、

最近の小学生は、こんな薄い教科書で、スマートに登校しているのかなぁ。

しかも、最近の小学校は、「たて笛」ではなく、鍵盤式の「鍵盤モニカ」。
鍵盤式のほうが、ピアノやエレクトーンに移行しやすいからだとか。

これは保育園時代に聞いた話なので、真偽のほどは???ですが、そう言われてみれば、そんな気も。。

時代とともに使う楽器も変わってくるんですね。


パパが、日本の教科書を見て感想を一言、

「これ、めちゃくちゃ良い紙質じゃないか?! これが公立の教科書か?!」

・・・

う~ん、さすがマレーシアの公立育ちのパパは、言うことが違う!

そういえば、中華小学校に行くパンダちゃんの教科書や副教材は、

けっこう雑なつくりだった・・・ざらざら紙質だったし・・・



ゴン太のNスクールで使ってる教科書はすべて学校の持ち物だし、

(個人のものではなく、学校から借りる方式)

副教材でも、わら半紙風(Abacusとかいうイギリスの出版社のもの)だった。


日本って、やっぱり「品質よし!」が好きなのかも。

小学生時代から、こーんなに素敵な紙質で、写真や絵もいっぱい入っている
教科書を、一人に一冊ずつ、自分のものとして使えるなんて

日本では当たり前のことなのかもしれないけれど、

日本の小学生は、本当に恵まれているよ!きみたちっ!




そして、「せいかつ」という教科書をみていたパパ、感想をもう一言:

「ニッポン人は『みんないっしょ』が、どうしてこんなに好きなのか?!」


・・・・

見てみたら、ほんとうに「みんなで一緒にがっこうのなかをみよう」や、
「みんなでたのしく」やら、やたらと「みんな」が強調されていた。

日本人の結束が固く、団結してできるところは、小学1年生からの
「みんないっしょ」教育のおかげなのかもしれません。

と、同時に、
外国人にとっては、

「なんでニッポン人はいつも集団でしか行動しないんだ?」
みたいな風に映ってしまうのかもしれないなぁ、とも思ったり。


これもお国柄や、教育の重点の置き方をどこにするかで、国によって
いろいろ変わってくるんでしょうね。

・・・な~んて、

今日も、教科書の話題ひとつで、こんなに長く引っ張ってしまいました(汗)。

さて、教科書も入手できたことだし、日本語の学習も細々ながら、
続けていこう~♪

(また無理やり〆てます。)

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
ゴン太の学校が休みで、毎日とても大変になりそうな予感が・・・

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール 中華小学校

[海外で日本語] 論理エンジン、到着 ♪

先日、日本の実家から、「論理エンジン」小学生版1年生がとどきました。↓

かんじ・ことばのきまりトレーニング―読み,書き,意味をまとめておぼえる! (1年生) (論理エンジン方式)かんじ・ことばのきまりトレーニング―読み,書き,意味をまとめておぼえる! (1年生) (論理エンジン方式)
(2006/04)
出口 汪

商品詳細を見る


どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 1年生 小学生 (1)どっかい・さくぶんトレーニングろんりエンジン 1年生 小学生 (1)
(2007/04)
不明

商品詳細を見る


最初は、「漢字と言葉のきまりトレーニング」はいらないかなぁ~。。と思ったんだけど、
「どっかい・さくぶんトレーニング」一冊だけだと送料無料にならないのもあって、
思い切って「かんじ」のドリルも買ってみました。 (←せこい?!)

かんじ・ことばのきまりトレーニングでは:

あいうえおと、カタカナアイウエオの練習、
練習の直後に「テスト」部分があり、定着したかを試し、

その後一年生で習う漢字(音読み、訓読みと例文つき)の練習、

裏ページはその前のページで習った漢字のテスト、

後半には「かくにんテスト」という1ページのテストがあって、

その後は「ことばのきまり」を説明してくれるページ、

さらに、「ことばのきまり」がどれだけ理解できたかを測れる「れんしゅうもんだい」、

「発展学習」のページでは、おぼえた漢字で作文するページ、

そして「学年別配当漢字一覧(だいたい各学年200字ぐらいが載っている)、

〆には、「漢検10級」れんしゅうもんだい

・・・なんてものまで盛りだくさんです。

これは「ついでに買っちゃえ~」というノリで買ったわりに、
かなり良書であったことに今更気づき、
「買って、よかった !」と、
水王舎さんが「どっかい・さくぶん」を1,500円以内に設定してくれていたことに感謝!!です。
(1,500円以上だったら、1冊だけで無料配達なもんで。)

カタカナをまだ書けない、読めないゴン太には、ちょうどカタカナの練習も始めにあって、

しかも、漢字のルビがカタカナでかかれてあって読み方まで勉強できる、という
こまかい仕掛けが、さらに気に入ってます。


そして、
どっかい・さくぶんトレーニングのほうは:

レベル10までの問題文(長文?)に対し、
各ステップ5までの質問があり、

ステップごとに本文の内容を徐々に理解していく構成。

なんといっても、この「どっかい・さくぶんトレーニング」のほうは、
「保護者用の解答と解説」がめちゃくちゃ充実している!というのがスゴイ。

『これは、保護者を教育するための本かも?!』とさえ思えるぐらい。

手取り足取り!どんな親でも教えられそうだ。


この解説を読むと、「日本語って、奥が深いわぁ」と思いました。

長文は、B5ぐらいの大きさの用紙2ページぐらいまでの物なのですが、
うちのゴン太に一気に読ませるには、まだちょっと長い?ぐらいに思えます。
それでも、
ステップごとに問題が区切られているので、ひとつの文章を5日間にわたって
読んで問題を解く、というやり方でも十分なぐらい。

とにかく我が家では、「読むこと」がまだまだ不足している状態なので、
このステップごとに1ページに分かれて書かれてある構成もちょうど良い♪

もっと日本語能力の高いお子さんたちだったら、
「問題が少なすぎる~」ということになるかもしれないけれど、
我が家のゴンには、多すぎず、少なすぎず、ちょうどよい分量です。

今は、「しまじろう」の「こくごさんすう準備ワーク」3月号をしているので、
これが終わったら、さっそく「論理エンジン」、やってみようと思います♪

母の論理能力も、これでちょっとは上がるかな?

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
今日は午後から、ゴン太のNスクールで、CHILD-LED-Parents-Conferenceがあります。ゴン太、ちゃんと自分で自己評価、できるかな~。ドキドキ♪

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : 海外で日本語、論理エンジン

音読のススメ

ゴン太は、とてもぎこちない日本語を話します。

いや、「話す」というと、語弊があるような気もする。


彼の場合は、「流れるようにスムーズに日本語だけを使って話す」というのではなく、

英語で分からない単語だけが日本語の単語に入れ替わっていたり、

日本語のほうが適切?と思われる(本人が勝手にそう思っている場合が多い)部分の
単語だけが日本語になっていたり、

「え~、なんで?」やら「ほんとう?」などといった感嘆句などの部分だけが
日本語になっていたりします。

母(私)は終日、外出先だろうが家だろうが、他に英語を話す人たちばかりの中だろうが、
ゴン太とショウ太にむかって話す場合は、かならず日本語をまず先に使うようにしています。

が。

やはり、母←(ひとりだけ)が話すだけでは、圧倒的にインプットの量が足りなすぎ


他に日本語を話すお友達に毎日会えるわけではないので、

できるだけ家では日本語のCDや番組を見せたり聞いたりさせるようにしたいのだけれど、

3歳児ショウ太がまず「日本語のCD、DVDを嫌がる(宇宙DVDとしまじろうは別)!」(ゴン太の場合もそうだった。。。)ようになってきだして、

家にある「にほんごであそぼ」CDや、しちだの「いえるかな」CDなどをかけても、
ショウタが勝手にCDプレーヤーを操作して消してしまう、という具合です。


そういうわけで、我が家ではなかなか音声インプットが難しいというのが現状だったりします。
  ↑ ↑
(今度は寝ている間に日本語の音声を流す、「睡眠学習」をたくらんでいる母だった。)


