スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『海辺で読書』、のはずが・・・

8月31日はマレーシアの独立記念日(51周年)で、祝日です。
日曜日なので、翌9月1日が振り替え休日となり、3連休なのでした。

せっかくの連休なので、「近場でいいから遊びに行こうか」、ということになり、毎度のことながら木曜ぎりぎりにホテルを予約し、土曜の朝から日曜の午後まで近場の海、Port Dickson(ポート・ディクソン)で泳いで参りました!

↑計画性ZERO夫婦!

☆☆ 今回の旅行先(Venue): Avillion Port Dickson  

ポート・ディクソン 

☆☆

お部屋は海岸沿いに建てられたシャレー。

海風にさらされているせいもあるのか、お部屋は窓枠も家具もいい具合に「昭和初期風」をかもし出している造り。青い花柄模様のガラス窓がさらに「昭和風」を思い出させてくれるようなお部屋でした。

さっそく子供たちは「プール、プール!」と大騒ぎで、カフェテラスに面したお子様OKプールで延々浮いていること約2時間。

ゴン太はいまだ怖がりで、大きなプールは「こわいこわい~!」と首にしがみついてくるわ、ショウ太はまず顔にお水がかかること自体がダメなたちなので、前にショウ太をかかえ、後ろにゴン太がへばりついた状態で、深さ1.2メートルのプールを行ったりきたり歩かされておりました。

パパいわく、「ママチャリみたい(爆)!」
といわれ、大うけしておりました。

年甲斐もなく久しぶりにゴーグルつけて真剣に泳いじゃったりもして、体も疲れたことだし、そろそろ体も冷えてきたので、ちょっとベンチで読書でも。。。と思った瞬間、

恐ろしいことに気がついてしまったのでありました。

年々「洋ナシ型」体型がさらに「ラ・フランス」状態にぽってりしてきつつあるアラフォーの私としたことが、プールサイド用の「アラフォー必需品もろもろ」である「つば広帽子」&「マダム風グラサン」&「体型をみごとに隠してくれるサマードレス」などというものの存在を、その時点まですっかり忘れてしまっていたのでありました。

しまった。


第一、「つば広帽」や「マダム風(子育てに疲れた人相&化粧崩れをかくす)グラサン」なんてもの自体、もともと持ってない。(庶民ですから。)

しかし全身鳥肌状態を我慢してまでこどもたちと一緒にプールにいるのはこの歳にはキツいので、観念してベンチへ退散。

(↑「だれもアナタの事は見ていません。心配するだけ無用です。。。」←私の中のもう一人の私の声。)


しかたなくタオルをすっぽりかぶって、顔は日光よけとスッピン隠しをかねてパパの着ていたTシャツをあたまからかぶり、「プールサイドでおしゃれに読書」することもかなわず、ベンチに転がっていたのでありました。(寒かったんです。=やっぱりオバサン)


結局、読書はお部屋にもどってからということに。

今回の本は、ゴン太のお友達のお誕生日プレゼントを買いに行ったとき、たまたまポピュラーブックショプで目に付いて買ってしまったものだったんですが、先日のNインターでの若者へ与えてしまった「オバ・パワー・ショック(略してOPS)」の出来事もあったので、「今の私には、読まねばならない」本と化しております。
こちら。


How to Talk to Anyone: 92 Little Tricks for Big Success in RelationshipsHow to Talk to Anyone: 92 Little Tricks for Big Success in Relationships
(2003/09/19)
Leil Lowndes

商品詳細を見る


第一章の4まで読んでみました♪なるほど、このスキル、なかなか実践でも使えそう♪

なんてったって、裏表紙に、あのラリー・キング(CNNチャンネルでやってるトークショー「Larry King Live」のおじさん)が、

"You'll not only break the ice, you'll melt it away with your NEW SKILLS。”
とコメントしているぐらいだもん。効くにちがいないわ!

あ、でも、今発行年をみてみたら、2003年ってなってた。。。

はたしてこの「New skills」、今のこの時代でも「新しいスキル」として通用するんだろか。。

一瞬不安にはなってみたけれど、まあいいや。ラリー・キングを信用してみよう。

がんばれ、アラフォー世代!オバサン化現象(症候群)を最小限に食い止めよう!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

↑いつもクリック応援&最後まで読んでくださってありがとうございます♪
本によると、「Slow smile(ゆっくり笑顔をみせる)」というスキル、効くそうですよ。

人気ブログランキングへ

こちらもクリック応援、ありがとう♪
「目ぢから」ってのも、効くそうです。でも、使い方を間違えるとよろしくないようで、特に男性の方は注意するように、と書いてあります。
詳細はぜひ書店にて立ち読みまたはご購入のうえ、ご確認くださいませ。

スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

早速やってしまった。クレームおばさん再び。

私は文句言いです。

クレーマーとまでは行かない(と思っている)けれど、『ご意見、ご要望があればお書きください』というような欄があれば、たいていの場合記入するタイプ。

別に悪気があるわけではない(と、自分では思っている)し、ネチネチと裏で陰口を言うのは良しとしない(と思っている)し、どちらかと言うと「白黒はっきりしている」方なんじゃないかと思っております。

自分が悪かったときはちゃんと謝るし、反省もしている(つもり)方です(とも、思っている)。


今朝、ゴン太を幼稚園に送ったあと、次に通うことになるNインターにゴン太の制服のズボンを交換しに行きました。

上着のポロシャツは在庫が足りないということで、1枚しかまだもらえてなかったし、ズボンは大きすぎたので、(事前に問い合わせると、交換します、と担当者が言っていた)スクールバスの件もいつまでたっても連絡がなかったので、パパもお休みだったこともあってショウ太もつれて小学校へ赴いたのでした。

学校に着くと、先生たちやスタッフの人たちはあっちこっちの点検やら準備やらで忙しそう。

アドミッションオフィスに行って「制服もらいにきたんですけど」と告げると、奥の若い(みんなかなり若い、20代前半でしょう)女の子が出てきてくれて、書類を確認して、

「ポロシャツはまだ在庫が届いてません」
という。

「そうですか、実はズボンも大きすぎるので、交換できると聞いたので小さめに換えていただけますか?」と聞くと、

そのお姉さんは「ちょっと待っててください」といって、私がもっていたズボンの袋を受け取って奥の会議中の部屋に在庫を取りに行ったのでした。

そして彼女が戻ってくると、「はいこれ」といって、ズボン一枚だけを渡されたのでした。

私が彼女に渡したのはズボン2枚。

前回制服を受け取った際、プラスチック袋1枚にポロシャツ+ズボン2枚を合わせて入れてもらって受け取ったので、そのプラスチック袋1枚にズボンが2枚とも入っている状態のままをそのまま渡してしまったのでした。

私 「さっきズボン2枚入っているのを渡したんだけど」

彼女 「いいえ、一枚だけでしたよ。(断言)」

私 「えっ?そんなはずない。2枚いれてきたので見てもらえません?」

彼女 「家に忘れてきたんじゃないですか」 (思いっきり「私は知りません」調)

といって、彼女はほかの作業に取り掛かってしまったのでした。

『ええっ、マジですか。』(私の心の声)


ズボンはパパが前日会社に行くときに一旦持って行った(会社帰りに学校によって換えるつもりだったんだけど、昨日は忙しくて学校に寄れなかったので、今日わざわざ出向いた)といういきさつがあったので、一旦外でショウ太と遊んでいたパパのところへ確認までしにいって、「2枚入ったままだったよ」といわれ、またオフィスの彼女のところへ戻り、

私 「さっき私が渡した袋を確認したいんだけど」

というと、やっと彼女は重い腰をあげ、私をつれてさっき入っていった会議室に連れて行ってくれたのでした。

袋を探し当て(といっても、そんなにいっぱいおいていないので、すぐ分かる)、私が中をあけて彼女にみせたら、

やっぱり2枚入っていた。

私 「・・・(ちょっとあきれて物が言えない状態でズボン2枚を彼女に見せる)」

彼女 「あら、2枚だわ、じゃあもう一枚。はい」

といって、在庫を片付け始めたのでした。

私 「(きわめて冷静を装い)You better check and see before you say things(言う前にちゃんと確かめたほうがいいんじゃない?)」 というと、

彼女 「(驚いた表情で、目を見開き、『そんなこと、いままで親にだって言われたことないわっ!!』的な表情で私を見つめ、)無言・・・」

そして彼女はしばらくその場で在庫を片付けている姿勢でしゃがんだまま、固まってしまったのでした。。。
カチーン!

あらら、またやっちゃったわ、と思う私。

自分を正当化するつもりはないけれど、声を荒げたわけでも、腕組みしてえらそうにいったわけでも、怒った口調で言ったわけでもなく、
(↑あ、ちょっと『後輩に諭してます調』というか、『子供相手にそんなことしちゃ、ダメよっ調』ではあったかもしれない!それと、言う前に思わずため息でちゃってたってのはありました)

ゴン太が新しく世話になる学校だから、と思って、きわめて丁寧に言ったつもりではあったのだけれど、相手はすでに顔がカチンコチンにこわばっておりました。

やば~い。やっぱり「Maybe you can~」とか、「Would you please~、next time?」などと、さらにさらに丁寧に言うべきだったか!?


とはいえ、普通は中身をちゃんと確認しないかなあ。
しかも、プラスチック袋の上に油性ペンで『シャツX1、パンツX2』って、書いてあるんですけど。。

よごれた物を返されても困るだろうし、第一、1枚しか入っていない袋と2枚入っている袋では、持ったときの重さからしてかなり違うんだけど…。

さらに袋は透明で中身が丸見えだから、ひっくり返して見ればすぐに2枚入っていることが分かる筈…

・・・・・・・

そしてやっと解凍されて彼女の顔に表情が戻ったのを見届けた後、私は彼女にいちおう換えてくれたことに対して心を込めてありがとうを言って、その場を去ったのでありました。

すっかり彼女の中で私は、『うるさいオバサン』ブラックリスト第1号となっていることでしょう。


スクールバスの件も彼女が担当でしたが、今度はパパが交渉し、なんとかバス会社と直接交渉する事ができました。


が、これも詳細を述べると『またですか・・・』という内容になる為、今回は省略しておきましょう。

☆☆☆☆☆

先日の保護者会で、校長と小学部部長L先生が何度も、「Communication is the key issue for our successful TEACHER-PARENT relationships」(教師と保護者間の良好な関係を築くためには『コミュニケーション』が第一)と言っていた。(先生自身が、「くどいようですが、コミュニケーションがもっとも重要です」と口にしていた)

私もまったくその意見に同感です。

が、しかし、今朝の事務員の彼女と私の間に、その『第一』であるはずの「コミュニケーション」は見事にぶちぎられてしまっていたのでありました。


2歳児の子供だって、「ごめんなさい」「ありがとう」「おねがいします」ぐらいは言えます。
ショウ太でさえ言えます。

しまじろうの『ほっぷ』(2歳児用)にだって「ありがとう、で、ほんわかあったか、いいきもち」ってあったぞ。

普通、「あ、すみません、2枚でしたね」とか、もうちょっと「家においてきたんじゃないの?」と断言するまえに「じゃあちょっと確認します」とか言えないもんかね。(←すっかりオバサン・モードです)

20代にもなって、1から10まで、手取り足取り教えないといけないんだろうか。

こりゃ~、先生たちもタイヘンだわ。

私が経営者だったら、素直にアドバイスを聞き入れて謝ることのできないスタッフはお断りだわ~。

人の意見を聞けなくなっちゃったら、成長できませんぞ。

(「あらフォー」の自分にも言い聞かせている)


というわけで、彼女は今後、おそらく私の反面教師となって、いろんな話題を提供してくれることになるに違いない!と思われます。

やっぱり、

『考える力』は大切です!