そんな状況なので、

今度は、ショウ太も日本語にもっと触れられて、ゴン太も日本語の練習になるように、

ゴン太に「音読」を毎日させてみることにしました。

いままでも、こどもちゃれんじ「しまじろう」の「キッズワーク(今は入学前の特集で「こくごさんすうじゅんびワーク」という名前になっている)」にある問題文や説明文は
とりあえずすべて音読させてきたんだけれど、

毎日声にだして読まされている部分は、かなりスムーズに「話す」ような感じで読めるようになってきたので、

今度はよんでおきたい 1ねんせいのよみものという本を、一日に1ページ弱ずつふやして読ませるようにしてみました。



ゴン太が読んだあとに母も読んで聞かせるというのを続けたところ、

まだ初めて4日ぐらいしか経っていないんですが、

お話の最初の部分は、毎回読まされているので
かなりスムーズになってきました。


「かえるの王さま」というイソップ物語のおはなしなんだけど、
文章内に、ちょこっとだけ漢字(出始めはルビつき、2回目以降に漢字が出ると、ルビなし)も入っています。

最初にルビが打ってあるので、「王さま」や、「水」、「天」などは、(中国語で習ってるから、中国語読みは出来るんだけど)最初のルビ部分で日本語の読み方も覚えられるし、

カタカナがまだ読めない&書けないゴンでも、こちらもひらがなのルビがふってあるので、カタカナの練習にもなって、1度でかなり美味しい♪ という状態です。



はじめは、

いつも最初から読まされて、だんだん日を追うごとに長く読まされるのがイヤで、
「今日は途中から~!」と言ってましたが、

ここはスパルタ星人となり、心を鬼? ←(おおげさ、再び。)にして毎日はじめから読ませていたら、

昨日、出だしの1ページがとてもスムーズに読めるようになってきたことが自分でもわかって、

「なんで~?ママの言うことはいつも正しい~?」(←しかも日本語で。) とニコニコ顔で言ってきた。
  ↑
(注:こんな母の言うことが「いつも正しい」なんてことは、あり得ない!んだけど、本人がそう言うので、とりあえず笑顔で「そうね~♪」と言っておいた)


音読って、とても重要。

流れるように読めるようにするのも、重要。


そんな、流れるように読む自分の声が耳から入り、さらに脳の活性化につながり、老化まで予防してくれるという、すぐれものの音読!(あ、これは母の場合でした。)


つっかえながらいっぱい量をこなすよりは、

ひとつをしっかり、

スムーズに読めるように、ついでに覚えるぐらいまで読むほうが、
なんとなくワタシ的には性に合っている。

もうちょっと子供たちが大きくなったら、
シャドウイングという、聞いた音をそのまま丸ごと口に出す練習も取り入れてみたいなぁ♪

あと、ディクテーションも♪

なんだか楽しみが増えてきだした、ゴン太の日本語学習です♪

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
ウチの叔母さんに4~5年前おしえてもらった、「読み、書き、けいさん」の学習方法も書きたかったんだけど、長くなったので、また次回~! 今や著名な方となられた先生の、直の教え子がその後教師になって、いとこたちの担任になったときに教えてもらった学習法だと聞いた覚えが・・・

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア 海外で日本語 こどもちゃれんじ 音読

アウトプットはインプットの後から。

今年1月から、月2回、とある会で行われている「日本語教室」に通い始めたゴン太。

今はMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)で来られている日本人の先生が
教室で教えてくださっているけれど、

もともとは
この教室では保護者が主体となって運営しているため、

先生が日本に一時帰国中の3月は、
保護者たちが先生のかわりになって、
プリントをしている生徒たちの質問に答えて机の間を廻らなければなりません。

ゴン太が恥ずかしがり屋なので「ママ~、教室の中にいて~。でも近寄らないで~」←(勝手なやつだ!)というので、1月にこの教室にお世話になりはじめてからずっと

ゴン太の日本語教室のときは
母も一緒に教室で、ほかの生徒さんたちの様子もみておりました。

そこで感じたのは:

やっぱり、

教室に来ていきなりプリント(くもん風にプリントを独自でやる)するだけでは、日本語(や、他の言語も)は上達しない

ということ。

プリントにある絵を見ても、「これ何?」と、言葉自体がまず浮かんでこない。

結局、ヘルパーとなる保護者側は、その場ではじめて、「これは『かば』という」とか、
「こっちは『しょくどう』」などと、教えることになり、

とりあえず答えがわかった子供たち(ゴン含む)は、うれしそうにプリントに答えを書くんだけれど、その答えを定着させるためには、自宅に帰ってからの復習が欠かせません。


(一回書いたぐらいでは、とてもじゃないけれど覚えられないゴン。
ウチでは復習として、毎日プリントを読む練習をしています。)





反対に、ゴン太の学校の英語の単語テスト宿題や、ほかの宿題をみていると、

まずゴンの場合はスペルがぐちゃぐちゃではあるけれど、

「作文」しようと思うときに、ちゃんと自分で構成を考えてから、

「ママ~、この単語どう書くの?」と聞いてきます。


自分の言いたいこと、書きたいことが、頭の中で、言葉としてしっかり蓄積されているため、

あとはスペルをしっかり覚えさえすれば、

話すことも書くことも出来るようになるのは時間の問題かな、という感じ。

(時々文法的に間違ってはいるけれど。)


日本語も、これ(英語)ぐらいはせめて出来て欲しい。



我が家はインターナショナルスクールに通っているとはいえ、根っからの庶民なので、

大学はできれば、「外国人であろうがなかろうが学費が一律!!」という、
良心的な日本の国公立もしくは安めの私立、

もしくは

両親(私たち)ががんばって貯金して、イギリス・アメリカ(ちょっと遠くて高いよなぁ)・オーストラリアあたりの大学

もしくは、

ゴン&ショウが頑張って、奨学金をもらって大学にいく! ←(これが理想だっ!)

の3つに、選択枠が絞られてしまいます。
(シンガポールの大学という手もありますが、学力的にとても高度な様子なのであまり眼中になかったりする。。)


しかしながら、
多民族国家であるマレーシアでは、ゴン太&ショウ太のような、「中華系マレーシア人」というカテゴリーに属する場合、

「マレー系(ブミプトラというステータスのある人たち)」に比べると、
現時点ではまだ、いろいろな面で難しいことが多くあるようです。

奨学金でも、中華系やインド系よりも、まずマレー系から優先して授与されるし、
家を買う場合でも、マレー系だと7%割引があったり、
外資系企業がマレーシアで経営する場合は必ず30%の株はマレー系が保持していないといけない、などの規定があります。


そういう内情もあるため、

我が家(とくに私)では、せっかく日本語を話す親がいるのだから、
「日本の大学も視野にいれて教育しよう!」という方針にかなり固まりつつあるわけです。

そうはいっても、
やっぱり日常でつかう言語(英語)ほどに日本語のインプットができているわけではまったくないため、

日々のプリント学習の時点で、やっとインプットしている、という状況 (汗!)

理想は、日本語で考える脳と英語(中国語・マレー語など)脳が別べつに発達してくれたらいいんだけどなぁ。

なかなか機械のように正確にインプットは出来ないし。

やっぱり、いきつくところは、

もっともっと日本語の本を読まなくっちゃいけません!!

・・・ということになるのかもしれないですね。

アウトプットの前にしっかりインプットしておかなきゃ~!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
ショウ太が家にいるので、翻訳バイトの翻訳文もボロボロです。やばいっ!









テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : マレーシア インターナショナルスクール

進研ゼミ(コラショ) VS 七田小学生プリント(国語)

ゴン太が取っている「こどもちゃれんじ」も、4月からは「小学生講座」にかわります。

マレーシアですでに英語の小学校に通い始めているゴン太に、
進研ゼミの「小学生講座」が、はたして合っているいるのだろうか?
と悩むこと約2か月。

こどもちゃれんじはまだ、海外受講ではなく、日本の実家に送ってもらったものを
実家のじいじ・ばあばがSAL便で転送してくれていました。

小学生講座になると「添削問題」を提出しないといけなくなるので、

実家からのSAL便転送だと
月はじめにマレーシアの我が家にまでは届かず(だいたい10日前後)、

添削の提出期限までに
あせって問題を解かなくてはならない状況になってしまうのが目に見えています。

小学生講座を受ける場合は、やっぱり高くても「海外受講」という形で受講しないといけないなぁ、とおもってはいたけれど、
またまたナマケモノの母は、
いつものごとく「決断を後まわし」にしておりました。

そして今日やっと、
そろそろ決断しなくては!と思い立ち、ネットで退会方法を調べていたら、
ががーん!

ネットじゃ、解約できない・・・


電話かFAX,もしくは受講のしおりについているハガキでの連絡のみ受け付け、となっていました。

しかも、退会の申し出は「前月の5日まで」。

(例では、「10月号で退会のばあいは9月5日までに申し出」となっていて、この10月号で、という部分が、「10月号を受講したあと11月号はいらない、という意味なのか、10月号からもういらない、という意味かが今一つよくわからなかった母・・)

日本語さえも理解不能になっているアホな私。

今日はもう2月8日・・・

もしかして、4月からの小学生講座、日本の住所で受講しないといけないのかしら???


明日のあさにでもお電話して確認することにしました。(日曜は受付がしまっているらしい)


まあ、とにかく、小学生講座の4月号が解約できなかったとしても、ちょうど
ゴン太がほしがっていた「めざましコラショ」と「かきじゅんばっちりマシーン」が4月号に
ついてくるはずなので、別にいいと言えばいいんだけれど。



ところで、この進研ゼミの「小学生講座」で、どうしても気になることと言えば;

1.「こくご」は日本語圏に住む小学生対象につくられているため、日本語の語彙が少なすぎるゴン太にはちょっと難しい?(「語彙」を増やすことに注力してはおらず、いきなり読解や内容についての質問になってしまう?)

2.「さんすう」のレベルが、マレーシアの幼稚園年中~年長レベルぐらい?で簡単すぎる?

ということ。

日本語での算数の文章題などはやっておくべきなんだろうと思うんだけど、

ただでさえ机の前にきちんと座って勉強するのが苦手なゴン太に、

「意味、わかんな~い」という国語や、
「これ、幼稚園でやったじゃん~」という算数の問題をさせたら、

さらに
机の前できちんと勉強する姿勢をなくしてしまうのではないか、という不安がある。

あまりに難しすぎても、簡単すぎても、やる気が一気に蒸発してしまうヤツのことだから、

最適なレベル適度に(本人には悟られない程度に)繰り返し行える教材でなくては意味がない!!と母は思ったわけです。


そこでいろいろと検索して出てきたのが、
「七田式 小学生プリント」。

通信教育では、ドラゼミや日能研の「知の翼」なんかも海外受講ができるんだけど、
あ、あと海外帰国子女財団の通信教育もありましたね、(30年前に母が取っていたが、毎回終わることができずにかなりの無駄となっていた、という苦い経験アリ・・・)

ゴン太の場合は、まず「日本語の語彙を増やす」ことと、「日本語の活用方法を身につける」ことが第一関門なので、

「音読」にも力を入れていて、(暗唱までできればなお可)
「くりかえし練習ができる」もので、
「一日にちょっと(10~20分程度でいい)」でよく、
「添削期日に追われなくて自分のペースでできる」ような教材


・・・ということで、 「しちだの小学生プリント(国語)」がここで一気に浮上してまいりました。


1月からは、月2回だけある「こども日本語教室」に参加し始め、少しは日本語もやる気になってきだしたゴン太ですが、

(自分と同い年か、もっと若い子供が流ちょうに日本語を話せて読めて書けることを目の当たりにして、「ちょっとマズイ?」と思った様子。)

こども日本語教室では、市販の
「くもんのドリル」やその他書店販売の教材を使用しているようなので、

自宅での補強教材には、それ以外のものを使ってみてもいいんじゃなかろうか?
という結論に向かいつつある、というわけでございます。

ちょうど3月15日までは特典付き、という「七田 小学生プリント」、
科目別に購入できる点も、ウチにとっては都合がいいので、
2月中にさらなるリサーチをして、3月には結論を出しておこう、ということに
なりました。

パパに言ったら、「えっ!そんなに高いの?(1年分計10冊で1万5千円程度なんだけど、マレーシアのリンギに換算すると、昨今の円高で、さらに高く思える)」と引かれたけれど、
「ワタシのカード決済なんですが。文句あり?いままでも日本語の絵本や日本で注文したもの(こどもちゃれんじ含む!)はすべてワタシ決済ですが」と言ったら、
無言で承認が下りました。

これだからバイトは辞められないっ!

自由に使えるお金があるって、いいことね~♪

さあ、4月からの一年生講座にむけて、日本語も、がんばっちゃうよ~!!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
人気ブログランキングへ

いつもクリック応援&最後までお付き合い、ありがとう♪
今日もまたダラダラと長文になってしまいました。飲めないくせに、冷えた飲み物がTiger Beerしかなかったので、つい飲んでしまったアホな母。こんな母のくだらない日記に、今日も最後まで付き合ってくださって、本当にありがとう☆

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

Keyword : 進研ゼミ 小学生講座 七田式 海外で日本語

ブックマーク
プロフィール

Molly

Author:Molly
子育ても家事もほどほどに、ナマケモノ街道を一直線。いい加減な性格なわりには、時折、いったん公言したら実行しないと気がすまない頑固一徹オヤジキャラに変身することも。
働いていないと不安を感じる、一般小市民。
マレーシアでの常夏生活から一気に北の国の首都モスクワで節約主婦生活を送ることになりました。

登場人物
ゴン太:旧ソ連邦のウズベキスタンで胎児時代を過ごし、マレーシアで生まれる。2~5歳直前まで日本で生活。5~8歳までマレーシアで過ごし、2011年7月から再度ロシア語圏に逆戻り。母の頑固キャラを受け継いだ、インターナショナルスクールの5年生。
近い将来の夢は、アメリカ・サンディエゴ湾にいって「くじら」を観ること。遠い将来の夢は、「ホテル王」&「スシ・キングのオーナー」になることと、「教授」になって偉そうにすること(爆!)。


ショウ太:ニッポン生まれ。ぜんそく持ちだけど強くてたくましい5歳児。兄の「こどもちゃれんじ」しまじろうDVDと、「ウルトラマン・タロウ」←(いつの時代?!)ををこよなく愛するいやしい系電車オトコ。「ポケモンのサトシ」を気どる2年生。

最近の記事
最近のコメント
コメントいつもありがとう♪ URLもご記入いただける設定に変更しましたのでURLもぜひご記入ください。
ただ今読書中(長男ゴンG5)

★G6になった長男ゴンの語彙力補強用。巻末に出て来た単語のグロッサリーがついていて、意味と例文も載っているので辞書要らずで読み進められます。
Word Smart Junior II, 2nd Edition (Smart Juniors Guide for Grades 6 to 8)

★G6までの夏休み中にまたハマってます。。
The Return of the King (Lord of the Rings 3 Collectors)

★ニッポンの学校に通っている小6夏休みの間に、マブダチGくんたちが修学旅行で「ヒロシマ」に行ったことを聞いたゴン、この本の中にも「ヒロシマ」が出て来るので非常に興味深かったようです。泣きながら読んでました。しかし出だしに「ニッポンが戦争をはじめたから」というくだりを読んで、ニッポンって悪かったの?とやっぱり聞いて来た。お互いに国益を守ろうとした結果、最後の手段として戦ったのであって、世界中にトモダチがいるようなキミらは大人になったら偉くなって今後どこかで戦いになる前に『防ぐ使命』を担っている、と言っておいたけれども。分かってんのかな〜・・・
So Far from the Bamboo Grove