常識にとらわれず、違った角度からも物事を把握できるように、子育てしなくっちゃ!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

今日も最後まで読んでくださってありがとう。私も気をつけよう。いつもクリック応援、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

そして今回の出来事で、『口は災いの元』 'The least said, the soonest mended' , 'Out of the mouth proceeds evil'、ということわざを勉強し、以後、表現には充分気をつけるようにしよう、と反省もしてみたのでありました。

一応これでも若い人にオバ・パワー・ショック(勝手略語:OPS)を与えてしまったことに反省中。
こちらもクリック、ありがとう♪




テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

Goodie Bag

眠いです。いま夜の2時。

何をしてるかというと、ゴン太が明日、B幼稚園最後なのでクラスのお友達みんなにThank you giftのGoodie Bagを詰めているところ。

昼間に半分は詰め終わったんだけれど、ゴン太が塾から帰ってくる時間になったので、2階に隠しておきました。

彼がこんなgoodie bagを詰めているところを目撃したら、そりゃーもう、タイヘンなことになってしまいます。

(見つかってしまった場合↓)

「ゴンちゃん、これ食べる!」(詰め合わせ袋のキャンディなど)

「ゴンちゃん、これする~!」(詰め合わせ袋のおもちゃなど)

「ゴンちゃん、これいやだ~!」(詰め合わせ袋のスティッカーなど)

・・・

キミにあげるものじゃないんだってば。。。といいながら結局ゴン太を怒らないといけなくなるのが目に見えていたので、お子ちゃま2人が寝静まった後に細々と『内職おばさん』する予定だったのですが・・・・・

いつもの通り、すっかり子供たちと一緒に寝こけてしまって、起きたら1時半だった、、、というわけです。

まだ教材バイトが残ってるのに、最後の最後にバタバタしてしまう私はやっぱり『無計画』なナマケモノだ。

だいたい、ゴン太の幼稚園が8月29日で最後だというのは、もう2ヶ月以上も前から分かっていた事。

なのに、『ギフト、クラスのみんなにあげるべきかしら~、でも誕生日でもないし~。』などと考えること2ヶ月弱、

『やっぱり、もしかしたらもう一生会えないお友達かもしれないし、最後ぐらいギフトは配っておいたほうがいいよなあ~・・・』と思うこと約2日、

『あれ、もうあと一日?!いやだわ、日にちってあっという間ね~。』とおもう事10分、

『げげげ、まずい、プレゼントの中身、買わなきゃ!』とあせる事1時間(←翻訳バイト中。もっと集中してお仕事しましょう。)

で、ようやくゴン太を中国語の塾に送ったあと、すぐ横にあるバルーン・ショップ(お誕生日用グッズをうっているお店)に入って、学校に電話して、「ゴン太のクラスの男の子と女の子の数をそれぞれ教えてくれますか?」と聞き、(アドミンのCさんは、疲れた声で、「まあ、男の子と女の子で分けるのね。タイヘンだわ」といいながらも人数を数えてくれた)
お店にあったおもちゃを物色、男の子用13個と女の子用7個のグディ・バッグの中身を購入。

そして家にもどって、すべてのスティッカー、サンドアートセット、スーパーボール、おもちゃについている値札をはずす作業と袋詰め作業を途中までやって、荷物を2階に隠し、そして現在深夜、というわけでした。

そのあと、

『まずい!デジカメのメモリー、もういっぱいだったんだ!パソコンに落として、カメラ本体のカードから消去しとかなきゃ!』(明日写真をとるつもり)

と思い立ち、カメラをパソコンにつないでダウンロードする作業までしていて、今に至る。。。

パソコンが古いバイオになっちゃったので、(SDカード用のスロットつきでないため)デジカメ画像がなかなかパソコンに落とせない、という悪循環も手伝って、ここ1ヶ月ほど画像に手をつけていない状況だったのでした。

↑ああ、なんてナマケモノ。

計画性ZEROとはこういうことを言うんだろうなあ。

あ、カメラの画像、ダウンロードできました。現在の時刻、2時35分。
30分もかかってます。いや~、やっぱ新しいパソコンが必要だわ!
(↑パソコンを購入すること自体を正当化している)

9月からはもっと計画性のあるオトナになろう!よし!来月の目標きまり!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

みなさまの叱咤激励のおかげで来月の目標達成に向けて全力疾走(失踪?)いたします!
いつもクリック応援&最後まで読んでくださって、ありがとう♪

人気ブログランキングへ

こちらもクリック応援、ありがとう♪



テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

タイトルが決め手!の記事翻訳

翻訳アルバイト、いまだに午前中ずっと使ってやっております。

早く、正確に!というのはもちろんなんだろうけれど、それ以前に私の前に立ちはだかっている問題点としては、

『一目瞭然のタイトル』が書けない!

ということ。

ここ最近は論評や一記事だけをまとめるものも多くて、そういう場合はあまり惑わされずにタイトルを決めれるのですが、複数(3~4本)の同じような記事を1つにまとめるときは、やっぱりいまだに『タイトルどうしよっかな~』という時点でつまずきます。

短いタイトルの中に記事全体の内容を凝縮するためには、たぶん日本語能力が非常に高くなければならないんだろうと思います。

特に漢字の2文字熟語!

これはもう、私の頭にはほとんど入って無いものと思われます。

あ~あ、なんでもっと学生時代に勉強しなかったんだろう~。(後悔あとを絶たず)

まじめに受験勉強もしておけばよかった~。(覆水、盆にかえらず)

英語の辞書用にと買った電子辞書も、いまやほとんど『国語辞典』として使用されております。


もちろん、訳文自体も、たいてい修正が入っています。

本文中の修正には、「その会社の翻訳方針にそった文章」に変える必要があったり、「ちょっと補足」がはいっていたりというぐらいなので、内容自体が大幅に変えられているわけでもないしまあ、いいか、とおもうのだけれど、

タイトルに関しては、私はまったく下手くそです。


でも私の場合は翻訳するときに、まずキーワードを理解してそれに沿って話しをつなげて肉付けしていく方法をとっているので、

「タイトルが決まらないと、まったく書き始められない!」

のでした。

タイトルをうまく考えられない日は、いつまでたっても本文が出来上がりません。

タイトルがさっさと決められた日は、途中で昼ごはんを作ったり洗濯物を干したりしながらでも、(その間に内容を整理している)けっこう早くに仕上がるようなのです。

いつも修正済みの本紙をみると、「いや~、さすが。なるほど。ええっ!こんなのも有りなのね!」などと発見がいっぱいです。

でもそれを次回のタイトルに使いこなすことが、いまだ出来ません。

根本的な意味や使い方がやっぱり理解できていないからなんでしょう。

日本語ってのは、いやはや、奥が深い。

英語も奥がふかいんだろうけど、日本人で日本の教育を受けたくせに日本語能力が低いということがとても情けない。
英語が多少間違っていても、「第二外国語だから」といつも開きなおれるけれど、日本語で上手くタイトルが付けれないというのは、やはり困る。

昔、学校の先生だったか誰かが、「毎日、家で新聞を読みなさい」と言っていた。

新聞を読むことで、社会の動きや世界について、地元の催しや経済についてなどが見えてくるから、という理由だったような気がする。(←理由までは覚えていない)

それ以外にも、文章のまとめ方が分かるとか、構成が分かるとか、いろいろあるんだろうけれど、読むことがあまり好きでなかった私は、もれなく「読まない」人となっていたのでした。

その結果がこれです。

一日24時間しかないんだから、有効的に使うためには「さっさとバイトを済ませる」、これに限る。

そのためにはやっぱり「語学力」がモノをいうのでありました。

明日の時間を無駄にしないためにも、タイトルが上手く書けるように、コピーライターになったつもりでなんにでもコピー(タイトル)を考えてみることにしよう!

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

またどうでもいい方向へ進んでいってしまいました。もっと本を読め!ということなのに、無意識に避けて通りたいんでしょう。こんなナマケモノに愛のクリックを!

人気ブログランキングへ

ところで、「ナマケモノ」といえば、昨晩NHKワールドのトップランナーに出ていた瑛太さんが、「自分はナマケモノ。」と言っていた!尚五郎(篤姫)も同類だったかっ!!

「基本的にはずっと食べたり、飲んだり、ねたり、していたいけど、人間なんで、ニンゲンやってます」というようなことを言ってました。
ああ~嬉しい!会ったことないけど、(当たり前だ!)昔の友人に偶然会ったかのような感覚だったわあ♪



テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

転換期に差しかかるゴン太の中国語

ゴン太はとても頑固ものです。

しかも、毎日の日課を少しでも変えると泣いて怒るタイプの、やっかいな性格の持ち主です。

母親に似たんでしょうか。(でも私の子供時代は、確かに泣き虫・わがままだったけれど変化に対しては単純なのでゴン太ほどではなかったと思うんだけど…)
聞くところによると、どうやらそこらへんはパパ似の様子らしい。


ところで、ゴン太は九月から学校がかわるため、必然的に日常生活の時間帯もごっそりかわってしまうことになるのですが、ここ数日間頭をなやませているのが、「中国語」の存在。


本人はまだ今一つ『学校がかわる』という実感が沸かない、というか、「ぜんぜんわかっていない」様子です。

日本からマレーシアに戻るときも、サークル最後の日だろうが保育園最後の日だろうが、ま~ったく理解している様子なく、お友達に対しても失礼な態度しか取れませんでした。

(あまりに失礼な態度だったので頭に来て問い詰めたところ、『だってゴンちゃん、恥ずかしいんだもん』と、いつもは注目されてないゴン太が急にみんなに注目されてしまって、どう対応したらよいかさえ分からなかったらしい。みんな、ごめんね。ゴン太は注目されたいくせに、いざ集中して注目されると糸が切れた凧状態になっちゃうみたい。)

こんな性格のゴン太の事なので、あまり環境を変えないほうがよいのでは、と考え、毎日通っている中国語の補習塾もはじめは夜のクラスに変更して、なんとか続けてみよう、と考えていたのでした。

が、最近のゴン太の態度に、不安がよぎりました。

学校の授業が3時すぎまで、さらに家に帰るのに車で飛ばして45分はかかります。
(↑スクールバスと交渉中ですが、やっぱりウチまでは遠すぎて無理かもしれない様子)


帰宅後に、「くもんと学校の宿題をして夕飯後また毎晩1時間半も塾に通う」、なんて事が、はたしてナマケモノ星人の子供に、出来るんだろうか…

しかも、ゴン太は私に似て、『通うという行為自体』に満足してしまいがち。

『幼稚園に通っているから』とか、『スケート場に行くから』、という行為だけで『自分って、いろんな事してる!』と、満足してしまっているようなところがあります。

本来ならば、『通って、そこで新しい事を学んだり体験したものを、家に帰って必ず復習したり練習しないといけない』のだけれど、『行く』という行為自体だけによろこびを感じている風のゴン太を見るたびに、「なにかがマズい方向に向かってしまっている?!」という予感がするのです。

『量も大切だけれど、質がよくなきゃ意味がない。本人の足りないところに働きかけれる授業でなければ、苦手な面はいつまでたっても伸びれない…』

自分の昔の体験をいろいろと思い出して考えてみたり、去年マレーシアに帰ってきた当初のことを思い返してみました。

ゴン太につきっきりで、(ショウ太はほったらかし。次男ってかわいそう。)2人でノートに漢字を書く練習を毎日しておりました。
本人は「ニッポンにかえる~!」と涙ながらに訴えて、ときには机の前から脱走しては暗い物置に閉じ込められて(←これ、親でない他人がやったらやばいよね。え、親でも『そうとうマズイ』ですか、やっぱり。。)いた。