★ロードオブザリング2巻目。こちらのペーパーバック版は小ぶりで持ち運びには良いのだけれども、コレクターズバージョンのハードカバーほど文字が大きくないのと巻末にしか縮小版の地図が載っていないので、小中学生にはやっぱり高くて重くても巻頭&巻末に地図が見やすく載っていて文字が多少大きめのコレクターズバージョンの方がおすすめです。2013年度のサンタさんがルビャンカのビブリオ・グローブスに買いに行った際にはコレクターズが3巻とも揃ってたのに常に現金を持ちあるかないサンタさんがケチって1巻しか買わなかったのが、今になって悔やまれます。。。コレクターズ、有ったらまた買っちゃいそう。
The Two Towers - The Lord of the Rings Part2


★ゴン、LOTRに再チャレンジです。今回はハマりました。やはり3巻分が一冊になっているコンプリート版よりも一巻ずつのコレクターズバージョンに替えて正解でした。文字もほんの少しだけど大きめで、『読み進めている』と実感できる厚さなのが読む気を倍増させるみたいです。「宝島」よりも文法的に理解しやすかったので、ガンガン読んでます。たまに、薄めでほんの少しだけ難しめの本を間に挟むのも、気分が変わっていいのかも。
The Fellowship of the Ring (Lord of the Rings 1 Collectors)


★39クルーズの3巻目、舞台はニッポンへ。ヒデヨシという名の人物や、王(Oh)さんの手紙など、東洋系の名前が随所に出てくる巻でした。
The Sword Thief (39 Clues)


★GLEEのカート役の男の子が書いたファンタジー。こっちは「宝島」とは打って変わってずんずん読み進めております(汗)。 The Land of Stories: The Wishing Spell


★2013年のサンタさんからの贈り物。スチーブンソンの「宝島」。でもこれ、古文なのでゴンにはロードオブザリング(LOTR)よりも難しかった様です。「しゃべり方がマスター・ヨーダ(Star Wars)みたい」だと。(例:”・・・”said he.とか。)パソコンで単語引きながら読んでます。
Treasure Island


★G5(5年生)今学期のトピック”Peace & Conflict"の一環で読んでいる本。1942年のポーランド、ワルシャワが舞台。学校の先生をしていた3人の子供を持つ父親のジョセフは、ナチスにより教室にヒトラーの肖像画を掲げるよう命じられますが、ある日その肖像画を伏せていたことが通報され、刑務所に連れ去られます。運良く刑務所を逃げ出せた父ジョセフですが、ワルシャワに戻ると妻は連れ去られた後、子供達は行方不明で、妻と約束していたスイスに亡命することに。その後、3人の子供達は父がスイスに向かったことを知り、父の後を追ってスイスへ長旅を始めます。学校から借りて来たのは”Escape from Warsaw”ですが、原題は下記の”The Silver Sword"。登場人物や地名は仮名になっている箇所もありますが、実際にあったお話だそうです。
Escape from Warsaw


The Silver Sword

★長男ゴンお気に入り作家、ブランドン・ムルのビヨンダーズ・シリーズ第2巻。
Seeds of Rebellion (Beyonders)

★『シリーズを読破しカードを入手し、オンラインゲームに参戦したら10万ドル以上の賞品(賞金?)が!』とのうたい文句に惹かれて読み始めた39クルーズ。しかし、図書館の本にはヒントとなるカードはついていないのだった。相変わらずどこかヌケてる長男ゴン。(爆!)イージーリーディング系の本でした。
The Maze of Bones (39 Clues)


★やっとクラシックに着手、といっても、子供向けGreat Illustrated Classicsシリーズの簡素化されたものなので、あくまでも子供向けで端折りすぎ?といった感あり。クラシック手始めの小学生(低学年)にはいいのかも。大人むけではなかったです。
Swiss Family Robinson (Great Illustrated Classics)

★またブランドン・ムルのシリーズものを借りてる(涙)。懇談会で「クラシックまたはノンフィクション」を読ませるようにあれほどお願いしたにもかかわらず。エレメンタリーとハイスクール、図書館が2つに分かれているので、エレメンタリー図書室はヤングアダルト向けイージー・リーディングな本ばかり取り揃えてあるってのも問題かも。次の懇談会で言っておこう。←(え?モンスターペアレントみたいって?!)
BEYONDERS


★ハンガーゲーム最終巻。カトニス憎しのキャピトルによって出身地ディストリクト12は破壊され、地下に潜伏する反対勢力があつまるディストリクト13の存在が明らかになり・・・。やっぱり結末が知りたくて途中でやめられないゴンだった。
Mockingjay (Hunger Games Trilogy)


★パーシー・ジャクソンシリーズ、同年代の子が本屋で買っているのをみて買ってみたくなったゴン。半神半人demigodの男の子が主人公。
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief - Book One



★Hunger Gamesの続編、第2巻。先のハンガーゲームで生き残ったカトニス&ピータがまたもや戦いに!実際にこんな戦いしたらダメだよと言ったら、ゴン、「するわけないじゃ〜ん♩痛いも〜ん♩」と、お気楽な返事が返って来ました。。
Catching Fire (Hunger Games Trilogy)


★The Companion's Quartetシリーズ4巻目。和書の題名は「キメラの呪い」。3巻目よりさきに間違えて4巻目を読んでしまったらしいですが話はちょっと飛ぶけど理解できないほどでもなかったようです。
The Chimera's Curse: Bk. 4: The Companions Quartet


★Julia Golding のTheCompanions Quartetシリーズ3巻目。
Mines of the Minotaur: Bk. 3: The Companions Quartet


★Fablehaven5巻目。KLの紀伊国屋、MPH、Times、Bordersを探しまわってSACC(シャーアラム・コンベンション・センター・モール)までわざわざ出向いて買って来ました(汗)。シリーズ最終巻。
Keys to the Demon Prison (Fablehaven)


★Fablehaven4巻目。ドラゴンサンクチュアリに迷路にと冒険盛りだくさん。
Secrets of the Dragon Sanctuary (Fablehaven)


★Secret of the Sirens(The Companions Quartet/コニー・ライオンハート・シリーズ) からの続き物、ブック2。またまたファンタジー。
The Gorgon's Gaze (Companions Quartet)


★Fablehaven3巻目。夏休み中に全巻読破すべく学校の図書室から全巻借りてきてしまった。旅行中、持ち歩くのが大変な分厚さですが中身は10歳児程度対象の文なので2、3日で読み切れてしまうという。。。すでに2、3巻目は読み終えたものの、図書館に返さないといけないのでどこまでも持ち歩き続けなければならない羽目に(涙!)
Grip of the Shadow Plague (Fablehaven)


★Fablehavenシリーズの2巻目。
Rise of the Evening Star (Fablehaven)


★家にあるファンタジーものがこれしか残ってなかったのでついに着手しました,LOTR!! 義弟が読んでた古いバージョンですが3エピソード全部入って、本文だけで1,069ページ・・・視力低下しないか心配してしまうほど字が小さい。やっぱ全エピーソード入りよりも新しい3冊セットを買ったほうが良いかもと思い始めた今日この頃...。
The Lord of the Rings



★学校でのグレード4終盤の勉強系イベント、Battle of Booksでグループで3位になったご褒美に先生から貰った本。12世紀の韓国が舞台。英語版は主人公の名前がTree-earとなってますが、日本語版は「モギ 小さな焼き物師」となるらしい。橋の下で暮らしていた孤児の木耳、大事な磁器を割ってしまった弁償として陶磁器作りのマスターに弟子入りして人生が変わって行くというお話。筆者は39cluesシリーズのうちの一人でした。ゴン大変お気に入り。
A Single Shard