そんな状態で、ショウ太もかわいそうだったし、ゴン太が中国語を嫌いになってしまうのを恐れて、『楽しめる補習塾』に思い切って転換してみたのでした。

が、10ヶ月かよってみたものの、ゴン太は

『使っている教科書だけなら読めるし、漢字の単語ごとだけなら読めるけれど、その漢字のもつ意味や文章の意味をきっちりと理解できていない』

ようなのです。

塾の方針が『漢字が読める』のが『意味を理解する』よりも優先されているのかもしれないし、ゴン太自身が老師(先生)の言っていることを理解できないがために「単語の意味や文章の意味までわからない」でいるのかもしれないし、もしかしたら両方かもしれない。

毎日1時間半を費やして、いまだ老師の言っている意味が理解できない、ということは、やっぱりゴン太には「会話自体の理解力を上げる」ことの方がいまのゴン太には重要なように思えてきた。

あたらしい小学校でも週1回は中国語の授業をしてくれるというし、ここらで「アカデミック(中華小学校進学対象)」から「日常生活でも使えるプラクティカル」に転換してみるべきかもしれない、という結論に達しつつあるのでした。

「辞めるときは最低1ヶ月前に通知のこと」とお月謝の領収書にも書いてあるので、今辞めると言っても9月中は通うことになります。

まあ、しかたがないか。9月はちょっと忙しく夜まで塾通い・・・

とにかく、「まずは話せる中国語!」を親子そろって勉強してみよう!(それだけは決まった)

ピンズラー、紀伊国屋に以前置いてたなあ。探してみようか・・・それとも幼稚園の中国語の先生に教室か家庭教師を聞いてみようか・・・
(↑なにをするかはまた迷っている。)

親がやらないと絶対にやろうとしないゴン太、しょうがない。私が中国語を勉強しよう。

これみよがしに毎日中国語のテキストを読んでやる~!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

いつも応援ありがとうございます♪ やっぱり中国語、親が勉強するハメになっちゃいました。
発音できないんだよな~。でも中国語話せるようになったら買い物のときもっと値切れるかも!?ああ、小市民!

人気ブログランキングへ

こちらも応援、ありがとう♪さ~、どんどん値切ろう!(値切り文句だけしか覚えられなかったりして。。)





テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

わらしべ長者、スパ(Spa)へいく

今回のSPA紀行は↓(クリックするとセンブニ・スパのHPに飛びます)
『センブニ・スパ@サイバービューロッジ&スバ』

☆☆☆☆☆

日本で派遣さんをしていたとき、なぜか「ファッション」とは対極にいるような私が、部署名に『ファッション』という言葉の入っている部署で働いておりました。

単に『家から近くて通いやすくて時間も保育園送迎にちょうどよく残業なし、時給もそこそこ良かった』というだけで派遣の求人に応募してしまったから、そのようなミスマッチが起きてしまったのだけれど、そんな私に、部署内のみなさんは、とても親切にしてくださいました。

『ファッション』というだけあって、その部署のファッションコーディネーターのマリーちゃんは美形のおしゃれ最先端を行く人だったし、課長はとても頭がいいのに腰が低くて会話上手、部長は関西弁バリバリなのだけれどいざとなると電話で海外との交渉を関西人らしく上手く丸め込める手腕の持ち主でありました。

なかなか人間観察するのにも面白い部署だったのですが、もうひとつ、ファッションとはかけ離れている私にも『役得』と言えることが時々ありました。

ファッションショーの手伝いに行かせてもらえてナマ渡辺アンちゃん(渡辺謙の娘)を見れたり、たな卸しの時など、もう何年も使っていないサンプル品やライセンス獲得用の見本として海外から取り寄せた見本品などを『保育園のバザー出品用』に分けていただいたりしたのでありました。

ボールペンや万年筆、ネクタイなどはしっかり『保育園のバザー』でチャリティとして売られ(すべて完売!でした)、製品見本のカップ&ソーサーは、ちゃっかり義妹2ファーファの結婚祝いとなり、セットで贈られたのでございました。

カップ&ソーサーを豪華セットで贈られてしまった義妹2は、品物が結構名のあるブランド品であることにえらく恐縮し(しかもちゃんと箱入りだったので)、パパと私の誕生日プレゼントに、と、「サイバービュー・ロッジ &リゾーツ」にある「センブニ・スパ」のカップル券(!)をお礼を兼ねて贈ってくれたのでした。
『海老で鯛を釣る』とは、まさしくこういうことを言うんじゃないでしょうか。。

(やっと本題の『SPAスパ体験談』に入ります!前置き流すぎ?失礼いたしました。)

◎◎◎

サイバービュー・ロッジのSembunyi Spaは、本当に隠れ家のような、本館から離れた場所に位置し、中には20メートルぐらいの細いプール、目の前は池と噴水、木々で周りを囲われて、鳥たちのさえずり以外はなにも聞こえないぐらい落ち着きのあるスパでした。

男性用と女性用のジャグジー&シャワールームがあり、それぞれジャグジー&ドライ・ウェットサウナつき、サウナやジャグジーで体をほぐすこと約20分、

次は担当のお姉さんにつれられて二階にある2人用施術室へ。

ベランダにはロッキングチェアーがおいてあり、雑誌を読みながらジンジャーティーを頂き、しばし景色を楽しんだ後、マッサージの開始となりました。

事前に選んだオイル(総数6種類だった)で丹念にマッサージされ、数分休憩の後、続いてスクラブを丹念に脂肪分や筋肉にすり込まれ、クレイやマッドパックを塗りたくられながらさらにマッサージ。

そしてマッドパックだらけの体をラップでくるまれ、その上にタオルで蒸し焼き状態にされ、放置されること約20分。

末端冷え性の私はちょうどぽかぽかして気持ちよかったけれど、暑がりのパパは10分すぎぐらいからすでに自分でラップをはずしにかかっておりました。

体中&細胞の中まで泥でひたされた状態から、最後はバラの花びらで埋め尽くされたミルクバスで20分間、体をミルク化させ、2時間45分のお二人様コースは終了となったのでございました。

お部屋にもシャワーやジャグジーがついていたらいつまででもいてしまいそうなセンブニ・スパ。

こんなところで暮らしたい~。ついでに毎日マッサージつきだともっと嬉しい。


☆☆☆☆☆

というわけで、今回は義妹2にも感謝!なんですが、その元手となったカップ&ソーサーをセットで処分してくださった『ファッション』のマリーちゃん&課長さんに感謝感謝でございます。

私がお二人&パートナーズをご招待するのはアルバイターの身分では残念ながら無理!なんですが、マレーシアに遊びにこられた暁には、ぜひドライバーとして送迎させていただきますので、いつでもお気軽にお申し付けくださいませ♪

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

「わらしべ長者」のマレーシア版、いかがでしたでしょうか?
「わら一本」も無駄にしちゃいかん!ということですな。
捨てる前に「チャリティ」、環境保護にも一役買えるリサイクル!
緑の地球を大切に!

人気ブログランキングへ
↑こちらもクリック応援、ありがとうございます♪
『WALL・E』(Waste Allocation Load Lifter Earth-classの略)ゴン太たちと観て来ました。宇宙コロニーで生活する人間たちと、地球に残された最後のロボット、ウォーリー。ごみ問題、考えさせられました。。。
小さいお子さんだと爆発場面などあってちょっと怖がるかも。

テーマ : マレーシア
ジャンル : 海外情報

お誕生日会&親は教育評論会

今日は、ゴン太の幼稚園のお友達のお誕生日会でした。

ゴン太の幼稚園はさして有名な進学幼稚園ではないはずなのですが、その割にはいろんな地域から生徒さんが来ています。

我が家はゴン太の幼稚園を探すときに

「できるだけ学力ZERO(!←去年の10月は、5歳にして文字ひとつまともに書けず&読めず、英語なんてもってのほか状態で、マレーシアでは「相当遅れている」状態だった)のゴン太でもついていけるようなリラックスした少人数制を」

と思って家からすぐ近くのB幼稚園に決めたのでした。

が、実際に通い始めてみると、どうやらうちの近辺だけでなく、車で毎日30分以上かけてでも来るような場所に住んでいるお子さんたちまでも、わざわざこのB幼稚園に通いにきているということが分かってきました。

今日お誕生日だったお友達のお宅も、私の感覚からすれば「毎日わざわざ遠くから」通ってこられている部類に入る地域にある、とても素敵なお宅でございました。

(余談: 行く時、「遠いんだね~!毎日通うなんて!凄い!」とパパに行ったら、「ゴン太が今度から通うNインターはこれよりはるかに遠いです」と釘をさされた)

素敵なお宅にはやはり『素敵ママ』がつきもので、お友達のお母さんも美形でおしゃれに気を使うマダムの雰囲気ただようお方。

そしてお誕生日会の会場はゴン太も通うB幼稚園のお友達やお誕生日ボーイ&ガールのいとこたちで埋め尽くされ、日雇いピエロの手品やフェイスペインティングコーナーなどもあって盛り上がっておりました。

途中、いつもはシャイなゴン太がプレゼント欲しさにピエロの出し物に立候補し、ほかの立候補ボーイズたちと一緒に人前でミスター・ビーンのお面かぶってカンフーパンダのまねをしていた。

(↑ ちょっと成長してきた?それとも単に物欲のほうが恥ずかしさに勝ったのか?)

ところで付き添いの親たちは、というと、中には子供だけ置いていっちゃうご家庭や、メイドさんに子供を見させてパーティー後に親がお迎えにくるようなご家庭もあって、子供の数には合わないぐらい小数派だったのでありました。

そんな中でもパーティー中付き添うお母さんたちもいて、幼稚園が同じということもあり、共通の話題が「学校」ということも多いにあるのでしょう、

そういう親があつまると決まって話は「教育関連」へと流れていくのでありました。


ゴン太のクラスは今年卒園の年長組みなので、みなさん「どこそこの学校へいく予定」とか、「どんな習い事をしている」とか「新しいTarbi?とかいうインターができる」などお互いの情報交換をしていらっしゃいました。

そして一人のお母さんと隣に座ったとき、ゴン太の名前を言うと(ゴン太の名前は「僕はニッポン人です」と言いふらしているかのごとく海外では『日本人名』としてポピュラーな名前)私がニッポン人であることを即座に見ぬき、

「シチダ・メソッド(しちだ式右脳教育)って、ご存知よね?」

(←日本人ならば皆知っているはず!という勢いだった)

と、私→日本人→共通話題を探さなきゃ!→そうそう、日本人ならばシチダよ!

といった図式が浮かんだ(かどうかは知らないが)ようで、

その後しばらく「しちだ」についての話が盛り上がって?いたのでありました。

なんとゴン太の同級生のJちゃんは2歳から「しちだ」のお教室にかよっていたそうですが、当時、お母さん自体はあまり「右脳教育」の効果を信じておらず、週1回のクラスに通うだけ、しかもクラス中も、ほかのお母さんたちが必死こいてレッスンに見入っているなか、そのお母さんは大胆にも後ろで新聞広げて読んでおられたそうです。

「ふふふ、ほかのお母さんたちにもあきれられてたわよ~、もちろん家でも何もしなかったわ」とそのお母さんSは言うのでありました。

でも、最近になってJちゃんの記憶力の凄さを目の当たりにしたお母さんSは、『これはシチダのせいか、それともダンナのDNAのせいか?』とよくよく考えたけれど、「両方かも」という結論に至ったそうでした。

Jちゃんはもうシチダはやっていないそうですが、下の5歳児ちゃんと3歳児ちゃんはいまもカードをみせたり教室に通ったりしている、ということでした。

そういえば、ゴン太が以前、「JちゃんはReading、もう一番早くてレベル6の最後なんだ~」と言っていた!