★フェイブルヘイブンに住むケンドラ&セス兄弟のマジック・ファンタジーもの。ちょっと怖めの表紙が取っ付きにくいですが、内容も多少怖めな箇所あり。ハリポタ・シリーズが読めるお子さん向け。

Fablehaven


★ゴンまた続き物ファンタジーにハマってます。今度は動物と会話が出来る子が主人公なんだそうで。4、5年生向けなので2〜3日で一冊読み切れそう。
Secret of the Sirens: Bk. 1: The Companions Quartet


★これまた旅先で購入してきたFive Ancestorsシリーズに逆戻り。6巻目はその名も「小さい鼠」(ShaoSu)君の活躍。
関係ないけど、次は「読みたい本が読みたいときすぐ(適正価格で)手に入る国」に住みたいんダーっ!←いまだにペーパーレスになれないワタシタチ。
The Five Ancestors Book 6: Mouse


★Five Ancestors シリーズと同時進行中。ディケンズの「二都物語」を読ませてみようとしたら「書き方が回りくどくてはっきりしないからいや」なんだそうで、「スッキリ・はっきり・分かりやすい♩」こちらになりました。まだまだ古典を読めるだけの読解力は身に付いていない様子(涙)。
The Hunger Games


★エラゴン・シリーズ最終章。ついに悪の帝王ガルバトリクスと対決の日が!これまた途中でなんて止められない。全編にてアクション全開に長男ゴン、大喜びで食いついて離れません(涙)。母も無理矢理読まされてます。トホホ(追記:長男ゴン、やっと全シリーズ読破。最終章では”It"s soooo sad〜(うえ〜んっ泣!!!!)”と、泣きながら読んでました。なにやらエラく可哀想なエンディングの様です。
Inheritance (The Inheritance Cycle)


★G4(四年生)のクリスマスプレゼントとしてサンタさんから貰った(ということになっている)エラゴン・シリーズ第三弾。先の戦いから命からがら助かったエラゴンと竜のサフィラ、今度はエラゴンのいとこのガールフレンドが人質にとられてしまったため救助に向かう!んだそうで。母もう追いつけません。毎日ゴンから「まだ読んでないのっ?!」と叱咤激励?される日々。なるほど、こうやって小学生時代から読書スピードを上げていたから大学ぐらいには膨大な量の書籍を読まされても次の日さらっとエッセイが提出できるというわけか。留学時代に知り合った友達(インターもしくは英語圏出身)はみんな読むのが恐ろしく早かったはずだわと今更ながら納得。
Brisingr (The Inheritance Cycle)


★Eragonに続く第二巻。ドラゴン・ライダーとして更なる戦いに挑むため、エルフの国エレスメラへと修行の旅へ。なんだか「スター・ウォーズ」みたいな展開?!と思っていたら、アマゾンのレビューにも同じ様なコメントが載っていました。このシリーズも見事にツボを押えられてしまっていて、ハマってしまう人(=長男。涙・・・)などにとっては、読み終えるまで抜け出せない。まだ2冊もあるんだよなぁ。。。ノン・フィクションも読んでくれー・・・(母の心の声)。
Eldest (The Inheritance Cycle)


★旅先でWHSmith(英語の本屋)があったので喜び勇んで入ったが、お気に入りFive Ancestorsシリーズの続きはみつからず。結局またファンタジー冒険モノになってしまいましたが、この作者、15歳でこのシリーズを書き始めたらしい(参照:Amazon.co.uk)!ハリポタや指輪物語に比べると話の展開がたま~にすっ飛ばしちゃっている感アリですが、ティーンエイジャーでここまで書けたらスゴイ!の一言です。
Eragon (Inheritance, Book 1)


★The Five AncestorsシリーズのEagle(鷹)。さらにアクション爆進中。キーパーはYingなのか?プロローグから引っ張るために、途中でなんて止めれない(涙)。
The Five Ancestors Book 5: Eagle


★Snakeから続いてThe Five Ancestorsシリーズ4巻目のCrane(鶴)。またまたアクション全開です(涙)。今度は女の子が主人公。果てしなく続くカンフー物?!
Crane (Five Ancestors)

★Year4から心機一転Grade4となったゴンがハマったのはやっぱり「アクション」もの(涙)。 舞台が中国なのもあって西洋モノよりも馴染みやすかったのもハマってしまった理由の一つかも。 この本読んで学校で「プロジェクト発表」するんだと・・・(汗)。どんなプロジェクトになることやら。。 Snake


★ハリポタ7巻目を理解するには欠かせない?!マグル(人間)界でいうところの「マザーグース」と「イソップ物語」の魔法界版。7巻目の途中から『ビードル・ザ・バード』を読まずにはいられなくなってしまったゴン・・・。(唯一の救いはこの本がめちゃ薄いことでした)
The Tales of Beedle the Bard (UK) Standard Edition


★ルーシー&スティーブン・ホーキング親子による、子供向け宇宙入門フィクション物語。主人公ジョージの隣家のおじさんがある日突然姿を消したという話から徐々にミステリアスな話になっていく導入の仕方が上手いです。 ゴンの音読用に使ってます。
George's Secret Key to the Universe


★ついに最終巻の7巻目。スネイプは果たして善人なのか、悪人なのか?ハリーはいつヴォルデモードと直接対決するのか?もう気になって気になって仕方がない(涙涙)。ハリポタって結構「アクション・ヒーローもの」の系統も入っていたんだなあと今頃気づいた母でした。←そりゃ、止められないわね。。
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult


★ハリ・ポタ6巻目。Half blood princeが一体誰なのか、そして今までの巻で出てきた数々の伏線が一気につながり始める6巻目なので、「読むな」と言っても止まらない(涙)。ゴンのレベルではまだまだ話の筋だけを追っている感がアリアリなので、ハリ・ポタ・シリーズが終わったら次は『もう少し短め&中身充実』の本を精読させたいです。。
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)


★ハリ・ポタ5巻目途中まで来ました。ウチでは唯一のハリ・ポタUS版(US版のほうが当時安かったんだと思う)、UK版よりも多く挿絵がはいっていたので大喜びで飛びついてしまった。これでまた宿題する時間がなくなっちゃうよぅ(涙)と、複雑な気分の母でした。
Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)


★ハリポタにハマったゴン、一気に4巻目に突入です。「ボクゥ、死ぬ時は寝ている間がいいな~♪だって、痛くなさそう。」だと。シリーズの中でも特に『生と死』について、『孤独』や『誤解』といった、小学生が普段の生活では考えることのあまり無い側面にも触れている作品かと思われます。(ちなみにゴンが読んでいるのはUK版。US版は表紙がイマイチ内容にそぐわないような気がするのは私だけ??)★
Harry Potter and the Goblet of Fire (US4)

◎ 我が家のレゴ大好きキッズ、LEGO.comの無料オンライン・ゲームにも参戦中・・・
LEGO.com Harry Potter Games
注:英語での文章を読みながら進めていくゲームにつき、ハリ・ポタ原書が読めるレベルのお子さん向けです。


★ネコ目線で描かれたキリスト誕生物語。一味違ったクリスマス用絵本に♪★
Cat in the Manger


★前の学校のクラス1の優等生Tちゃんが読んでいたのを見て「買って、買って~♪」とおねだりして買わされたわりには、読み始めるまでにずいぶん期間がかかりました(汗)。。。はたして読破できるのでしょうか???こうご期待★
The Voyage of the Dawn Treader (Narnia)

★Captain Underpantsシリーズ。マンガ部分に「子供が書いた風」にわざと誤字脱字を多用しているのがネックでいままで出しませんでしたが、このレベルでの誤字脱字はゴン本人がしなくなってきたので解禁してみたところ大ウケ!1チャプターがめちゃ短いので「なんかボク、めちゃ早く読めてる?!」と錯覚させてどんどん読み進められる点も、読書ギライ・キッズにはお薦めです(注:誤字・脱字が減ったころから読ませた方がいいかも・・・)★
The Adventures of Captain Underpants


★ゴン、8歳にしてやっとHarry Potterシリーズに着手しました。5歳児ショウタには就寝前に読み聞かせ。我が家にあるのはイギリス英語・バージョンの"Philosopher's stone"。1日1チャプターという遅めの進度ですが、文法的にはHarry Potter シリーズのほうがNarnia(CJルイス)シリーズよりもかなり簡単だったことが判明♪倒置法やら仮定法なんてものもほとんど無いストレート・直球文章なので小学校低学年にもお勧めです★
Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US)


Magic Tree Houseの本編シリーズと関連した各1トピックごとのリサーチ・ガイド・シリーズ。内容も幼児~小学生低学年向けにやさしく書かれているので音読で一人立ちしたビギナーにもお薦めです♪MTH本編と合わせて読むと、本編の物語がさらに理解しやすくなります★
Magic Tree House Fact Tracker


★エリック・カール版のイソップ物語集♪一話につき文章1ページ&絵1ページと、読み聞かせ(ショウタ用)するにも音読(ゴンタ用)させるにも使いやすい量なのが◎!動物を擬人化させたエリック・カールの絵がイソップ物語の奥深さを物語っているようです★
The Rabbit And The Turtle: Aesop's Fables
リンク
ブログ内検索
Visitors
free counters



あわせて読みたいブログパーツ
RSSフィード
ブログカテゴリー
インター&家で読んでいる本(ショウG2)

★マンガ大好き次男の最近のお気に入りWimpy Kidシリーズ。ケラケラ笑いながら読んでますけど、親的にはキャプテンアンダーパンツシリーズ同様、おすすめすべきかオススメしないべきか、正直なところ、多少悩んじゃったりする分野かも。
Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Book 2)


★A to Z Mysteries(邦題「ぼくらのミステリータウン」)シリーズの12巻目。シリーズものですが、スティルトンやマジックツリーハウス同様、一巻完結ストーリーなので順番に読まなくても話が分かるのが良い所。英語版のA to ZシリーズはタイトルもAlliteration(頭韻法:単語の頭文字を同じアルファベットに統一してある)が使われている所も注目です。
A to Z Mysteries: The Lucky Lottery (A Stepping Stone Book(TM))


★A to Zシリーズ、おなじみのディンク、ジョシュ、ルースローズが登場する20巻目。
A to Z Mysteries: The Talking T. Rex (A Stepping Stone Book(TM))

ジェロニモ・スティルトン・シリーズキャプテン・アンダーパンツ・シリーズ、ORTのツリートップ・シリーズ(Oxford Reading Tree, Treetops)以上が一人で読み切れるお子さんだったらこちらもおすすめ。2014年新春アイスショーで観た前後だったので余計に読みやすかったのかも。
The Wonderful Wizard of Oz (Dover Children's Evergreen Classics)


★ねずみの編集長、ジェロー二モ・スティルトン・シリーズ。挿絵が多くてカラフル、文字フォントが変化に富んでいるので、マジックツリーハウス系のストーリーブックが読めるぐらいのお子さんが一人読みするにもお手頃レベル。会話文が多いので英作文強化用というよりは口語文インプット向けです。内容的にも2年生(G2またはY3)にちょうどいいです。が、一日で読み切れてしまうので何冊も揃えないといけなくなるのが金銭的には・・・かも。
Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)


★"Who was(Is)"シリーズ、夏休み中にレゴランドマレーシアでアインシュタインの顔を見ていたので選んだ本もこちらのアインシュタイン。
Who Was Albert Einstein? (Who Was...?)


★ショウお気に入りMagic Tree Houseの8巻目、ジャックとアニーが月に行っちゃうお話。
Magic Tree House #8: Midnight on the Moon (A Stepping Stone Book(TM))


★次男ショウの読書記録すっかり忘れてましたが気づけばMTHシリーズとFact Tracker同時進行。やっぱりフォニックスがしっかり身に付いた後だとチャプターブックへの移行が早いです。
Magic Tree House Volumes 1-4 Boxed Set


★新1年生のショウタ、リーダー系の本はRigbyシリーズとORTを併用中。




自宅でやってます
★訳あってSSATを受験せねばならぬ状況になってしまった長男ゴン@G5。モスクワの英語の本屋をはしごしても見つからず、結局学校の図書館に一冊だけ残っていたのを借りてきました。現在のPYP(IBスクールのプライマリー・イヤーズ・プログラム)って、受験対策から相当離れた道をマイペースで行く様子なので、この状況、かなりヤバいかも!!と、アメリカンスクールでの「野放し状態」を一瞬悔いたけれども。結局は本人の実力次第ってことでしょうか。大学受験直前に焦るよりは早めに試練があって、かえって良かったような気もします。今から心を入れ替えて、頑張れゴンっ!
【追記】Kaplanのこのワークブック、所々に誤植、間違い等が数カ所見られました。独学用参考書なのに、特に算数セクション、答え&解説間違えてどうする?!みたいな。。。本格的にSSATに取り組まれる方にはCracking the SSAT & ISEE, 2014 Edition (Private Test Preparation) のほうが確実かも。

KAPLAN SSAT & ISEE


★語彙力増強にはこのシリーズが一番(我が家では)実践的で使いやすい。普段の会話やエッセイにもこの中の単語が使いこなせるようになってもらいたいものです。あくまでも目安ですが、グレード4、5程度で英検準1級ぐらいかな?
240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 5

★イギリスのセカンダリーお受験対策、「イレブン・プラス」の練習問題集。このシリーズ、10分間だけの短期集中クイズ式なので、どこらへんの理解が弱いのかがすぐに分かってうちの長男みたいな「分かってる」つもりの子向けにはとてもお勧め♩こちらも旅先のホテル宛にAmazon.co.ukからまとめ買いしてきました。悲しいかな、将来の次男用にと思って買っておいた9〜10歳用が長男にちょうどよいレベルでした(汗)SATS対策にも使える優れもの。
Bond 10 Minute Tests English 9-10 Years


Bond 10 Minute Tests Maths 9-10 Years


言葉を使った、推測・論理的思考を試す問題。アルファベットが並んでいる例題のシークエンスを読み解いて、次にくるアルファベットを推測するとか、4文字単語2つから別の単語を作り出すなど、右脳問題に近いものの言語バージョンが訓練出来ます。勘を鍛えたり(?)、問題理解のスピードアップを図りたい場合にも使えそう。
Bond More Fourth Papers in Verbal Reasoning 10-11+ Years (Bond Assessment Papers)


★自宅での英語補強用。我が家の定番スコラスティックのワークブック集の一つです。これ一冊でその学年に必要な同意語・反意語・複合語・同音異義語・内容語・複数形・多言語からの英語化・接頭辞・接尾辞など240語が使いこなせるようにつくられています。この240Vocabularyシリーズは100wordsシリーズよりも内容的に比較的高度ですが、知っていて絶対に損しない単語ばかりなので100シリーズで物足りないと感じるお子さんやボキャブラリー不足を感じるお子様には是非お薦め!!★
240 Vocabulary Words Kids Need to Know(Grade4)


★240Vocabシリーズ終了後に。今まで年1回しかテストらしいテストを受けたことがなかったゴンの語彙&内容理解定着用に使ってます。思い込み&読み違えている箇所が把握できてお薦めです★
Scholastic Success With Reading Tests, Grade 3


★通知簿に「1」が並ぶトンデモ・ショウタ(涙)のための「めざせ!底辺脱出!」ドリル。ここ数年スカラスティック@マレーシアでもアマゾンUS,UKでもアマゾンJPNでも入手不可状態でしたが、やっと再度入手できました♪以前使う前にコピーとっときゃよかった。トホホ。兄ゴンタも1,2年生の間はこちらの100Wordsと100Maths を使ってました。英語超初級からOK♪
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)