そして私も、千葉にいた頃にしちだ先生の講演会と座談会に出席してお話したことがあるんだ~、しちだ先生ご本人はめちゃくちゃ子供好きで教育に命をかけてるんじゃないかと思うぐらい教えることが好きみたいよ、オーラが出てた、などと自分の体験談を話したところ、そのお母さんSは、意外な、というのか、ちょっと予想はしていたけれどそこまではっきり?と思うような話もしてくれたのでした。

マレーシアのシチダ・メソッドは、シンガポールのJさんというフランチャイズオーナーが取り仕切っている教室で、そのJさんは、講師にすべてのノウハウを教えてしまったらみんな教室をやめてしまって自分で開業してしまうかもしれない、と思うあまり、
(↑でも東南アジア諸国ではありがち。知的財産権や商標権が効力を持たず、すぐに「なんちゃってモノ」が出回る)
『なぜこれをするのか?』や、『これをすることで、どのような能力が伸びていくことができるか』などという根本的な内容をすべては講師に伝授せずに教室を運営している、という事のようです。

お母さんSいわく、「全部教えちゃったら、みんな即辞めて自分で勝手に教室を開くから、まあ仕方ないんだろうけどね、でもやっぱり、なんでこんなことをするのかが分かってなかったら、やっていてもあまり意味をなさないと思うわよね」
と教えてくださったのでした。

それほどまでに内情を分かっていてさえも、下のお子さんたちはいまだにシチダに通わせるの?と聞くと、「やっぱり上の子Jで結果が分かったからね。今度は自分なりに家でもやってるのよ」という返事でした。

やはり、幼児期の家庭学習に勝るものはなし!なんでしょう。

ほかにも、シチダと昔提携していたというアメリカ式のパオラ(だったっけ?忘れてしまった!調べておきます)さんが行っているオンライン右脳教育というものや、その先生の書物をぜひ読むように薦められ、お誕生日会がお開きに近づくと同時に保護者たちの教育評論会もお開きとなったのでした。
☆☆☆☆☆

ゴン太は今月末でB幼稚園のお友達とはお別れです。 

親もだんだん知り合いが増えてきた頃にまた新天地です。
せっかくなじめてきた頃にまた新しい環境か・・・

それでも、次のNインターはなんといっても新しいから、ほかの皆も1からのスタートなので団結力が違います! 親子そろって、がんばるぞ~!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

いつも最後まで読んでくださってありがとう♪クリック応援もありがとう♪

人気ブログランキングへ

こちらもクリック応援、ありがとうございます♪

注)ニッポンのシチダ・チャイルドの皆様、この記事は「マレーシア内でのシチダ教室の内容を実際に通っている方から伺った」ものであり、誇張・誇大表現ではなく伺った方のそのままの言葉を直訳したものです。
マレーシア国内事情は日本とは異なるため、日本国内のお教室はこの内容とは必ずしも一致しないであろうということを前提にお読みくださいませ。

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

マレーシアが発展途上国から抜け出せない、そして金メダルも取れない理由・・・

昨日の夜、おばあちゃんの家でパパの姉妹&ダンナもそろって皆で

北京オリンピック

を観ておりました。

子供たちは勝手にお絵かきしたりして周りで遊んでいる状態。

ちょうど画面では110メートルハードル男子(予選 Heat)が行われている。

妹1(お清) 「それにしても、マレーシアはいまだにメダルを2つしか取ったことがないじゃない!シンガポールでさえいっぱい取ってるのに、よ!」 (←注:追記を参照願います)

妹1のダンナN 「そのうちのひとつは、昔、正式種目として認められる前に取った分らしいぞ」

皆 「(唖然として)じゃあ、今回の北京オリンピックのバドミントン銀が唯一のまともなメダルってこと?・・・It's a JOKE!(まじで?!うそやん、まったくもう~やってらんないよね、といった感じの意味)」

妹2(ファーファ) 「シンガポールのは、中国から『輸入』して(←本土中国人がシンガに移住した)メダルとってるのよ、That's cheating, isn't it?!」

(↑へえ~、そうなのか、知らなかった、と思う私)

ほかのオリンピックチャンネルに替えてみると、ちょうど高飛び込み男子の表彰式をしていた。

妹1お清 「ちょっと~、いまのナレーション、きいた?『週9回、一日7時間の練習を重ねてきた』だって!? 週9回ってことは、週末2回も練習して、しかも一回7時間もよっ!!!」

パパ 「彼らはそういう生活以外ないんだよ~。ほかに何しろというのさ~」

妹1お清 「Where's the LIFE?! (『自分の人生』はどこいっちゃってんのよ?!)練習と学校だけでしょ、ほら、まだニキビあるぐらいだから、若いのよ!? 青春はどこへ!!??」


テレビ画面はまた110メートルハードル走男子予選へと替わり、

パパ 「ほらこのめがねのジャマイカン、こいつがすごいんだ~、ひょうひょうとしてあっさりレコードだしちゃうんだ」

妹1お清 「アジア人は陸上Field trackはダメなのよ~。生まれ持った体質が違うにちがいないわ」

予選のランナーが走り出し、選手みんなが3歩間隔で飛んでいくのを観て、

私 「あれって、普通の人がハードル飛ぶとき、間を走るのに5歩はかかっちゃうんだよ~。3歩で飛べること自体がすごいと思うんだけど。」

皆 (驚きの表情で) 「Molly, ハードル走なんか、やったことあるの?!」

私 「・・・え?中学校でみんな走らされますけど(汗)・・・」

皆 「あ、本当だ!One two three, one two three!」(←選手たちが走ってる歩数を数えている)

私 「・・・(マジですか~、数えちゃってるよ)・・・」


そして次のheat(予選)では、みんなが団子状態でゴールインした。

私 「ゴールのとき、胸の位置でゴールインしたかどうか測るんだってよ」(←昔体育の先生が授業中に言っていた。)

皆 「え~!そんなわけない!じゃあなんでみんな頭突き出してゴールするのさ~」

私 「・・・PE(体育)の先生が言ってたんだよ~、昔」(←いまいち自信なく)


皆 「・・・(驚きを隠せず)ニッポンでは学校でそんなことも勉強するのか?!」


・・・・・・・そうだった。マレーシアでは、なにはともあれ『学力最優先』なのだ。

英語で算数・数学をし、中国語またはマレー語でも算数・数学をし、科学や歴史も2ヶ国語、3ヶ国語で授業を受け、しかも公立の学校は早朝~昼までか、もしくは昼~夕方7時ごろまでの二部制。

「ハードル走では間を3歩で走る」だの「逆上がりをするときには逆手に鉄棒をもつ」などという、『学業』もしくは『テストの点』に影響をまったく及ぼさないような(彼らの言うところの「いらない」)知識は、

みんな「知らないし、知らなくても困らないから知ろうとしない」んだった!・・・


体育の時間はあっても、公立学校に鉄棒なんてものはなく、もちろんハードルや棒高跳びなどといった『備品』なんてものは、実物を見た(触った)ことはたぶん無いんだろうと思う。

(↑注:私立はちゃんとあるところはあります、念のため)

どうりでマレーシアが銀メダル1個(もうひとつは正式種目以前の銀らしい)しか取れないわけだ。。


(↓ここからは私の心の声)

『まあいいじゃない、たった一瞬のために一生懸命練習したってさ。

ほかの若い子たちが遊んでいるあいだに週9回、一回7時間の練習をしようが、それは自分で目指すものがあるからで、上を目指したいっていう向上心の表れなんだしさ。

ほかに遊んでる子たちがそれで「満足してるか」っていったら、必ずしもそうじゃないと思うし。

それに君たちだってSPMだのPMSRだの、試験に向けて遊びにも行かずに学生時代に一日何時間も勉強したんじゃないの? 

運動に一日7時間かけるのと、勉強に7時間かけるのと、大して変わらないと思うけどなあ。

就職先がいいとかなんとか、そういう目標だけで人生終わらせることの方が寂しいと思わないかなあ~。こんなにきれいな海がある国の国民なのに、泳げない人が多いってのはまるで、豚に真珠、ネコに小判、状態だよねえ。
ちなみに体育もカリキュラムに入っている教育を受けた私は専業主婦(アルバイター)だけど、なんか文句ある?』

・・・・・

どうりでいつまでたっても「発展途上国」のままなのね。
シンガポールのように中国本土からの優秀な人材を誘致(移民)出来ないという現実自体から問題検証してみようよ。

ね、マレーシア国民のみなさん。

★★ 追記 ★★

(注)コメントでご指摘いただきました。
マレーシアの総メダル獲得数は4(銀2、銅2、いずれもバドミントン)
メダル獲得数と内訳

シンガポールの総メダル獲得数は2(銀2つ、ウェイトリフティングと卓球)
シンガポールの総メダル数

上記の会話中に『シンガポールでもいっぱいメダルを取っている』というのは間違いです。マレーシアの方が多いです!
あくまで、「会話中の話」であったことをそのまま会話調に書いたということでご理解いただければと思います。
マレーシアを応援されていた皆様、誤報をお伝えしましたこと、深くお詫び申し上げます。

追記まで最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

おっと、今日は語り口調になっております。が、今日も最後まで読んでくださってありがとう♪
クリック応援も、ありがとう♪

人気ブログランキングへ

こちらもクリック応援、ありがとう♪ ゴン太世代には「マレーシアに金メダル」も夢ではなくなっていますように!

テーマ : マレーシア
ジャンル : 海外情報

Keyword : マレーシア

略語が続く週(懲りずに翻訳バイト、やってます!)

ここ数日、いろんな雑念に惑わされつつも淡々とバイトだけはこなしております。

ああ、やっぱり私は『ニッポン人』、ノリ気でなくても仮病なんて使えない!

週末偏頭痛で寝込んだけれど、今日なんてピンピンしてしまっている!

『まだまだ私も捨てたもんじゃないわね(フフフ)』などと自分の体力を過信しているあたりが、すっかりオバサンであることを物語っている。


ところで今週のお題はやたらと『省略語』abbreviationが多い。

DNAやらCPOやら、政府機関の略語(マレーシアなのでM始まりがやたらと多い)やらと、グーグル検索を使う頻度も増しております。

(政府機関ぐらい覚えてくれっ!といわれそう~)


ところで、DNAって『デオキシリボ核酸』(deoxyribonucleic acid)の略だったのね。
いまのいままで、二つの単語がイコールとしてつながっていなかった!

良くよくみれば、『nucleic』って、入ってるんじゃん!
(ちょうど高校生用英語教材バイトのトピックも『核家族』だった。なんてタイムリーな…)
って、いまさらそれぐらい知ってる人のほうが多いのかも!失礼しました。


さて、ではもうひとつのCPOの正体とは?

マレーシアにきた事のある人ならばクアラルンプール国際空港に飛行機で着陸するときに一面見渡す限りのプランテーションをみて、ひらめく方もいらっしゃるかもしれません。

そうなのです、CRUDE PALM OILの略なのでありました。
(↑あっ、また大げさでしたか…)

原文にもちゃんとパーム原油とフルで記載がされておりましたが、タイトルだけ見た時点では『コンシュマー・プライス・オーガナイゼーション?コモン・パブリック・オーダー?』などと意味のない勝手略語を作っておりました。

ちゃんと本文を読んでから考えるように、という教訓だったのでしょう。。

そう!ここはマレーシアよ!

マレーシア特産品をまず考えなくて、どうする!?


家の中にガキンチョ二人があちらこちらで騒いでいる状況下だったので、冷静さを欠いておりました。

明日は何はともあれ、先に本文に目を通してから考える事にしよう、と心に誓った母なのでありました。


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます♪&いつもクリック応援ありがとう♪

人気ブログランキングへ
↑こちらもランキング。応援ありがとうございます♪

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

そしてまたミッドタームブレイク(学校がお休み)と、揺らぐ心

マレーシアの学校はまたもや8月18日から24日までタームブレイクでお休みです。

子供たちがお休みであろうとなかろうと、私のしょぼい翻訳アルバイトはひたすら続いているのでありました。

6~7月はいろんな出来事があったため、アルバイトをお休みする日が多く、いまさら「夏休み」ください!などとはいえない状況です。

この翻訳バイトを始めた当初は、あまりのバイト料の安さにパパが、

「そんなんだったら辞めちゃえばいいのに」

としょっちゅう言っていた。

パパはいいよね、ちゃんとした肩書きもありゃ~、給料延滞なんてこともまずないし(正直なところ私の初バイト料は担当者が出張中で振込みが遅れていた!まあ、いいんだけど。たいした額じゃないし)、会社のパソコン盗られちゃっても、すぐに代替品を支給してもらえてさ。

『自分の居場所』がもうちゃんと出来上がってるじゃん。


請負翻訳業者(個人で~す)の私なんて、「パソコンひとつ、身一つ」だもんなあ。


私自身も、この翻訳バイトを始めた当初、「あ~あ、『勤勉な日本人』をいいことに、また安くで使われてしまった・・・(ガックリ)」と思っていた(し、いまでもそう思うことが時々ある)。

確かに、マレーシアのことや経済についてなど、私が勉強しておかないといけないような内容を、『ただ自分で勉強するのではなくバイト代がもらえながら勉強できる』という面で考えれば、まあそれもいいのかもしれない。

いつかは役にたつだろう。(決して『転んでもタダでは起きない』つもりである)

最初はあまりいい顔をしなかったパパでも、「結構時事情報、詳しくなってるじゃない」と、最近では
「安いから辞めろ」とは言わなくなった。


しかしながら、やはり私ももう歳。

40を目前に控え、またまた『このままでいいのか?!』という疑念がわいてきだしたのでありました。

ゴン太ももうすぐ小学生、ショウ太も9月からは近所の幼稚園に入れることにした。

(↑ ショウ太の幼稚園、見つかりました!とってもよさそうです!嬉しいよう~!あけ◎の保育園に次いで私の中では第2位に位置するぐらい気に入ってます!)


2人とも学校に行っているあいだ、私はいったい『何をすればいいんだ?!』


翻訳バイト? う~ん、それは今もやっている。

高校生用英語教材作成バイト?  これももうやっているし、期間限定だ。

家事・掃除? これも適当にやってるし、おばあちゃん家のお手伝いさんが週2回きてくれてるし。

・・・・・(なにも思いつかない)

久しぶりにお友達とランチでもしに行く?でも毎日ランチしにいくのも飽きちゃうぞ。OLじゃないんだし。


いったい、私はこれから先、何をしていけばいいんだっ!?

なにか目標がないと一気に「ナマケモノ」星人になってしまう私のことだから、どうにかして「何か」をみつけておかなければならない!という気持ちが先走るのでありました。


・・・本当はなにもしなくてもいいのかもしれない。

「キャリアの道」なんて、とっくの昔に途切れてしまっているし、「理想の母」なんてのは私にとってはオリンピックの金メダル以上に高い壁だ。

今を楽しめればいいのかもしれない。

私が楽しんでできることって、なんだろう?

やっぱり
「結果が出て、目で見て分かるもの」(←短気ゆえ)

「社会になにかしら貢献できるもの=ほかの人がよろこんでくれること」(偽善的、と言わないで)

「自分がはたして社会に役に立つんだろうか?(大きなギモンだ!)」

(あ、脱線してきた)

「やっぱり無難に・・・仕事」?!


と、まあいろいろと堂々巡りしている今日このごろなのでございます。

で、翻訳バイトも、どうしようかなあ~。毎日拘束されちゃうしなあ~。やるんだったらフルタイムのほうがいいかなあ~。

「ナマケモノ」にフルタイム&毎日通勤が勤まるか?!


にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

いつもクリック応援、ありがとうございます♪いろいろ考えるところあり優柔不断状態が続いておりますが、みなさんのクリック応援で元気100倍になる単純な母のブログを今日も最後まで読んでくれてありがとう。

人気ブログランキングへ

こちらも応援ありがとう♪





テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

ブックマーク
プロフィール

Molly

Author:Molly
子育ても家事もほどほどに、ナマケモノ街道を一直線。いい加減な性格なわりには、時折、いったん公言したら実行しないと気がすまない頑固一徹オヤジキャラに変身することも。
働いていないと不安を感じる、一般小市民。
マレーシアでの常夏生活から一気に北の国の首都モスクワで節約主婦生活を送ることになりました。

登場人物
ゴン太:旧ソ連邦のウズベキスタンで胎児時代を過ごし、マレーシアで生まれる。2~5歳直前まで日本で生活。5~8歳までマレーシアで過ごし、2011年7月から再度ロシア語圏に逆戻り。母の頑固キャラを受け継いだ、インターナショナルスクールの5年生。
近い将来の夢は、アメリカ・サンディエゴ湾にいって「くじら」を観ること。遠い将来の夢は、「ホテル王」&「スシ・キングのオーナー」になることと、「教授」になって偉そうにすること(爆!)。


ショウ太:ニッポン生まれ。ぜんそく持ちだけど強くてたくましい5歳児。兄の「こどもちゃれんじ」しまじろうDVDと、「ウルトラマン・タロウ」←(いつの時代?!)ををこよなく愛するいやしい系電車オトコ。「ポケモンのサトシ」を気どる2年生。

最近の記事
最近のコメント
コメントいつもありがとう♪ URLもご記入いただける設定に変更しましたのでURLもぜひご記入ください。
ただ今読書中(長男ゴンG5)

★G6になった長男ゴンの語彙力補強用。巻末に出て来た単語のグロッサリーがついていて、意味と例文も載っているので辞書要らずで読み進められます。
Word Smart Junior II, 2nd Edition (Smart Juniors Guide for Grades 6 to 8)

★G6までの夏休み中にまたハマってます。。
The Return of the King (Lord of the Rings 3 Collectors)

★ニッポンの学校に通っている小6夏休みの間に、マブダチGくんたちが修学旅行で「ヒロシマ」に行ったことを聞いたゴン、この本の中にも「ヒロシマ」が出て来るので非常に興味深かったようです。泣きながら読んでました。しかし出だしに「ニッポンが戦争をはじめたから」というくだりを読んで、ニッポンって悪かったの?とやっぱり聞いて来た。お互いに国益を守ろうとした結果、最後の手段として戦ったのであって、世界中にトモダチがいるようなキミらは大人になったら偉くなって今後どこかで戦いになる前に『防ぐ使命』を担っている、と言っておいたけれども。分かってんのかな〜・・・
So Far from the Bamboo Grove


★ロードオブザリング2巻目。こちらのペーパーバック版は小ぶりで持ち運びには良いのだけれども、コレクターズバージョンのハードカバーほど文字が大きくないのと巻末にしか縮小版の地図が載っていないので、小中学生にはやっぱり高くて重くても巻頭&巻末に地図が見やすく載っていて文字が多少大きめのコレクターズバージョンの方がおすすめです。2013年度のサンタさんがルビャンカのビブリオ・グローブスに買いに行った際にはコレクターズが3巻とも揃ってたのに常に現金を持ちあるかないサンタさんがケチって1巻しか買わなかったのが、今になって悔やまれます。。。コレクターズ、有ったらまた買っちゃいそう。
The Two Towers - The Lord of the Rings Part2


★ゴン、LOTRに再チャレンジです。今回はハマりました。やはり3巻分が一冊になっているコンプリート版よりも一巻ずつのコレクターズバージョンに替えて正解でした。文字もほんの少しだけど大きめで、『読み進めている』と実感できる厚さなのが読む気を倍増させるみたいです。「宝島」よりも文法的に理解しやすかったので、ガンガン読んでます。たまに、薄めでほんの少しだけ難しめの本を間に挟むのも、気分が変わっていいのかも。
The Fellowship of the Ring (Lord of the Rings 1 Collectors)


★39クルーズの3巻目、舞台はニッポンへ。ヒデヨシという名の人物や、王(Oh)さんの手紙など、東洋系の名前が随所に出てくる巻でした。
The Sword Thief (39 Clues)


★GLEEのカート役の男の子が書いたファンタジー。こっちは「宝島」とは打って変わってずんずん読み進めております(汗)。 The Land of Stories: The Wishing Spell


★2013年のサンタさんからの贈り物。スチーブンソンの「宝島」。でもこれ、古文なのでゴンにはロードオブザリング(LOTR)よりも難しかった様です。「しゃべり方がマスター・ヨーダ(Star Wars)みたい」だと。(例:”・・・”said he.とか。)パソコンで単語引きながら読んでます。
Treasure Island


★G5(5年生)今学期のトピック”Peace & Conflict"の一環で読んでいる本。1942年のポーランド、ワルシャワが舞台。学校の先生をしていた3人の子供を持つ父親のジョセフは、ナチスにより教室にヒトラーの肖像画を掲げるよう命じられますが、ある日その肖像画を伏せていたことが通報され、刑務所に連れ去られます。運良く刑務所を逃げ出せた父ジョセフですが、ワルシャワに戻ると妻は連れ去られた後、子供達は行方不明で、妻と約束していたスイスに亡命することに。その後、3人の子供達は父がスイスに向かったことを知り、父の後を追ってスイスへ長旅を始めます。学校から借りて来たのは”Escape from Warsaw”ですが、原題は下記の”The Silver Sword"。登場人物や地名は仮名になっている箇所もありますが、実際にあったお話だそうです。
Escape from Warsaw


The Silver Sword

★長男ゴンお気に入り作家、ブランドン・ムルのビヨンダーズ・シリーズ第2巻。
Seeds of Rebellion (Beyonders)

★『シリーズを読破しカードを入手し、オンラインゲームに参戦したら10万ドル以上の賞品(賞金?)が!』とのうたい文句に惹かれて読み始めた39クルーズ。しかし、図書館の本にはヒントとなるカードはついていないのだった。相変わらずどこかヌケてる長男ゴン。(爆!)イージーリーディング系の本でした。
The Maze of Bones (39 Clues)


★やっとクラシックに着手、といっても、子供向けGreat Illustrated Classicsシリーズの簡素化されたものなので、あくまでも子供向けで端折りすぎ?といった感あり。クラシック手始めの小学生(低学年)にはいいのかも。大人むけではなかったです。
Swiss Family Robinson (Great Illustrated Classics)

★またブランドン・ムルのシリーズものを借りてる(涙)。懇談会で「クラシックまたはノンフィクション」を読ませるようにあれほどお願いしたにもかかわらず。エレメンタリーとハイスクール、図書館が2つに分かれているので、エレメンタリー図書室はヤングアダルト向けイージー・リーディングな本ばかり取り揃えてあるってのも問題かも。次の懇談会で言っておこう。←(え?モンスターペアレントみたいって?!)
BEYONDERS