2年生用に上がりました。三人称単数だとSがいるとか、動詞、形容詞、主語といった超初級英文法もちょこっとだけ出てくるようになります。
100 Words Kids Need to Read by 2nd Grade (100 Words Workbook)


★次男ショウ、G1終了しました。スコラスティックのテスト問題集は他のと比べると多少簡単すぎる様な感がなきにしもあらず。3択問題多いし。ライティング&グラマー補充に使うにはG1だとちょっと物足りないです。ウチの次男にはちょうど良さげですが。トホホ。(G1は)英語超初級者むけ。
Scholastic Success With Tests: Reading - Grade 1


★トンデモ次男用。かけ算九九はやっぱり日本式のほうが覚えが早いです。。。 2年生のかけ算(九九) (くもんの小学ドリル 算数 計算 5)
母のお気に入り

★ついにやってくれました!弊ブログ記事にコメント下さったこともある(一回だけだけど;P)翔くんの本がデタッ!(感涙!)これからも頑張って♪
ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

★海外駐在経験のあるお子さんをお持ちの保護者の方向け。
サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち (クロスカルチャーライブラリー)

Help Your Kids With Maths

Diagramだ axisだ、denominatorだなんだと、良くわからない英語での算数用語が多発してきだしたグレード4からの、我が家の必需品。英語で算数用語を理解するための参考書です。1年生次男には難しすぎますが、4年生長男はこの参考書で大助かりです。

Life of Pi

邦題「パイの物語」、映画化もされましたがやはり原作のほうがインパクト大。肝心の一番「えげつない」場面は映画ではカットされていたので、子供向けにはいいのかも。 インドからカナダへと動物園の動物ともども移住する途中のパイ少年一家が乗っていた船が遭難、 パイ少年と弱肉強食を絵に描いたような生存をかけた動物たちとの駆け引き、(目が見えない状態での言葉だけでの駆け引きなど)←原作のみ、「生きる」ことについて改めて考えさせられるような一冊。ところどころにえげつない状況も出てきますが淡々とした表現が余計にパイ少年の心情を的確に表しているようにも感じられました。英語自体は簡単ですが、内容的には小学生高学年以上からのほうがよさそうです。

★邦題「戦火の馬」の原作War Horse )。著者は『イギリスの小・中学生ならば一度は必ず読んだ事がある(?)』Michael Morpurgo氏。「吾輩ハ猫デアル」的な視点で非常に巧く描けている作品。映画もいいけど原作のほうが断然お薦めです♪


★年齢別のお勧め絵本が一目瞭然! 0歳~12歳以上までの英語圏での「読んでおきたい本」が分かります♪我が家の保存版
1001 Children's Books: You Must Read Before You Grow Up

アメリカ版ハードカバーはこちら
1001 Children's Books You Must Read Before You Grow Up

★ORT(Oxford Reading Tree)から新たにJulia DonaldsonのSongbirdsシリーズが出ました♪ フォニックスの音の決まりが身につき始めた英語初級キッズのフォニックス定着用にお薦めです♪ Julia Donaldson's Oxford Reading Tree Songbirds: My Cat and Other Stories


フォニックス定着用にはこちらもお薦め♪
Oxford Reading Tree Stage 1+ Songbirds


★子どもたちの「ナゼ?」に簡単かつ的を得た回答が出来る、お勧め「I Wonder Why 」シリーズ♪英語初級から。


★「指輪物語」の前篇、ホビット物語。今年度6年生クラスの課題図書としても使われていました。出だしから冒険の香りがプンプン漂う、読むほどに想像力をかき立てられる名作♪ハリポタ・シリーズを読み終えられるお子さんなら読破できるレベルです。本編「指輪物語」に挑戦する前の腕慣らしにもお薦め♪
The Hobbit : The Enchanting Prelude to The Lord of the Rings


★支配者層と被支配者層で構成される近未来のアメリカ。1から12の居住区で労働を強いられる被支配者層からは毎年各居住区から少年少女が2名ずつが選出されて生き残れるのはたった一人という「ハンガー・ゲーム」が行われます。英語自体は難しくないけれどこの話の趣旨を本当に理解できるのは10~13歳以降でしょうか。映画は主人公カトニス役の女の子の巧みな演技力で相当救われた感あり?かも。
The Hunger Games


★スピルバーグ監督の映画「タンタンの冒険」を気に行ったお子様にはこちらもお薦め♪
タンタンの冒険 COLLECTION 1 - [DVD]


★上同様、「タンタン」ワールドにハマったお子様むけ。マンガなので英語初級者でもOK♪(注:言葉づかいに気を付けられているお宅の場合は小学生以上になってから解禁されたほうが良いかも??口語なので英単語増強・文法強化用としては不向きです。)
The Adventures of Tintin: Volume 1 (3 Original Classics in 1)




お気に入りCD&DVD
★堂々のラジー賞ノミネート万歳っ!って、この映画、見るべし!面白いのと同時に、非常に考えさせられたりもする映画でした。常に自分たちの側から「見た」(「見せたい」?)モノだけに「正義!ジャスティス!!」と声高に叫ぶ、典型的なアメ○カ人の本性(&黒い歴史を彷彿とさせる描写?)がここまで露骨に描かれているからでしょうか、アカデミー賞会員の総スカンをくらっちゃったのかも知れませんね〜。かぶり物の多いジョニデですが、彼の演技力(存在感?)のおかげで「姿形だけが端正でイマイチ『演技力』ナッシング?!」のアーミー・ハマーが相手役でもかろうじてどうにかなった!←(ハマー・ファンごめんなさい。)というのが我が家での見解でした。
ローン・レンジャー MovieNEX [Blu-ray]


★全編通してミュージカル舞台そのまんまのレ・ミゼ映画バージョン。舞台よりも生々しく、ハンカチ無しでは観られません!ヒュー・ジャックマン&アン・ハザウェイの演技も歌もアカデミー賞もの。ロンドンでミュージカル版もまた観たくなること間違い無し。
Les Miserables


★南部ミシシッピでの黒人家政婦達の苦悩と、白人上流社会に生きる「本音でなんて暮らせない奥様方」←(まるでどこぞの『妻たち』?!)の裏表ありまくりな人間関係とが非常に上手く表現されている作品。これ観た後に爽快感を覚える人とは気が合いそうです。
ヘルプ



★ミッション"Successful failure"となったアポロ13の実話を元にした映画。遠い昔、勤めていた会社の研修で観た記憶が・・。トム・ハンクス若っ!万一のために「計算機で計算する」なんてこと考えちゃダメよ、とか、「危機の時こそ冷静に!」といった教訓??が、子どもでもすんなり理解できるぐらいに分かりやすい場面が山盛り。
アポロ13 [Blu-ray]


★ゴン&ショウの最近一番のお気に入り♪
ブルー 初めての空へ
「Rio←(原題)にいつ行く~?」と冬休み中何度も聞かれてしまった(汗。。本気で行く気??)。ブラジルが舞台の、飛べない青い鳥ブルーのお話です。ノリのよさ&映像のカラフルさ、テンポの良さで冬の寒さを吹き飛ばせ~♪


★とてつもない頭脳が集まる場所ハーバード大学が舞台の、今やパソコン使用キッズ必需品(?)「facebook」の誕生物語&若者たちの憎愛織り交ぜストーリー。9歳児facebook大好きゴンは興味深々でフェイスブックの成り立ちを追ってましたが、5歳児ショウには複雑でテンポの速い構成がちょっと分かりにくかったかも?
ソーシャル・ネットワーク [DVD]


★ホグワーツ魔法学校にあこがれる長男ゴン、出てくる魔法の呪文を練習するのに必死です(爆)。
ハリー・ポッター 第1章~第7章 [Blu-ray]