★ハンガーゲーム最終巻。カトニス憎しのキャピトルによって出身地ディストリクト12は破壊され、地下に潜伏する反対勢力があつまるディストリクト13の存在が明らかになり・・・。やっぱり結末が知りたくて途中でやめられないゴンだった。
Mockingjay (Hunger Games Trilogy)


★パーシー・ジャクソンシリーズ、同年代の子が本屋で買っているのをみて買ってみたくなったゴン。半神半人demigodの男の子が主人公。
Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief - Book One



★Hunger Gamesの続編、第2巻。先のハンガーゲームで生き残ったカトニス&ピータがまたもや戦いに!実際にこんな戦いしたらダメだよと言ったら、ゴン、「するわけないじゃ〜ん♩痛いも〜ん♩」と、お気楽な返事が返って来ました。。
Catching Fire (Hunger Games Trilogy)


★The Companion's Quartetシリーズ4巻目。和書の題名は「キメラの呪い」。3巻目よりさきに間違えて4巻目を読んでしまったらしいですが話はちょっと飛ぶけど理解できないほどでもなかったようです。
The Chimera's Curse: Bk. 4: The Companions Quartet


★Julia Golding のTheCompanions Quartetシリーズ3巻目。
Mines of the Minotaur: Bk. 3: The Companions Quartet


★Fablehaven5巻目。KLの紀伊国屋、MPH、Times、Bordersを探しまわってSACC(シャーアラム・コンベンション・センター・モール)までわざわざ出向いて買って来ました(汗)。シリーズ最終巻。
Keys to the Demon Prison (Fablehaven)


★Fablehaven4巻目。ドラゴンサンクチュアリに迷路にと冒険盛りだくさん。
Secrets of the Dragon Sanctuary (Fablehaven)


★Secret of the Sirens(The Companions Quartet/コニー・ライオンハート・シリーズ) からの続き物、ブック2。またまたファンタジー。
The Gorgon's Gaze (Companions Quartet)


★Fablehaven3巻目。夏休み中に全巻読破すべく学校の図書室から全巻借りてきてしまった。旅行中、持ち歩くのが大変な分厚さですが中身は10歳児程度対象の文なので2、3日で読み切れてしまうという。。。すでに2、3巻目は読み終えたものの、図書館に返さないといけないのでどこまでも持ち歩き続けなければならない羽目に(涙!)
Grip of the Shadow Plague (Fablehaven)


★Fablehavenシリーズの2巻目。
Rise of the Evening Star (Fablehaven)


★家にあるファンタジーものがこれしか残ってなかったのでついに着手しました,LOTR!! 義弟が読んでた古いバージョンですが3エピソード全部入って、本文だけで1,069ページ・・・視力低下しないか心配してしまうほど字が小さい。やっぱ全エピーソード入りよりも新しい3冊セットを買ったほうが良いかもと思い始めた今日この頃...。
The Lord of the Rings



★学校でのグレード4終盤の勉強系イベント、Battle of Booksでグループで3位になったご褒美に先生から貰った本。12世紀の韓国が舞台。英語版は主人公の名前がTree-earとなってますが、日本語版は「モギ 小さな焼き物師」となるらしい。橋の下で暮らしていた孤児の木耳、大事な磁器を割ってしまった弁償として陶磁器作りのマスターに弟子入りして人生が変わって行くというお話。筆者は39cluesシリーズのうちの一人でした。ゴン大変お気に入り。
A Single Shard


★フェイブルヘイブンに住むケンドラ&セス兄弟のマジック・ファンタジーもの。ちょっと怖めの表紙が取っ付きにくいですが、内容も多少怖めな箇所あり。ハリポタ・シリーズが読めるお子さん向け。

Fablehaven


★ゴンまた続き物ファンタジーにハマってます。今度は動物と会話が出来る子が主人公なんだそうで。4、5年生向けなので2〜3日で一冊読み切れそう。
Secret of the Sirens: Bk. 1: The Companions Quartet


★これまた旅先で購入してきたFive Ancestorsシリーズに逆戻り。6巻目はその名も「小さい鼠」(ShaoSu)君の活躍。
関係ないけど、次は「読みたい本が読みたいときすぐ(適正価格で)手に入る国」に住みたいんダーっ!←いまだにペーパーレスになれないワタシタチ。
The Five Ancestors Book 6: Mouse


★Five Ancestors シリーズと同時進行中。ディケンズの「二都物語」を読ませてみようとしたら「書き方が回りくどくてはっきりしないからいや」なんだそうで、「スッキリ・はっきり・分かりやすい♩」こちらになりました。まだまだ古典を読めるだけの読解力は身に付いていない様子(涙)。
The Hunger Games


★エラゴン・シリーズ最終章。ついに悪の帝王ガルバトリクスと対決の日が!これまた途中でなんて止められない。全編にてアクション全開に長男ゴン、大喜びで食いついて離れません(涙)。母も無理矢理読まされてます。トホホ(追記:長男ゴン、やっと全シリーズ読破。最終章では”It"s soooo sad〜(うえ〜んっ泣!!!!)”と、泣きながら読んでました。なにやらエラく可哀想なエンディングの様です。
Inheritance (The Inheritance Cycle)


★G4(四年生)のクリスマスプレゼントとしてサンタさんから貰った(ということになっている)エラゴン・シリーズ第三弾。先の戦いから命からがら助かったエラゴンと竜のサフィラ、今度はエラゴンのいとこのガールフレンドが人質にとられてしまったため救助に向かう!んだそうで。母もう追いつけません。毎日ゴンから「まだ読んでないのっ?!」と叱咤激励?される日々。なるほど、こうやって小学生時代から読書スピードを上げていたから大学ぐらいには膨大な量の書籍を読まされても次の日さらっとエッセイが提出できるというわけか。留学時代に知り合った友達(インターもしくは英語圏出身)はみんな読むのが恐ろしく早かったはずだわと今更ながら納得。
Brisingr (The Inheritance Cycle)


★Eragonに続く第二巻。ドラゴン・ライダーとして更なる戦いに挑むため、エルフの国エレスメラへと修行の旅へ。なんだか「スター・ウォーズ」みたいな展開?!と思っていたら、アマゾンのレビューにも同じ様なコメントが載っていました。このシリーズも見事にツボを押えられてしまっていて、ハマってしまう人(=長男。涙・・・)などにとっては、読み終えるまで抜け出せない。まだ2冊もあるんだよなぁ。。。ノン・フィクションも読んでくれー・・・(母の心の声)。
Eldest (The Inheritance Cycle)


★旅先でWHSmith(英語の本屋)があったので喜び勇んで入ったが、お気に入りFive Ancestorsシリーズの続きはみつからず。結局またファンタジー冒険モノになってしまいましたが、この作者、15歳でこのシリーズを書き始めたらしい(参照:Amazon.co.uk)!ハリポタや指輪物語に比べると話の展開がたま~にすっ飛ばしちゃっている感アリですが、ティーンエイジャーでここまで書けたらスゴイ!の一言です。
Eragon (Inheritance, Book 1)


★The Five AncestorsシリーズのEagle(鷹)。さらにアクション爆進中。キーパーはYingなのか?プロローグから引っ張るために、途中でなんて止めれない(涙)。
The Five Ancestors Book 5: Eagle


★Snakeから続いてThe Five Ancestorsシリーズ4巻目のCrane(鶴)。またまたアクション全開です(涙)。今度は女の子が主人公。果てしなく続くカンフー物?!
Crane (Five Ancestors)

★Year4から心機一転Grade4となったゴンがハマったのはやっぱり「アクション」もの(涙)。 舞台が中国なのもあって西洋モノよりも馴染みやすかったのもハマってしまった理由の一つかも。 この本読んで学校で「プロジェクト発表」するんだと・・・(汗)。どんなプロジェクトになることやら。。 Snake


★ハリポタ7巻目を理解するには欠かせない?!マグル(人間)界でいうところの「マザーグース」と「イソップ物語」の魔法界版。7巻目の途中から『ビードル・ザ・バード』を読まずにはいられなくなってしまったゴン・・・。(唯一の救いはこの本がめちゃ薄いことでした)
The Tales of Beedle the Bard (UK) Standard Edition


★ルーシー&スティーブン・ホーキング親子による、子供向け宇宙入門フィクション物語。主人公ジョージの隣家のおじさんがある日突然姿を消したという話から徐々にミステリアスな話になっていく導入の仕方が上手いです。 ゴンの音読用に使ってます。
George's Secret Key to the Universe


★ついに最終巻の7巻目。スネイプは果たして善人なのか、悪人なのか?ハリーはいつヴォルデモードと直接対決するのか?もう気になって気になって仕方がない(涙涙)。ハリポタって結構「アクション・ヒーローもの」の系統も入っていたんだなあと今頃気づいた母でした。←そりゃ、止められないわね。。
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK) Adult


★ハリ・ポタ6巻目。Half blood princeが一体誰なのか、そして今までの巻で出てきた数々の伏線が一気につながり始める6巻目なので、「読むな」と言っても止まらない(涙)。ゴンのレベルではまだまだ話の筋だけを追っている感がアリアリなので、ハリ・ポタ・シリーズが終わったら次は『もう少し短め&中身充実』の本を精読させたいです。。
Harry Potter and the Half-Blood Prince (Harry Potter 6) (US)


★ハリ・ポタ5巻目途中まで来ました。ウチでは唯一のハリ・ポタUS版(US版のほうが当時安かったんだと思う)、UK版よりも多く挿絵がはいっていたので大喜びで飛びついてしまった。これでまた宿題する時間がなくなっちゃうよぅ(涙)と、複雑な気分の母でした。
Harry Potter and the Order of the Phoenix (US) (Paper) (5)


★ハリポタにハマったゴン、一気に4巻目に突入です。「ボクゥ、死ぬ時は寝ている間がいいな~♪だって、痛くなさそう。」だと。シリーズの中でも特に『生と死』について、『孤独』や『誤解』といった、小学生が普段の生活では考えることのあまり無い側面にも触れている作品かと思われます。(ちなみにゴンが読んでいるのはUK版。US版は表紙がイマイチ内容にそぐわないような気がするのは私だけ??)★
Harry Potter and the Goblet of Fire (US4)

◎ 我が家のレゴ大好きキッズ、LEGO.comの無料オンライン・ゲームにも参戦中・・・
LEGO.com Harry Potter Games
注:英語での文章を読みながら進めていくゲームにつき、ハリ・ポタ原書が読めるレベルのお子さん向けです。


★ネコ目線で描かれたキリスト誕生物語。一味違ったクリスマス用絵本に♪★
Cat in the Manger


★前の学校のクラス1の優等生Tちゃんが読んでいたのを見て「買って、買って~♪」とおねだりして買わされたわりには、読み始めるまでにずいぶん期間がかかりました(汗)。。。はたして読破できるのでしょうか???こうご期待★
The Voyage of the Dawn Treader (Narnia)

★Captain Underpantsシリーズ。マンガ部分に「子供が書いた風」にわざと誤字脱字を多用しているのがネックでいままで出しませんでしたが、このレベルでの誤字脱字はゴン本人がしなくなってきたので解禁してみたところ大ウケ!1チャプターがめちゃ短いので「なんかボク、めちゃ早く読めてる?!」と錯覚させてどんどん読み進められる点も、読書ギライ・キッズにはお薦めです(注:誤字・脱字が減ったころから読ませた方がいいかも・・・)★
The Adventures of Captain Underpants


★ゴン、8歳にしてやっとHarry Potterシリーズに着手しました。5歳児ショウタには就寝前に読み聞かせ。我が家にあるのはイギリス英語・バージョンの"Philosopher's stone"。1日1チャプターという遅めの進度ですが、文法的にはHarry Potter シリーズのほうがNarnia(CJルイス)シリーズよりもかなり簡単だったことが判明♪倒置法やら仮定法なんてものもほとんど無いストレート・直球文章なので小学校低学年にもお勧めです★
Harry Potter and the Sorcerer's Stone (US)