★自宅の有線TVチャンネルTV1000で朝から放送していたのを観てしまったゴン&ショウ、学校行きのバスの時間に遅れそうになっちゃいましたが他の子どもたちも観ていたらしく遅れて出てきたのでバスが待っててくれました(ホッ)。トールキンの名作「指輪物語」の1作目。フロドの友、サムのセリフがいいですねぇ♪ ロード・オブ・ザ・リング (1) [DVD]


★次男お気に入りのキンダー・ジョイ・チョコレートのオマケがスパイダー・マンだったので、これまた「みる~、みる~♪」とおねだり。
スパイダーマン™3 [Blu-ray]


★BBC制作、ディスカバリーチャンネルでも放送されていたこの『Planet Earth』 、動物好き・嫌いにかかわらず超高画質画像に子供たちもくぎ付けになること間違いなし!!!もともとは軍隊用に開発された超ハイスピード・カメラでの撮影が文句なく、すばらしい。ナレーションにはBBCのデビッド・アッテンボロー氏、我が家のゴン(8歳)ぐらいの年齢なら問題なく理解出来る内容なのでお子様にも是非!!!(注:4歳児ショウタは、若いゾウが砂嵐で群れから離れてしまい迷子になっている場面や、サメが飛びあがってエサを食べてしまう場面などで涙がポロポロ、「ママ、あとで(たすけに)来てくれないの(涙)?」と自然の厳しさに涙しておりました。小さいお子さんの場合はママ&パパとしっかり手をつないでおひざの上で見せてあげてください)


★『トイ・ストーリー3 』観て、ラストで親2人とも泣いてしまいました!←(親バカ?)ああ、Andyがこんなに大きく立派になるなんて。感無量です。ウッディと仲間たちの団結力をぜひ映画館でどうぞ♪(劇場へはハンカチ&ティッシュをお忘れなく!!!)また1,2も観なくっちゃ~♪


★ゴン9歳のお誕生日会用ミュージックは以下2CDに決定~♪『GLEEK』なゴンらしい選曲です(笑)。
Glee: Season 2 Vol.6 the Music


Glee: The Music presents The Warblers


★ショウタのお気に入り。電車オトコ・キッズなら食いつきの良さではピカ1です♪
Chuggington DVD


★ゴン太のお気にいり。10回以上観てます(汗)。世代を超えても支持されるSW!!こども世代にはこちらのクローン・ウォーズから導入したほうが分かりやすいかも。
Star Wars: The Clone Wars - A Galaxy Divided [DVD] [Import]

カートゥーン・ネットワークでは連続モノもまだまだ続く・・(涙)。
Clone wars

★ヒストリーチャンネルで見た「スター・ウォーズ特集」で、すっかり「SW」のトリコとなってしまった4歳児ショウ太。いまや、「C3PO」、「R2D2」の文字を読む(?)のに夢中です。
スター・ウォーズ


★テレビ・アニメ「Sid the Science Kid 」は実験・サイエンス好きキッズにお薦め♪幼稚園児対象ですが、内容は小学校低学年程度までなら充分楽しめます。


★ゴンのお気に入り♪夜中までドレミソングを歌って、超ご近所迷惑(・・・)。一方のショウ太は修道女のシーンで怖がって大泣き(・・・)。兄弟でも好みは正反対なのが困りもの。オーストリア、行きたいよう~♪
サウンド・オブ・ミュージック


★こちらもゴンのお気に入り。ショウ太は「こわい~!こわい~!」の連続。。。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT


★こども向けとはいえ、カメ(ウーグェイ)のセリフがなかなか感動させられる作品。ショウ太の最近のお気に入り♪↓
カンフー・パンダ

ゴン、3年生時にハウスポイント500ポイント達成のご褒美でクラスのみんなと授業中に観に行かせてもらってました。こちらもなかなかセリフが奥深い♪
カンフー・パンダ2


Billy Elliot (リトル・ダンサー)は母のお気に入り。淡々とした映像が無性に泣けますっ!とくにゴン太がビリーと同じぐらいの年齢になってきてからは、さらに泣けちゃう。親バカ?!英語は中部(北部?)訛りがきつくて、リスニング常に満点の母でも聞き取るのが一苦労。聞き流し教材には不向きかも。↓


★地球上にはこういう場所もある。ハッと気づかされる映画です。最後はボリウッド調のノリの良さ♪
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

★ゴン太、歌詞カードなしで覚えてしまった。(歌詞カードを読む方がヤツにとっては苦難かも!?)映画「マンマ・ミーア! 」のDVDを観てからABBA漬け♪


お気に入り
★普段は英語モノしか観たがらないゴンが今一番ハマっている日本語アニメ。数十年ぶりにマンガの大人買いしてしまった・・・「兄とはっ!」のくだりとか、ホシカさんじゃないけど、熱くて心躍るセリフが満載!!(しかしロシアの季節は「寒い冬」と「寒くない冬」だけじゃありません。ちゃんと夏もあります。)
宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


★映画「ポーラー・エクスプレス」の元になった絵本。落ち着いた絵が感動的。クリスマスには是非!
The Polar Express


★ショウ太のお気に入り♪絵本シリーズは子供むけながらにして簡単な科学用語のお勉強用にも活用可の優れもの♪


★こちらは24,35,48ピース入りのパズル。5歳前のショウタでも48ピースを完成できるようになってました。面白いね~、子どもって♪
ステップアップジグソーパズル はたらく乗り物


★5歳前のショウタ、一人で色つき&色なしパズルを完成できるようになっていました♪(県名は全部は覚えてませんが・・)子ども一人でできるように、本体にもミゾがはいっているので形で認識できてGOOD !ひらがなシールは、ちょっと大きすぎて貼れない県もあり、貼ってもはがれてしまうのでうちでは使ってません。
くもんの日本地図パズル


★1~20まではガイドボードつき、そのあとは説明書に形と使用ピースのガイドがついているので図を見ながらピースを置いていけるという2段階になっているので、歳が離れた兄弟でもそれぞれに合った使い方ができてお薦め♪ガイドボードが厚紙なので小さい子供だと折れちゃうところが玉に傷ですが、図形がどんどん得意になる楽しいパズルです♪
NEW たんぐらむ


★自分だけのおうちが欲しい長男ゴン向けに2011年のサンタさんからのプレゼントは「なんちゃってマイホーム」。いつか自分で本物を設計してね♪
レゴ クリエイター マイホーム 5891


★思いっきり「学研の科学」世代の母の趣味(汗)。配列を替えるだけでラジオになったりうそ発見機になったりするところが科学の摩訶不思議。マイクの感度がイマイチなところが残念でしたが、大人でも遊べます♪ 冊子の後ろから読むマンガはめちゃオヤジ趣味?!な内容でしたが、いつも「なんでなんで?」と聞いてくる長男などにはいいのかも?
大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini)


★レゴのスター・ウォーズ・キャラクター大百科事典。6歳児次男ショウの今一番のお気に入り。自力で全部は読めないぐらいキャラクター数も説明文も多いのですが、眺めているだけでも幸せ気分に浸れる次男。。。(というより、読んでくれっ!)メダルをもらったルークのレゴ付き♪
Lego Star Wars: The Visual Dictionary


★メダルつきハン・ソロのレゴ・キャラ付きなのでルークとお揃いにしたくてついでに買ってしまった(汗)。上の大百科事典よりも多少小振りで、レゴ・キャラが1ページ毎一体ずつ載っているので6歳児にはこちらのほうが読ませやすいです。が・・・SWのストーリーよりもレゴキャラの説明のほうが詳しく載っていたりして。
LEGO Star Wars Character Encyclopedia


自宅で日本語
カメのような歩みでかろうじて続けています・・・。
提出期限に追われることなく、日本の学校に通った事もなく教科書を全く見たことが無くてもても続けていけるという点で我が家ではこのシリーズを使っています。
Tree-Arcive
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。