Magic Tree Houseの本編シリーズと関連した各1トピックごとのリサーチ・ガイド・シリーズ。内容も幼児~小学生低学年向けにやさしく書かれているので音読で一人立ちしたビギナーにもお薦めです♪MTH本編と合わせて読むと、本編の物語がさらに理解しやすくなります★
Magic Tree House Fact Tracker


★エリック・カール版のイソップ物語集♪一話につき文章1ページ&絵1ページと、読み聞かせ(ショウタ用)するにも音読(ゴンタ用)させるにも使いやすい量なのが◎!動物を擬人化させたエリック・カールの絵がイソップ物語の奥深さを物語っているようです★
The Rabbit And The Turtle: Aesop's Fables
リンク
ブログ内検索
Visitors
free counters



あわせて読みたいブログパーツ
RSSフィード
ブログカテゴリー
インター&家で読んでいる本(ショウG2)

★マンガ大好き次男の最近のお気に入りWimpy Kidシリーズ。ケラケラ笑いながら読んでますけど、親的にはキャプテンアンダーパンツシリーズ同様、おすすめすべきかオススメしないべきか、正直なところ、多少悩んじゃったりする分野かも。
Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (Book 2)


★A to Z Mysteries(邦題「ぼくらのミステリータウン」)シリーズの12巻目。シリーズものですが、スティルトンやマジックツリーハウス同様、一巻完結ストーリーなので順番に読まなくても話が分かるのが良い所。英語版のA to ZシリーズはタイトルもAlliteration(頭韻法:単語の頭文字を同じアルファベットに統一してある)が使われている所も注目です。
A to Z Mysteries: The Lucky Lottery (A Stepping Stone Book(TM))


★A to Zシリーズ、おなじみのディンク、ジョシュ、ルースローズが登場する20巻目。
A to Z Mysteries: The Talking T. Rex (A Stepping Stone Book(TM))

ジェロニモ・スティルトン・シリーズキャプテン・アンダーパンツ・シリーズ、ORTのツリートップ・シリーズ(Oxford Reading Tree, Treetops)以上が一人で読み切れるお子さんだったらこちらもおすすめ。2014年新春アイスショーで観た前後だったので余計に読みやすかったのかも。
The Wonderful Wizard of Oz (Dover Children's Evergreen Classics)


★ねずみの編集長、ジェロー二モ・スティルトン・シリーズ。挿絵が多くてカラフル、文字フォントが変化に富んでいるので、マジックツリーハウス系のストーリーブックが読めるぐらいのお子さんが一人読みするにもお手頃レベル。会話文が多いので英作文強化用というよりは口語文インプット向けです。内容的にも2年生(G2またはY3)にちょうどいいです。が、一日で読み切れてしまうので何冊も揃えないといけなくなるのが金銭的には・・・かも。
Lost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton)


★"Who was(Is)"シリーズ、夏休み中にレゴランドマレーシアでアインシュタインの顔を見ていたので選んだ本もこちらのアインシュタイン。
Who Was Albert Einstein? (Who Was...?)


★ショウお気に入りMagic Tree Houseの8巻目、ジャックとアニーが月に行っちゃうお話。
Magic Tree House #8: Midnight on the Moon (A Stepping Stone Book(TM))


★次男ショウの読書記録すっかり忘れてましたが気づけばMTHシリーズとFact Tracker同時進行。やっぱりフォニックスがしっかり身に付いた後だとチャプターブックへの移行が早いです。
Magic Tree House Volumes 1-4 Boxed Set


★新1年生のショウタ、リーダー系の本はRigbyシリーズとORTを併用中。




自宅でやってます
★訳あってSSATを受験せねばならぬ状況になってしまった長男ゴン@G5。モスクワの英語の本屋をはしごしても見つからず、結局学校の図書館に一冊だけ残っていたのを借りてきました。現在のPYP(IBスクールのプライマリー・イヤーズ・プログラム)って、受験対策から相当離れた道をマイペースで行く様子なので、この状況、かなりヤバいかも!!と、アメリカンスクールでの「野放し状態」を一瞬悔いたけれども。結局は本人の実力次第ってことでしょうか。大学受験直前に焦るよりは早めに試練があって、かえって良かったような気もします。今から心を入れ替えて、頑張れゴンっ!
【追記】Kaplanのこのワークブック、所々に誤植、間違い等が数カ所見られました。独学用参考書なのに、特に算数セクション、答え&解説間違えてどうする?!みたいな。。。本格的にSSATに取り組まれる方にはCracking the SSAT & ISEE, 2014 Edition (Private Test Preparation) のほうが確実かも。

KAPLAN SSAT & ISEE


★語彙力増強にはこのシリーズが一番(我が家では)実践的で使いやすい。普段の会話やエッセイにもこの中の単語が使いこなせるようになってもらいたいものです。あくまでも目安ですが、グレード4、5程度で英検準1級ぐらいかな?
240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 5

★イギリスのセカンダリーお受験対策、「イレブン・プラス」の練習問題集。このシリーズ、10分間だけの短期集中クイズ式なので、どこらへんの理解が弱いのかがすぐに分かってうちの長男みたいな「分かってる」つもりの子向けにはとてもお勧め♩こちらも旅先のホテル宛にAmazon.co.ukからまとめ買いしてきました。悲しいかな、将来の次男用にと思って買っておいた9〜10歳用が長男にちょうどよいレベルでした(汗)SATS対策にも使える優れもの。
Bond 10 Minute Tests English 9-10 Years


Bond 10 Minute Tests Maths 9-10 Years


言葉を使った、推測・論理的思考を試す問題。アルファベットが並んでいる例題のシークエンスを読み解いて、次にくるアルファベットを推測するとか、4文字単語2つから別の単語を作り出すなど、右脳問題に近いものの言語バージョンが訓練出来ます。勘を鍛えたり(?)、問題理解のスピードアップを図りたい場合にも使えそう。
Bond More Fourth Papers in Verbal Reasoning 10-11+ Years (Bond Assessment Papers)


★自宅での英語補強用。我が家の定番スコラスティックのワークブック集の一つです。これ一冊でその学年に必要な同意語・反意語・複合語・同音異義語・内容語・複数形・多言語からの英語化・接頭辞・接尾辞など240語が使いこなせるようにつくられています。この240Vocabularyシリーズは100wordsシリーズよりも内容的に比較的高度ですが、知っていて絶対に損しない単語ばかりなので100シリーズで物足りないと感じるお子さんやボキャブラリー不足を感じるお子様には是非お薦め!!★
240 Vocabulary Words Kids Need to Know(Grade4)


★240Vocabシリーズ終了後に。今まで年1回しかテストらしいテストを受けたことがなかったゴンの語彙&内容理解定着用に使ってます。思い込み&読み違えている箇所が把握できてお薦めです★
Scholastic Success With Reading Tests, Grade 3


★通知簿に「1」が並ぶトンデモ・ショウタ(涙)のための「めざせ!底辺脱出!」ドリル。ここ数年スカラスティック@マレーシアでもアマゾンUS,UKでもアマゾンJPNでも入手不可状態でしたが、やっと再度入手できました♪以前使う前にコピーとっときゃよかった。トホホ。兄ゴンタも1,2年生の間はこちらの100Wordsと100Maths を使ってました。英語超初級からOK♪
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade (100 Words Workbook)


2年生用に上がりました。三人称単数だとSがいるとか、動詞、形容詞、主語といった超初級英文法もちょこっとだけ出てくるようになります。
100 Words Kids Need to Read by 2nd Grade (100 Words Workbook)


★次男ショウ、G1終了しました。スコラスティックのテスト問題集は他のと比べると多少簡単すぎる様な感がなきにしもあらず。3択問題多いし。ライティング&グラマー補充に使うにはG1だとちょっと物足りないです。ウチの次男にはちょうど良さげですが。トホホ。(G1は)英語超初級者むけ。
Scholastic Success With Tests: Reading - Grade 1


★トンデモ次男用。かけ算九九はやっぱり日本式のほうが覚えが早いです。。。 2年生のかけ算(九九) (くもんの小学ドリル 算数 計算 5)
母のお気に入り

★ついにやってくれました!弊ブログ記事にコメント下さったこともある(一回だけだけど;P)翔くんの本がデタッ!(感涙!)これからも頑張って♪
ザ・ギフティッド 14歳でカナダのトップ大学に合格した天才児の勉強法

★海外駐在経験のあるお子さんをお持ちの保護者の方向け。
サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち (クロスカルチャーライブラリー)

Help Your Kids With Maths

Diagramだ axisだ、denominatorだなんだと、良くわからない英語での算数用語が多発してきだしたグレード4からの、我が家の必需品。英語で算数用語を理解するための参考書です。1年生次男には難しすぎますが、4年生長男はこの参考書で大助かりです。

Life of Pi

邦題「パイの物語」、映画化もされましたがやはり原作のほうがインパクト大。肝心の一番「えげつない」場面は映画ではカットされていたので、子供向けにはいいのかも。 インドからカナダへと動物園の動物ともども移住する途中のパイ少年一家が乗っていた船が遭難、 パイ少年と弱肉強食を絵に描いたような生存をかけた動物たちとの駆け引き、(目が見えない状態での言葉だけでの駆け引きなど)←原作のみ、「生きる」ことについて改めて考えさせられるような一冊。ところどころにえげつない状況も出てきますが淡々とした表現が余計にパイ少年の心情を的確に表しているようにも感じられました。英語自体は簡単ですが、内容的には小学生高学年以上からのほうがよさそうです。

★邦題「戦火の馬」の原作War Horse )。著者は『イギリスの小・中学生ならば一度は必ず読んだ事がある(?)』Michael Morpurgo氏。「吾輩ハ猫デアル」的な視点で非常に巧く描けている作品。映画もいいけど原作のほうが断然お薦めです♪


★年齢別のお勧め絵本が一目瞭然! 0歳~12歳以上までの英語圏での「読んでおきたい本」が分かります♪我が家の保存版
1001 Children's Books: You Must Read Before You Grow Up

アメリカ版ハードカバーはこちら
1001 Children's Books You Must Read Before You Grow Up

★ORT(Oxford Reading Tree)から新たにJulia DonaldsonのSongbirdsシリーズが出ました♪ フォニックスの音の決まりが身につき始めた英語初級キッズのフォニックス定着用にお薦めです♪ Julia Donaldson's Oxford Reading Tree Songbirds: My Cat and Other Stories


フォニックス定着用にはこちらもお薦め♪
Oxford Reading Tree Stage 1+ Songbirds


★子どもたちの「ナゼ?」に簡単かつ的を得た回答が出来る、お勧め「I Wonder Why 」シリーズ♪英語初級から。


★「指輪物語」の前篇、ホビット物語。今年度6年生クラスの課題図書としても使われていました。出だしから冒険の香りがプンプン漂う、読むほどに想像力をかき立てられる名作♪ハリポタ・シリーズを読み終えられるお子さんなら読破できるレベルです。本編「指輪物語」に挑戦する前の腕慣らしにもお薦め♪
The Hobbit : The Enchanting Prelude to The Lord of the Rings


★支配者層と被支配者層で構成される近未来のアメリカ。1から12の居住区で労働を強いられる被支配者層からは毎年各居住区から少年少女が2名ずつが選出されて生き残れるのはたった一人という「ハンガー・ゲーム」が行われます。英語自体は難しくないけれどこの話の趣旨を本当に理解できるのは10~13歳以降でしょうか。映画は主人公カトニス役の女の子の巧みな演技力で相当救われた感あり?かも。
The Hunger Games


★スピルバーグ監督の映画「タンタンの冒険」を気に行ったお子様にはこちらもお薦め♪
タンタンの冒険 COLLECTION 1 - [DVD]


★上同様、「タンタン」ワールドにハマったお子様むけ。マンガなので英語初級者でもOK♪(注:言葉づかいに気を付けられているお宅の場合は小学生以上になってから解禁されたほうが良いかも??口語なので英単語増強・文法強化用としては不向きです。)
The Adventures of Tintin: Volume 1 (3 Original Classics in 1)




お気に入りCD&DVD
★堂々のラジー賞ノミネート万歳っ!って、この映画、見るべし!面白いのと同時に、非常に考えさせられたりもする映画でした。常に自分たちの側から「見た」(「見せたい」?)モノだけに「正義!ジャスティス!!」と声高に叫ぶ、典型的なアメ○カ人の本性(&黒い歴史を彷彿とさせる描写?)がここまで露骨に描かれているからでしょうか、アカデミー賞会員の総スカンをくらっちゃったのかも知れませんね〜。かぶり物の多いジョニデですが、彼の演技力(存在感?)のおかげで「姿形だけが端正でイマイチ『演技力』ナッシング?!」のアーミー・ハマーが相手役でもかろうじてどうにかなった!←(ハマー・ファンごめんなさい。)というのが我が家での見解でした。
ローン・レンジャー MovieNEX [Blu-ray]


★全編通してミュージカル舞台そのまんまのレ・ミゼ映画バージョン。舞台よりも生々しく、ハンカチ無しでは観られません!ヒュー・ジャックマン&アン・ハザウェイの演技も歌もアカデミー賞もの。ロンドンでミュージカル版もまた観たくなること間違い無し。
Les Miserables


★南部ミシシッピでの黒人家政婦達の苦悩と、白人上流社会に生きる「本音でなんて暮らせない奥様方」←(まるでどこぞの『妻たち』?!)の裏表ありまくりな人間関係とが非常に上手く表現されている作品。これ観た後に爽快感を覚える人とは気が合いそうです。
ヘルプ



★ミッション"Successful failure"となったアポロ13の実話を元にした映画。遠い昔、勤めていた会社の研修で観た記憶が・・。トム・ハンクス若っ!万一のために「計算機で計算する」なんてこと考えちゃダメよ、とか、「危機の時こそ冷静に!」といった教訓??が、子どもでもすんなり理解できるぐらいに分かりやすい場面が山盛り。
アポロ13 [Blu-ray]


★ゴン&ショウの最近一番のお気に入り♪
ブルー 初めての空へ
「Rio←(原題)にいつ行く~?」と冬休み中何度も聞かれてしまった(汗。。本気で行く気??)。ブラジルが舞台の、飛べない青い鳥ブルーのお話です。ノリのよさ&映像のカラフルさ、テンポの良さで冬の寒さを吹き飛ばせ~♪


★とてつもない頭脳が集まる場所ハーバード大学が舞台の、今やパソコン使用キッズ必需品(?)「facebook」の誕生物語&若者たちの憎愛織り交ぜストーリー。9歳児facebook大好きゴンは興味深々でフェイスブックの成り立ちを追ってましたが、5歳児ショウには複雑でテンポの速い構成がちょっと分かりにくかったかも?
ソーシャル・ネットワーク [DVD]


★ホグワーツ魔法学校にあこがれる長男ゴン、出てくる魔法の呪文を練習するのに必死です(爆)。
ハリー・ポッター 第1章~第7章 [Blu-ray]


★自宅の有線TVチャンネルTV1000で朝から放送していたのを観てしまったゴン&ショウ、学校行きのバスの時間に遅れそうになっちゃいましたが他の子どもたちも観ていたらしく遅れて出てきたのでバスが待っててくれました(ホッ)。トールキンの名作「指輪物語」の1作目。フロドの友、サムのセリフがいいですねぇ♪ ロード・オブ・ザ・リング (1) [DVD]


★次男お気に入りのキンダー・ジョイ・チョコレートのオマケがスパイダー・マンだったので、これまた「みる~、みる~♪」とおねだり。
スパイダーマン™3 [Blu-ray]


★BBC制作、ディスカバリーチャンネルでも放送されていたこの『Planet Earth』 、動物好き・嫌いにかかわらず超高画質画像に子供たちもくぎ付けになること間違いなし!!!もともとは軍隊用に開発された超ハイスピード・カメラでの撮影が文句なく、すばらしい。ナレーションにはBBCのデビッド・アッテンボロー氏、我が家のゴン(8歳)ぐらいの年齢なら問題なく理解出来る内容なのでお子様にも是非!!!(注:4歳児ショウタは、若いゾウが砂嵐で群れから離れてしまい迷子になっている場面や、サメが飛びあがってエサを食べてしまう場面などで涙がポロポロ、「ママ、あとで(たすけに)来てくれないの(涙)?」と自然の厳しさに涙しておりました。小さいお子さんの場合はママ&パパとしっかり手をつないでおひざの上で見せてあげてください)


★『トイ・ストーリー3 』観て、ラストで親2人とも泣いてしまいました!←(親バカ?)ああ、Andyがこんなに大きく立派になるなんて。感無量です。ウッディと仲間たちの団結力をぜひ映画館でどうぞ♪(劇場へはハンカチ&ティッシュをお忘れなく!!!)また1,2も観なくっちゃ~♪


★ゴン9歳のお誕生日会用ミュージックは以下2CDに決定~♪『GLEEK』なゴンらしい選曲です(笑)。
Glee: Season 2 Vol.6 the Music


Glee: The Music presents The Warblers


★ショウタのお気に入り。電車オトコ・キッズなら食いつきの良さではピカ1です♪
Chuggington DVD


★ゴン太のお気にいり。10回以上観てます(汗)。世代を超えても支持されるSW!!こども世代にはこちらのクローン・ウォーズから導入したほうが分かりやすいかも。
Star Wars: The Clone Wars - A Galaxy Divided [DVD] [Import]

カートゥーン・ネットワークでは連続モノもまだまだ続く・・(涙)。
Clone wars

★ヒストリーチャンネルで見た「スター・ウォーズ特集」で、すっかり「SW」のトリコとなってしまった4歳児ショウ太。いまや、「C3PO」、「R2D2」の文字を読む(?)のに夢中です。
スター・ウォーズ


★テレビ・アニメ「Sid the Science Kid 」は実験・サイエンス好きキッズにお薦め♪幼稚園児対象ですが、内容は小学校低学年程度までなら充分楽しめます。


★ゴンのお気に入り♪夜中までドレミソングを歌って、超ご近所迷惑(・・・)。一方のショウ太は修道女のシーンで怖がって大泣き(・・・)。兄弟でも好みは正反対なのが困りもの。オーストリア、行きたいよう~♪
サウンド・オブ・ミュージック


★こちらもゴンのお気に入り。ショウ太は「こわい~!こわい~!」の連続。。。
マイケル・ジャクソン THIS IS IT


★こども向けとはいえ、カメ(ウーグェイ)のセリフがなかなか感動させられる作品。ショウ太の最近のお気に入り♪↓
カンフー・パンダ

ゴン、3年生時にハウスポイント500ポイント達成のご褒美でクラスのみんなと授業中に観に行かせてもらってました。こちらもなかなかセリフが奥深い♪
カンフー・パンダ2


Billy Elliot (リトル・ダンサー)は母のお気に入り。淡々とした映像が無性に泣けますっ!とくにゴン太がビリーと同じぐらいの年齢になってきてからは、さらに泣けちゃう。親バカ?!英語は中部(北部?)訛りがきつくて、リスニング常に満点の母でも聞き取るのが一苦労。聞き流し教材には不向きかも。↓


★地球上にはこういう場所もある。ハッと気づかされる映画です。最後はボリウッド調のノリの良さ♪
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

★ゴン太、歌詞カードなしで覚えてしまった。(歌詞カードを読む方がヤツにとっては苦難かも!?)映画「マンマ・ミーア! 」のDVDを観てからABBA漬け♪


お気に入り
★普段は英語モノしか観たがらないゴンが今一番ハマっている日本語アニメ。数十年ぶりにマンガの大人買いしてしまった・・・「兄とはっ!」のくだりとか、ホシカさんじゃないけど、熱くて心躍るセリフが満載!!(しかしロシアの季節は「寒い冬」と「寒くない冬」だけじゃありません。ちゃんと夏もあります。)
宇宙兄弟(1) (モーニングKC)


★映画「ポーラー・エクスプレス」の元になった絵本。落ち着いた絵が感動的。クリスマスには是非!
The Polar Express


★ショウ太のお気に入り♪絵本シリーズは子供むけながらにして簡単な科学用語のお勉強用にも活用可の優れもの♪


★こちらは24,35,48ピース入りのパズル。5歳前のショウタでも48ピースを完成できるようになってました。面白いね~、子どもって♪
ステップアップジグソーパズル はたらく乗り物


★5歳前のショウタ、一人で色つき&色なしパズルを完成できるようになっていました♪(県名は全部は覚えてませんが・・)子ども一人でできるように、本体にもミゾがはいっているので形で認識できてGOOD !ひらがなシールは、ちょっと大きすぎて貼れない県もあり、貼ってもはがれてしまうのでうちでは使ってません。
くもんの日本地図パズル


★1~20まではガイドボードつき、そのあとは説明書に形と使用ピースのガイドがついているので図を見ながらピースを置いていけるという2段階になっているので、歳が離れた兄弟でもそれぞれに合った使い方ができてお薦め♪ガイドボードが厚紙なので小さい子供だと折れちゃうところが玉に傷ですが、図形がどんどん得意になる楽しいパズルです♪
NEW たんぐらむ


★自分だけのおうちが欲しい長男ゴン向けに2011年のサンタさんからのプレゼントは「なんちゃってマイホーム」。いつか自分で本物を設計してね♪
レゴ クリエイター マイホーム 5891


★思いっきり「学研の科学」世代の母の趣味(汗)。配列を替えるだけでラジオになったりうそ発見機になったりするところが科学の摩訶不思議。マイクの感度がイマイチなところが残念でしたが、大人でも遊べます♪ 冊子の後ろから読むマンガはめちゃオヤジ趣味?!な内容でしたが、いつも「なんでなんで?」と聞いてくる長男などにはいいのかも?
大人の科学マガジンVol.32(電子ブロックmini)


★レゴのスター・ウォーズ・キャラクター大百科事典。6歳児次男ショウの今一番のお気に入り。自力で全部は読めないぐらいキャラクター数も説明文も多いのですが、眺めているだけでも幸せ気分に浸れる次男。。。(というより、読んでくれっ!)メダルをもらったルークのレゴ付き♪
Lego Star Wars: The Visual Dictionary


★メダルつきハン・ソロのレゴ・キャラ付きなのでルークとお揃いにしたくてついでに買ってしまった(汗)。上の大百科事典よりも多少小振りで、レゴ・キャラが1ページ毎一体ずつ載っているので6歳児にはこちらのほうが読ませやすいです。が・・・SWのストーリーよりもレゴキャラの説明のほうが詳しく載っていたりして。
LEGO Star Wars Character Encyclopedia


自宅で日本語
カメのような歩みでかろうじて続けています・・・。
提出期限に追われることなく、日本の学校に通った事もなく教科書を全く見たことが無くてもても続けていけるという点で我が家ではこのシリーズを使っています。
Tree-Arcive
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。